また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1046869 全員に公開 講習/トレーニング八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳雪上訓練

日程 2017年01月14日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸高原ロッジ、赤岳山荘の駐車場は十分空きあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間58分
休憩
2時間33分
合計
8時間31分
S美濃戸口08:0408:50やまのこ村08:58美濃戸山荘09:1310:052000m付近10:1510:30中ノ行者小屋跡10:3111:38行者小屋11:5012:202460m付近13:4514:00行者小屋14:1014:35赤岳鉱泉14:4515:45美濃戸山荘15:5516:35美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
南沢、北沢の上流は凍結しており渡る際は転倒に注意だが、それ以外はアイゼンなくても問題無し(ただしアイゼンを持って行く必要はある)
積雪は30cm程と多くなく、雪質はパウダー
当日の気温は-10〜-15℃程度
その他周辺情報下山後はもみの湯(300円)が良い
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ 1
予備電池 1
1/25,000地形図 1
コンパス 1
ロールペーパー 1
ファーストエイドキット 1 忘れずに
筆記具 1
保険証 1
携帯電話 1
計画書 1
ザック 1
ザックカバー 1
タオル 1
防寒着 1 ダウンNG、フリースが良い
スパッツ 1 できれば冬用のしっかりしたもの
ニット帽 1
個人装備品
数量
備考
登山靴 1
テルモス 1 温かい飲み物をいれて
時計 1
非常食 1 忘れずに
カメラ 1
日焼け止め 1 雪焼け防止のため必須
サングラス 1 雪目防止のため必須
ピッケル+バンド 1
アイゼン 1 前爪あるもの
アウターシェル 1 スキーウェアでも可
目出し帽 1 あれば
手袋(インナー,ミドル,オーバー,予備) 1 予備も忘れずに
ツエルト 1
スノーシュー 1 あれば
おしり用マット 1 休憩時のため
温泉道具 1 帰りの温泉用

共同装備

共同装備品
数量
備考
ガイド地図 1 satoshi884
30mX8mmロープ 1 satoshi884
ツエルト 1 satoshi884
シャベル 1 satoshi884
共同装備品
数量
備考
環付カラビナ 2 satoshi884
カラビナ 2 satoshi884
スリング 4 satoshi884

写真

強い寒気が来ているため八ヶ岳に近づくほどガスっていました
2017年01月14日 07:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強い寒気が来ているため八ヶ岳に近づくほどガスっていました
まずは赤岳山荘まで林道歩き
2017年01月14日 08:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは赤岳山荘まで林道歩き
ショートカットルートで短縮
2017年01月14日 08:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショートカットルートで短縮
赤岳山荘
2017年01月14日 08:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘
ここで-12℃
なるほど、どおりで汗で濡れた髪がすぐ凍るわけです
2017年01月14日 08:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで-12℃
なるほど、どおりで汗で濡れた髪がすぐ凍るわけです
1
美濃戸山荘で簡単にピッケルの使い方を説明
2017年01月14日 09:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘で簡単にピッケルの使い方を説明
南沢を登っていきます
2017年01月14日 09:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢を登っていきます
川が完全に凍結
2017年01月14日 10:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川が完全に凍結
1
ここも凍結
ただ、カチカチでないのでそこまで滑らず
2017年01月14日 10:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも凍結
ただ、カチカチでないのでそこまで滑らず
まだ着きません
相変わらず南沢は長い。。。
2017年01月14日 11:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ着きません
相変わらず南沢は長い。。。
もうすぐ到着
2017年01月14日 11:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ到着
行者小屋到着!
2017年01月14日 11:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋到着!
小屋の前では30名くらいがビーコンの使い方などの講習をしていました
2017年01月14日 11:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の前では30名くらいがビーコンの使い方などの講習をしていました
雪上訓練の場所を探しながら、地蔵尾根を登ります
2017年01月14日 12:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪上訓練の場所を探しながら、地蔵尾根を登ります
あまり良いところではなかったですが、登りの途中で講習開始
2017年01月14日 12:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまり良いところではなかったですが、登りの途中で講習開始
1
滑落停止、アイゼンワークなどの基本的なことを行いました
ロープを使った内容は時間などの関係で実施せず
2017年01月14日 12:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑落停止、アイゼンワークなどの基本的なことを行いました
ロープを使った内容は時間などの関係で実施せず
2
大同心、小同心がちらりと見えてました
2017年01月14日 13:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心、小同心がちらりと見えてました
-15℃以下は流石に寒い
2017年01月14日 13:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
-15℃以下は流石に寒い
1
14時で切り上げ下山
2017年01月14日 13:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時で切り上げ下山
行者小屋のランプ
2017年01月14日 14:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋のランプ
赤岳鉱泉までの道でシリセードするも、パウダーなのでなかなか滑らない。。。
2017年01月14日 14:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉までの道でシリセードするも、パウダーなのでなかなか滑らない。。。
1
赤岳鉱泉のアイスキャンディー
アイスクライミングの訓練している人で賑わってます
2017年01月14日 14:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉のアイスキャンディー
アイスクライミングの訓練している人で賑わってます
1
大きな事故、怪我もなく無事下山できました
2017年01月14日 16:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな事故、怪我もなく無事下山できました
2

感想/記録

今回は前々からやりたかった部員に対する雪上訓練を実施した。
結果としてはあまり訓練というほどのことは出来なかったが、厳冬期の2500m付近の雰囲気を肌で感じてもらえたのでそれはそれでよかったかなと思う。

当日は強めの寒気と冬型の気圧配置の影響で雪雲が八ヶ岳まで伸びてきていたため、雪が降ったりやんだりだった。
最初は美濃戸口から赤岳山荘まで長い林道を歩き、その後長い長い南沢ルートを通って行者小屋を目指した。気温が-10℃以下だったため、さすがに鼻や足先が寒いし、吐く息で湿った部分や鼻水がすぐ凍ってしまう状況だった。ただ、この時期の景色は格別で、白と黒のコントラストがとても美しかった。
途中、tharuta氏は両足がつり、ふらふらになるハプニングがあったものの、予定より20分遅れただけで行者小屋に到着した。行者小屋では30名くらいの人が雪山救助の講習を受けており、とてもにぎわっていた。
行者小屋で小休止を取った後、目的の雪上訓練を行うための地蔵尾根を登っていった。なかなかいい場所もなく、さらに雪の状態はパウダー状であまり滑らないため、時間もないしと言うことで適当な斜面で訓練を行うことにした。
訓練内容は、ロープでの確保までと考えていたが、時間もなくとても寒くそもそも対象者がロープを使ったことがなかったので、滑落停止やアイゼンワークといった基本的なもののみを行った。ふわふわの雪だったので、滑りやすくするため、体で雪をどかしたり雪を固めたりとやって、なんとかそれなりの練習を行った。アイゼンワークも含めて1時間30分ほど練習し、寒いので下山することにした。
帰りはせっかくなので、赤岳鉱泉経由でアイスキャンディーを見物しつつ、北沢ルートで下山した。
今回はさわりだけだったが、次回やるときはロープでの確保も含めたもう少し本格的な内容をやりたいと思う。
訪問者数:543人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ