ヤマレコ

記録ID: 1048126 全員に公開 ハイキング丹沢

「やどりき」から「シダンゴ山」〜「高松山」を周回

日程 2017年01月17日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴☀
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■東名「大井松田IC」から登山口直近の駐車場まで。
 ICを出たらR255⇒R246⇒R710の道順。駐車場までの距離は、ICより約10.3Km、20分。(R246 「寄入口」から約6.6Km、13分)。
 ※「登山口」は、駐車場のすぐ傍の「大寺橋」を渡って道標に沿って。
■駐車場
 当日、「寄(やどりき)自然休暇村管理センター」前の駐車場は「ロウバイ祭り」のため利用不可。早朝で係員不在の中、私は中津川沿い(大寺橋の上流側)に路駐(駐停車禁止の標識無し)。
※「ロウバイ祭り」&駐車場に関する情報は以下のURLにて。
https://town.matsuda.kanagawa.jp/site/6roubai/
■バス利用の場合(最寄りの駅から)
以下のURLをご参考。
http://www.syonan-bus.co.jp/rosen/#id2
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

主な地点の到着タイム

06:42 大寺橋(=駐車場を出発)
08:15 シダンゴ山(震旦郷山、758m)、
   (22分間撮影等休憩)
08:44 三叉路(標高688m、)
08:46 鉄ハシゴ(金属製で44段の階段。虫沢林道に接合)。
09:20 ダルマ沢ノ頭(883m)
09:41 三叉路(林道秦野峠分岐、848m)
10:17 No.29 鉄塔(731m)
10:38 西ヶ尾(805m)
11:05 ヒネゴ沢乗越(716m、十字路、分岐)
11:28 高松山(801m)
   (22分間ランチ等休憩)
12:29 真弓ヶ丘
14:41 尺里峠(536m、ひさりとうげ)
13:49 田代橋(233m)
14:14 大寺橋(=駐車場)

※コースタイム;6時間10分
※実コースタイム;7時間32分(撮影305枚、ランチ、休憩等含む)
※総歩行距離;約15Km
※シダンゴ山&高松山の各山頂で、携帯(docomo)は圏内でした。
コース状況/
危険箇所等
■寄(やどりき)〜シダンゴ山
 要所要所に道標あり。猪防護柵ゲートまでは舗装道で急登。ゲートからは標高差約370mの植林の急登。落石注意の警告板や泥濘はありません。
眺望は植林の中なので良いとは言えませんが、時折、振り向くと樹々の間から相模湾や丹沢の主尾根が見えます。
■シダンゴ山〜林道秦野峠分岐
ジダンゴ山を急降下し、少しのピークを過ぎれば虫沢林道に出ます。出ると目の前に金属製で狭い階段(44段)が目に飛び込んできます。44段を上るとダルマ沢ノ頭の直前まで急登が続きます。ルートはほぼ明瞭。
■林道秦野分岐〜ヒネゴ沢乗越分岐
散在するテープ以外、道標は全くありません。不明瞭な箇所もありますが、注意してよくよく観察すれば踏まれた形跡の判別はわかります。作業・管理用の道もあるなか、尾根が広いので支尾根に入らぬよう、注意が必要と思います。
ヒネゴ沢乗越の手前に、高さ3m弱の岩場にロープがあります。
なお、目印となるNo.29 の巨大な送電鉄塔は、見通しの効かない植林地帯のため、直前でないと視認できないので念のため。
■ヒネゴ沢乗越分岐〜高松山〜尺里峠
 よく踏まれ道標もありルートは明瞭。
■尺里峠(ひさりとうげ)〜虫沢古道コース〜田代橋〜駐車場
 尺里峠からすべて舗装道(約5.5Km)。途中近道で古道(山道)を2回ほど使用。集落近くにも近道(舗装)があります。集落の要所には道標があるので見落とさぬように。
(参考)今回の登山ルート上に積雪箇所、凍結箇所は全く無く、アイゼンの出番はありませんでした。
その他周辺情報■登山届
 ヾ鷦然休暇村管理センター(未確認。「山と高原地図」に記載有り)
 ⊃斉狎邯警察のweb
https://www.police.pref.kanagawa.jp/inq/form/fmtozan.htm
 ※所定の様式で簡単入力でOK。
■🚻
  峇鷦然休暇村管理センター」(未確認)。
  ※センター前はバス発着場・バス停ですので…。 
  ※「山と高原地図」には「トイレ」の記載有り。
 ▲襦璽髪茲い良弦睫360mの地点。(写真参照)
 「尺里峠」に仮設の🚻。
 ぅ丱皇筺崚賃絽」近く、「田代橋」のたもと(中津川の右岸側)に三  角屋根の🚻。(未確認)
■コンビニ
 R246「寄入口」のT字交差点傍にセブンイレブン店。
■宿泊施設&日帰り入浴
https://town.matsuda.kanagawa.jp/site/kankou-sub/tomaru.html
■地元「松田町のhp」(ご参考)
https://town.matsuda.kanagawa.jp/site/kankou-sub/shigango.html
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

06:19 到着!気温-3℃。無風。全く積雪無し。
予定した駐車場は「ロウバイ祭り」のため閉鎖中。「大寺橋」の上流側に路駐、準備を整えて出発。
※同祭りに関する情報は、https://town.matsuda.kanagawa.jp/site/6roubai/
2017年01月17日 06:41撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
06:19 到着!気温-3℃。無風。全く積雪無し。
予定した駐車場は「ロウバイ祭り」のため閉鎖中。「大寺橋」の上流側に路駐、準備を整えて出発。
※同祭りに関する情報は、https://town.matsuda.kanagawa.jp/site/6roubai/
1
これが「大寺橋」。この橋を渡って右上へと…。
予定していた駐車場は橋の左手前。「寄自然休暇村管理センター」&「寄バス停」は右手前です。
※「寄自然休暇村管理センター」の所在地は、
〒258-0001 神奈川県足柄上郡松田町寄3415
2017年01月17日 06:42撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが「大寺橋」。この橋を渡って右上へと…。
予定していた駐車場は橋の左手前。「寄自然休暇村管理センター」&「寄バス停」は右手前です。
※「寄自然休暇村管理センター」の所在地は、
〒258-0001 神奈川県足柄上郡松田町寄3415
地図、道標を確認しつつ舗装された急坂を黙々…。
要所要所に道標があり安心です。
2017年01月17日 06:49撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図、道標を確認しつつ舗装された急坂を黙々…。
要所要所に道標があり安心です。
急坂を振り向いて!
日の出前の茶畑と集落。とても閑静。
ご覧のとおり残雪や凍結の心配はまったくありません。
2017年01月17日 06:51撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂を振り向いて!
日の出前の茶畑と集落。とても閑静。
ご覧のとおり残雪や凍結の心配はまったくありません。
2
「ボケ」?
2017年01月17日 06:56撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ボケ」?
3
ルート沿いの「蠟梅」。
2017年01月17日 07:00撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルート沿いの「蠟梅」。
4
「蠟梅」はこの1本だけ。
綺麗に咲いてました。
2017年01月17日 07:03撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「蠟梅」はこの1本だけ。
綺麗に咲いてました。
5
登り始めて15分ほど、標高約360mの舗装道沿いに設置された🚻。ここにベンチ&水栓があります。(通り過ぎて撮影)
2017年01月17日 07:04撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めて15分ほど、標高約360mの舗装道沿いに設置された🚻。ここにベンチ&水栓があります。(通り過ぎて撮影)
2
入山口直前の道標の無い最後の分岐。直進です。
2017年01月17日 07:08撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入山口直前の道標の無い最後の分岐。直進です。
1
07:11 漸く日の出。(振り向いて撮影)
2017年01月17日 07:11撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:11 漸く日の出。(振り向いて撮影)
1
朝陽に映える登山道と草木。今日も良い天気、よい眺望、よい景色が期待できそうだ!
2017年01月17日 07:13撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽に映える登山道と草木。今日も良い天気、よい眺望、よい景色が期待できそうだ!
3
漸く例の”入山口の猪防護柵”が見えてきました。
2017年01月17日 07:15撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漸く例の”入山口の猪防護柵”が見えてきました。
1
鉄塔No.35 &送電線。
この送電線の延長線上に「高松山〜秦野峠コース」上の目印、「鉄塔No.29」 があるはず。
2017年01月17日 07:26撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔No.35 &送電線。
この送電線の延長線上に「高松山〜秦野峠コース」上の目印、「鉄塔No.29」 があるはず。
1
整備された杉林。道標もシッカリ!
山頂までこんな感じで安心です。
2017年01月17日 07:28撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された杉林。道標もシッカリ!
山頂までこんな感じで安心です。
2
地図上の「水場」。
導水パイプは機能せず。ちょろちょろでした。
2017年01月17日 07:36撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図上の「水場」。
導水パイプは機能せず。ちょろちょろでした。
1
「ミヤマシキミ」の蕾。
2017年01月17日 07:57撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ミヤマシキミ」の蕾。
1
「ミヤマシキミ」の実。
2017年01月17日 07:58撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ミヤマシキミ」の実。
3
08:15 「シダンゴ(震旦郷)山」758m到着!
気温+2℃、微風、☀。
※日本一のお山は左肩のみ。
2017年01月17日 08:16撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
08:15 「シダンゴ(震旦郷)山」758m到着!
気温+2℃、微風、☀。
※日本一のお山は左肩のみ。
7
山頂の祠&山名由来の石碑。
2017年01月17日 08:17撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の祠&山名由来の石碑。
2
山頂から「江ノ島」を遠望。
2017年01月17日 08:18撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から「江ノ島」を遠望。
7
奥は冠雪した丹沢主稜。手前は鍋割山稜。
写ってませんが「塔ノ岳」は右前方。
2017年01月17日 08:36撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥は冠雪した丹沢主稜。手前は鍋割山稜。
写ってませんが「塔ノ岳」は右前方。
8
「馬酔木」の蕾。
山頂はこの「馬酔木」に囲まれています。
2017年01月17日 08:35撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「馬酔木」の蕾。
山頂はこの「馬酔木」に囲まれています。
3
「シダンゴ山」から急坂を下れば三叉路。「宮地山」方面と「ダルマ沢ノ頭」方面の分岐点。
※左の階段を下ってきました。右奥は「宮地山」へ。
2017年01月17日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「シダンゴ山」から急坂を下れば三叉路。「宮地山」方面と「ダルマ沢ノ頭」方面の分岐点。
※左の階段を下ってきました。右奥は「宮地山」へ。
2
「ダルマ沢ノ頭」880mに取り付く地点。
「山と高原地図」記載の「鉄ハシゴ」。ハシゴというより階段です。44段でした。
「虫沢林道」を横断、急登が待っています。

2017年01月17日 08:46撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ダルマ沢ノ頭」880mに取り付く地点。
「山と高原地図」記載の「鉄ハシゴ」。ハシゴというより階段です。44段でした。
「虫沢林道」を横断、急登が待っています。

2
階段の登り口&道標。
※この「虫沢林道」を右へ行くと「林道秦野峠」なんですね。
2017年01月17日 08:47撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段の登り口&道標。
※この「虫沢林道」を右へ行くと「林道秦野峠」なんですね。
1
09:20 「ダルマ沢ノ頭」880m到着!
周囲は樹林。
2017年01月17日 09:20撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:20 「ダルマ沢ノ頭」880m到着!
周囲は樹林。
2
「ダルマ沢ノ頭」からしばらくすると、樹々の隙間からでっかい「富士山」。元気がでます。
2017年01月17日 09:39撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ダルマ沢ノ頭」からしばらくすると、樹々の隙間からでっかい「富士山」。元気がでます。
7
09:42 「三叉路」到着!
「林道秦野峠」方面と「西ヶ尾」、「高松山」方面の分岐点。西ヶ尾方面は「山と高原地図」上の破線ルート。
2017年01月17日 09:42撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:42 「三叉路」到着!
「林道秦野峠」方面と「西ヶ尾」、「高松山」方面の分岐点。西ヶ尾方面は「山と高原地図」上の破線ルート。
1
破線ルートの始まりはこんな感じ…。
道標は一切なし、テープのみです。
※SDカードを使い果たしこの撮影が最後。以降、ガラヶ―で撮影。(´;ω;`)ウッ
2017年01月17日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破線ルートの始まりはこんな感じ…。
道標は一切なし、テープのみです。
※SDカードを使い果たしこの撮影が最後。以降、ガラヶ―で撮影。(´;ω;`)ウッ
2
10:17 目印の「No.29」の鉄塔に到着!
※巨大な鉄塔ですが、樹林帯が続くので直前でないと視認できません。
2017年01月17日 10:17撮影 by F08F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:17 目印の「No.29」の鉄塔に到着!
※巨大な鉄塔ですが、樹林帯が続くので直前でないと視認できません。
2
10:40 「西ヶ尾」805m到着!
これが山頂を表す標識。周囲は樹林帯。
2017年01月17日 10:40撮影 by F08F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:40 「西ヶ尾」805m到着!
これが山頂を表す標識。周囲は樹林帯。
2
11:06 「ヒネゴ沢乗越」到着!
花じょろ道の東、及び西コース&ビリ堂分岐方面の十字路です。
2017年01月17日 11:06撮影 by F08F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:06 「ヒネゴ沢乗越」到着!
花じょろ道の東、及び西コース&ビリ堂分岐方面の十字路です。
1
11:28 「高松山」801m到着!
2017年01月17日 11:28撮影 by F08F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:28 「高松山」801m到着!
2
山頂から南側の眺望は素晴らしい!!
富士山、愛鷹連峰、箱根連山、相模湾、真鶴半島、初島、伊豆七島の一部等々が一望です。
素晴らしい眺望のなか、ここでランチしました。
※テーブル1つ、ベンチ2つあります(ちょっと劣化)。
2017年01月17日 11:55撮影 by F08F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から南側の眺望は素晴らしい!!
富士山、愛鷹連峰、箱根連山、相模湾、真鶴半島、初島、伊豆七島の一部等々が一望です。
素晴らしい眺望のなか、ここでランチしました。
※テーブル1つ、ベンチ2つあります(ちょっと劣化)。
7
12:08 「高松山」直下の分岐点。「男坂」&「女坂」がありますが、山頂では道標未確認。
山頂から尺里峠までほぼなだらかな下りです。
2017年01月17日 12:08撮影 by F08F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:08 「高松山」直下の分岐点。「男坂」&「女坂」がありますが、山頂では道標未確認。
山頂から尺里峠までほぼなだらかな下りです。
1
12:28 「真弓ヶ丘」通過!
真弓の花と実が楽しめそう。
2017年01月17日 12:28撮影 by F08F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:28 「真弓ヶ丘」通過!
真弓の花と実が楽しめそう。
2
12:34 「桜平」通過!
春は桜が楽しめそうですね。
2017年01月17日 12:34撮影 by F08F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:34 「桜平」通過!
春は桜が楽しめそうですね。
1
12:41 尺里峠(ひさり峠)到着!
※この地区を「第六天」とも…。 
2017年01月17日 12:41撮影 by F08F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:41 尺里峠(ひさり峠)到着!
※この地区を「第六天」とも…。 
2
これも「尺里峠」です。高松山から中央の階段を下りてきました。
※ここに仮設の🚻。
2017年01月17日 12:42撮影 by F08F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも「尺里峠」です。高松山から中央の階段を下りてきました。
※ここに仮設の🚻。
1
ここ「尺里峠」から「虫沢古道コース」で「寄」まで、約5Km強、舗装道と古道を経由してゴール!
2017年01月17日 13:02撮影 by F08F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ「尺里峠」から「虫沢古道コース」で「寄」まで、約5Km強、舗装道と古道を経由してゴール!
1
中央左寄りに今日通過した「No.29」鉄塔がその左は「西ヶ尾」、ほぼ中央が「ダルマ沢ノ頭」、その右は「シダンゴ山」?が見えます。右手前は「宮地山」か?
※虫沢集落からの眺望。
2017年01月17日 13:19撮影 by F08F, DoCoMo
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央左寄りに今日通過した「No.29」鉄塔がその左は「西ヶ尾」、ほぼ中央が「ダルマ沢ノ頭」、その右は「シダンゴ山」?が見えます。右手前は「宮地山」か?
※虫沢集落からの眺望。
1
撮影機材:

感想/記録

【感想】
■ 今回の目的は登山口まで積雪がなくトレーニングに適した未踏のルートを山と高原地図「丹沢」で探索。結果、標記のルートに決定、実践することにしました。
■ 丹沢山塊にはピーク、コル、沢、峠などの呼び名にカタカナが散見されるなか、シダンゴ山も変わった山名だなぁと気に留めていたので疑問を解くため一度は訪れてみた思いがあった。山名の由来の答えは山頂の石碑にあった。

■ シダンゴ山の山頂は360°の展望良しとの触れですが、日本一の富士山はシダンゴ山より130mほど高い「ダルマ沢ノ頭」?の肩に隠れてその全容は眺望できず残念。しかし、江ノ島、真鶴半島をはじめ小田原、秦野市街、そして丹沢主脈を一望できて素晴らしい。山頂には山名の由来の石碑、祠、ベンチが1つある。広場は馬酔木に囲まれていてあまり広くはないです。

■ 秦野林道峠分岐からヒネゴ乗越分岐の間は、「山と高原地図」では破線ルート。テープ以外、「西ヶ尾」の手書き道標と大きな目標物、送電鉄塔No,29以外に道標は全く存在しない中、少し不安はあったものの、一部不明瞭な地点はあるものの意外とルートは踏まれており困惑するには至らなかった。この時期、積雪がなかったことも不安なく踏破できた要因。

■ 今回のルートは、低山ながら多くのアッダウンがあり、変化に富んでトレーニングにはよいルートと言えるでしょう。殆どが植林のなか、人気のない破線ルートとなっている要因の1つを解消(1地点でも見通しの効く絶景ポイントを設ける)できれば人気のルートになると思われます。具体的には、数十本の植林を伐採することで富士山や丹沢主脈が一望できる地点があるので……、期待したいところ。
本日、この破線ルートで出会った登山者は平日とでもあってか1人(休憩中に追い抜かれる)のみでした。「ヒネゴ沢乗越」から先は、トレラン1人、1組のカップル、ソロ2名、3人のグループの皆さんとお会いしました。

■ 今回のルートにおいて、はなじょろ道、高松古道、虫沢古道などの道標が目についた。昔、重要な生活道だったのだろう。所以を知ろうと松田町のhpを検索したら次の説明です。
『はなじょろ道とは、明治末期まで虫沢地区と山北町の八丁地域を結び、生活道であると同時に花嫁さんが通った道でもあることからこう呼ばれてきました。約 100年の時を超えて、虫沢古道として蘇りました。このハイキングコースは「はなじょろ道」から高松山を越え、途中、虫沢古道を歩き虫沢地区に戻るコースです。大島桜、山桜、もみじ、そして富士山と見所も多く、案内板、休憩所も良く整備されています。往時の花嫁さんに思いを馳せながら歩くのもいいですね。』
出処;https://town.matsuda.kanagawa.jp/site/kankou-sub/hanajoro.html

■ 山行の計画段階で、当該地区の郷土歴史などじっくり調査、研究して臨むと、より楽しめて意義深い山行になると思い知った収穫の多い山旅でした。丹沢山塊は奥が深い!

■ 高松山の山頂は、南方面が開けていて富士山、愛鷹山連峰、箱根連山、相模湾、江ノ島、初島、伊豆七島の一部まで一望できました。山頂はシダンゴ山よりも数倍広く2つのベンチ、1つのテーブルがあります。期待以上の素晴らしい景観地でした。
今回も低山コースながらアップダウンが豊富でよいトレーニングになりました。
― おしまい ー

ご訪問ありがとうございました。
訪問者数:695人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ