また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1047933 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走東海

金華山(今年の初登りは残雪の岐阜城へ)

日程 2017年01月17日(火) [日帰り]
メンバー
 che
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
岩戸公園駐車場利用。無料。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間1分
休憩
57分
合計
2時間58分
S東坂登山道入口09:1109:24妙見峠09:2709:47金華山10:3011:14西山11:2011:35妙見宮11:4011:58妙見峠12:09東坂登山口入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは見当たらず。

コースによっては岩場や梯子もあるが、道は明瞭。分岐は多め。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

岩戸公園の駐車場。
2017年01月17日 09:11撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩戸公園の駐車場。
岩戸観音から山に入りる。
2017年01月17日 09:17撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩戸観音から山に入りる。
1
ここから山。
2017年01月17日 09:17撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山。
1
妙見峠。東坂ハイキングコースと達目ハイキングコースの分岐点。
2017年01月17日 09:25撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙見峠。東坂ハイキングコースと達目ハイキングコースの分岐点。
2
東坂ハイキングコースは尾根コースがおすすめ。
2017年01月17日 09:36撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東坂ハイキングコースは尾根コースがおすすめ。
4
途中の崖から岐阜城。
2017年01月17日 09:40撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の崖から岐阜城。
6
あっという間に山頂部へ到着。
2017年01月17日 09:47撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に山頂部へ到着。
2
展望台からの景色。岐阜市北部方面。
2017年01月17日 10:02撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの景色。岐阜市北部方面。
6
岐阜市中心部方面。
2017年01月17日 10:03撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岐阜市中心部方面。
3
名古屋市街地方面。
2017年01月17日 10:03撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名古屋市街地方面。
4
各務原市街地方面。
2017年01月17日 10:03撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
各務原市街地方面。
4
名古屋方面のズーム。一宮にあるツインアーチ138の向こうに、名古屋駅の高層ビル群が浮かんでいた。
2017年01月17日 10:04撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名古屋方面のズーム。一宮にあるツインアーチ138の向こうに、名古屋駅の高層ビル群が浮かんでいた。
5
岐阜市街地のズーム。養老山地の向こうに、雪化粧の鈴鹿山地。
2017年01月17日 10:04撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岐阜市街地のズーム。養老山地の向こうに、雪化粧の鈴鹿山地。
8
岐阜市北部のズーム。伊吹山はかくれんぼ。
2017年01月17日 10:05撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岐阜市北部のズーム。伊吹山はかくれんぼ。
3
展望台からのパノラマ。
2017年01月17日 10:06撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からのパノラマ。
2
次は岐阜城へ。
2017年01月17日 10:13撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は岐阜城へ。
2
今年は、織田信長の岐阜入城450周年の節目の年で、いろいろなイベントがやっている。
2017年01月17日 10:15撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は、織田信長の岐阜入城450周年の節目の年で、いろいろなイベントがやっている。
5
今回は中には入らなかったけど、この天守閣からの眺めも抜群なんです。
2017年01月17日 10:17撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は中には入らなかったけど、この天守閣からの眺めも抜群なんです。
3
金華山の三角点。岐阜城の南側にある鉄塔の裏にあります。
2017年01月17日 10:24撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金華山の三角点。岐阜城の南側にある鉄塔の裏にあります。
1
次は西山へ。
2017年01月17日 10:30撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は西山へ。
1
鼻高ハイキングコースで向かう。こちら側の方はまだ残雪が多かった。
2017年01月17日 10:34撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鼻高ハイキングコースで向かう。こちら側の方はまだ残雪が多かった。
3
急なところは梯子がかけてあるのだけど、雪で滑ってちょっと危険。
2017年01月17日 10:49撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急なところは梯子がかけてあるのだけど、雪で滑ってちょっと危険。
西山山頂。奥は金華山。
2017年01月17日 11:14撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西山山頂。奥は金華山。
3
下山から、下山。
2017年01月17日 11:24撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山から、下山。
1
県道のガード下に下山。
2017年01月17日 11:31撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道のガード下に下山。
1
妙見宮。
2017年01月17日 11:38撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙見宮。
達目ハイキングコースで岩戸公園へ向かう。
2017年01月17日 11:47撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達目ハイキングコースで岩戸公園へ向かう。
撮影機材:

感想/記録
by che

 2017年初登りは金華山へ登ってきた。

 先週末に大雪で、昨日も雪がちらついていたので、雪化粧の岐阜城と雪景色の濃尾平野を期待して、金華山をチョイス。金華山はいろいろなコースがあるのだけど、今回は岩戸公園から登ることにした。

 とりあえずは金華山、あとはノープラン。岩戸観音の裏から「東坂ハイキングコース」へ。東坂ハイキングコースは途中で尾根コースと迂回路に分かれるけど、展望のいい尾根コースを選択。こちらは岩場や崖もあるけど、途中で岩壁にそびえる岐阜城が見られる場所があるんです。どんどん迫ってくる岐阜城を見ながら岩場を行くのは、さながら城攻めの気分。でも、あっという間に整備された山上へ着いてしまいます。

 山上は岐阜城を始めとした観光施設があり、ロープウェイで登ってきた人たちがぶらぶら。今年は織田信長が岐阜に入城、そして岐阜と命名してから450年目の節目なのでいろいろなイベントがあるせいか、思ったより人が多い。
 展望はロープウェイ駅の近くのトイレからと、岐阜城天守閣からがなかなかの景色。でも一番いいのは展望レストラン屋上からの大パノラマ。寒気が緩くなったので雪景色が見られるか心配だったけど、麓の濃尾平野は真っ白く輝いていた。

 金華山をあとに、尾根沿いに西山へ向かう。「めい想の小径」から「鼻高ハイキングコース」へ入る。金華山の山上の遊歩道もカチコチつるつるだったけど、岐阜城から下るところの階段状になっているところがこれまたカチコチに凍っていて怖かった。途中に2回出てくる梯子も残雪でつるつる。登ってきた「東坂ハイキングコース」よりもこちらの方が雪も氷も多かった。そんな道をアップダウンして西山に到着。さっきまでいた岐阜城が思ったより遠くに見えた。

 西山をあとに「達目洞」に向かう。達目洞とはその昔、とある剣術家がこのあたりを開墾した場所で、今は里山の風景が残り、様々な貴重な動植物の宝庫である場所らしい。でも、バラ園などはあったがどのあたりが里山の風景なのかいまいちわからなかった。ちなみにどんな植物なのかわからないけど、「ヒメコウホネ」という絶滅危惧種も自生しているらしいです。

 達目洞のあとは、鷹ノ巣山へ行こうかと迷ったけど、今日はやめ。もう一度、妙見峠を通り、岩戸公園へ下山。新年初登りは軽めで終了になりました。
訪問者数:289人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ