ヤマレコ

記録ID: 1047127 全員に公開 雪山ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

雪山ハイキング講座in高見山

日程 2017年01月15日(日) [日帰り]
メンバー
 kera-fu(CL)
, その他メンバー11人
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間18分
休憩
41分
合計
4時間59分
S杉谷登山口09:4110:52小峠10:5711:16杉谷・平野分岐11:2712:19高見山12:4213:16杉谷・平野分岐13:1713:45高見杉13:4614:40平野登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報たかすみの里で温泉に(400円)
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アウター手袋 防寒着 アイゼン サングラス
共同装備 ツェルト ハイキングロープ

写真

しっかりと体操して登ります
2017年01月15日 09:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかりと体操して登ります
3
雪はない?
2017年01月15日 09:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はない?
小峠を少し上がったところで、アイゼン装着
2017年01月15日 11:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小峠を少し上がったところで、アイゼン装着
1
樹氷が見えてきました
2017年01月15日 11:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷が見えてきました
稜線にでるとさすがに風がきつい
2017年01月15日 12:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線にでるとさすがに風がきつい
いい感じです
2017年01月15日 12:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じです
1
モノトーンの世界
2017年01月15日 12:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノトーンの世界
1
みな元気です
2017年01月15日 12:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みな元気です
4
記念写真
2017年01月15日 12:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念写真
4

感想/記録

日曜日が近付くにつれ気温もどんどん下がり、高見山は確実に雪だと確信。
朝の三ノ宮駅南側の陸橋もツルツル滑ります。10分遅れの7時10分出発でしたが車は順調に高見山へ向かい、少しずつ街の景色から山の景色へ移り変わっていきます。
予定より早く登山口に到着。車を降り各々が準備を整え体操を終えスタートです。暫く歩き続けても足下はまだまだ土ばかり。
アイゼンいるのか考えながら進んでいくと、きらら曲を過ぎた辺りに小さな坂。この小さな坂がしっかり凍っていて、全員ストックを手にします。途中の小峠で水分補給。そして、この後乳岩でいよいよアイゼン装着。
山頂に近付くにつれ雪の量が増えていきます。足が滑ることもなく、しっかりとした安定感。アイゼンで雪の上を歩くのがこんなに快適だったとは! 強風で雪が顔を叩きつけても何のその。キュキュ。ザクザク。雪を踏みしめる音に不安な気持ちが溶けていきます。
山頂の避難小屋は定員オーバー。外で立ちながらの昼食に、指先が冷たく痛く感じます。予定より早目に下山開始すると、すぐに体が暖まり始めます。
1時間位歩くと足下の雪はまばらに。SL達は何処でアイゼンを外すか検討中。下山直前に殆どのメンバーが、そして受講生も下山後アイゼンを外しました。(SAS)
<コース状況>アイゼンの爪がはまる場所が数ヶ所あります。

感想/記録

この冬一番の冷え込み、神戸市内でも積雪を観測する天候となりました。雪山ハイキング講座第2弾は、絶好のトレーニング環境です。頂上の気温は氷点下10度、強風が吹いていましたので体感温度は、かなり低かったと思います。ワカンの出番はなかったものの、アイゼン+ストックで4時間ほどハイキング。厳しい環境ですが、樹氷、エビのしっぽなど、雪山でないと見ることがない世界を楽しむことができたと思います。
次回は2月4日比良・武奈ヶ岳になります。天気予報では、雪は間違いなく期待できそうです。
訪問者数:1060人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン ストック 避難小屋
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ