また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1049629 全員に公開 雪山ハイキング奥武蔵

マイナールートから伊豆ヶ岳へ、そして川越山〜正丸山

日程 2017年01月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ🌞しかし強風!
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
行き:自宅6:00=🚙⇒正丸駅🅿7:30 正丸駅7:40=🚋西武鉄道⇒西吾野駅7:45
           ※🅿は前払い制で\500
帰り:正丸駅🅿=🚙⇒自宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間17分
休憩
27分
合計
5時間44分
S西吾野駅07:5308:15森坂峠08:1708:55八坂神社09:45上久通林道終点10:29伊豆ヶ岳10:3510:52五輪山10:5611:03大蔵山11:0511:12小高山11:1411:24正丸峠11:2711:51正丸山11:5312:02川越山12:0612:12旧正丸峠12:1413:27八阪神社13:36正丸駅13:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・小林林道ゲート〜森坂峠 ゲートは閉まっているので脇の隙間から入ります。
  指導票は森坂峠手前と森坂峠の分岐(十字路)にはありますが、その他テープ
  ・リボン等はありません。
・森坂峠〜久通地区 登山道ははっきりしていますが、かなり荒れています。
  倒木、登山道の一部崩壊等あり。指導標識・リボン等案内は一切なし。
※小林林道ゲート〜久通地区への登山道は山と高原地図では破線ルート

・上久通林道の途中にある洞穴には何か動物がお住まいになっている様子。
 あまり近づかないことをお勧めします。
 ちなみに、写真を撮るため近づいたところ上下に2つある穴の上の穴の中で
 ガサガサ音がして続けてフーとこちらを威嚇するような鼻息のような、
 とにかく危険な香りが・・・・

・上久通林道終点〜古御岳と伊豆ヶ岳間の尾根
  指導票・テープ等案内はほぼありません。尾根に上がる手前200m位の谷で
  はじめてペンキの矢印とリボンがありました。登山道は明瞭ですがかなり
  荒れています。

・伊豆ヶ岳山頂〜正丸峠 先週降った雪が凍ってかなり滑りやすいのでチェーン
  スパイク程度の滑り止めがあると安心です。

・正丸峠〜旧正丸峠 登山道は明瞭ですが指導票・リボン等は非常に少ないです。 
  正丸山山頂手前から旧正丸峠まで雪が残っています。

・川越山〜旧正丸峠 かなり急な下り、雪も残っており滑り止め必要。

・伊豆ヶ岳から正丸峠までの道はメジャールートのため人は多かったが、
 それ以外の破線ルートとマイナールートでは人に会いませんでした。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

1月7日のゴール地点だった西吾野駅からスタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1月7日のゴール地点だった西吾野駅からスタート。
1
前回降りてきた道を登ります。
まずは閉鎖されているゲートの脇から山道に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回降りてきた道を登ります。
まずは閉鎖されているゲートの脇から山道に。
このあいだより氷が厚くなっている?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあいだより氷が厚くなっている?
2
森坂峠の手前ではじめて指導標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森坂峠の手前ではじめて指導標識。
1
森坂峠
前回は左側から下りてきました。
今回は直進します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森坂峠
前回は左側から下りてきました。
今回は直進します。
倒木に道がふさがれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木に道がふさがれています。
伐採された木がそのまま。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採された木がそのまま。
久通地区に下りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久通地区に下りてきました。
ここからしばらく舗装路歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからしばらく舗装路歩き。
道にはうっすら 雪?それとも塩化カルシウム?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道にはうっすら 雪?それとも塩化カルシウム?
川を除くと天然の氷柱。
2017年01月21日 08:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を除くと天然の氷柱。
1
真っすぐ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っすぐ進みます。
進入禁止となっていますが、そのまま進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進入禁止となっていますが、そのまま進みます。
舗装の林道から未舗装林道に変わりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装の林道から未舗装林道に変わりました。
詳細地図に載っていた洞穴です。
写真を撮ろうと近づいたら上の穴から・・・・⚠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詳細地図に載っていた洞穴です。
写真を撮ろうと近づいたら上の穴から・・・・⚠
1
見事に凍っています。
2017年01月21日 09:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事に凍っています。
橋を渡って登山道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って登山道へ。
いやぁ、荒れてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ、荒れてます。
3
ぼちぼち雪が現れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぼちぼち雪が現れました。
古御岳と伊豆ヶ岳の間の尾根に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古御岳と伊豆ヶ岳の間の尾根に出ました。
記念撮影
2017年01月21日 10:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影
3
かつて伊豆ヶ岳山頂にはお茶屋さんがあったようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつて伊豆ヶ岳山頂にはお茶屋さんがあったようです。
2
やはり凍っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり凍っています。
1
チェーンスパイクぅ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンスパイクぅ〜
2
もう怖いものはない!
本当か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう怖いものはない!
本当か?
1
男坂の鎖場
凍っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男坂の鎖場
凍っています。
五輪山
山頂標識が傾いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五輪山
山頂標識が傾いていました。
危うくスルーしそうになった大蔵山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危うくスルーしそうになった大蔵山。
小高山辺りからまたまた凍った道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小高山辺りからまたまた凍った道。
正丸山へはこの階段を上ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸山へはこの階段を上ります。
雪をかぶった武甲山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪をかぶった武甲山
うひょ〜、急登だ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うひょ〜、急登だ!
ひぃ〜、急階段だ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひぃ〜、急階段だ!
雪が多くなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が多くなってきました。
このピークは・・・
名前はありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このピークは・・・
名前はありませんでした。
記念撮影
2017年01月21日 11:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影
3
積雪はこんなもんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪はこんなもんです。
1
かなり急な下りです。
ソリがほしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり急な下りです。
ソリがほしい。
正丸峠の旧道に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸峠の旧道に出ます。
すぐに川沿いに下りてゆきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに川沿いに下りてゆきます。
指導標識が崩壊してますが
ちゃんと仕事してます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
指導標識が崩壊してますが
ちゃんと仕事してます。
1
仮設の橋を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮設の橋を渡ります。
川を覗けば氷の花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を覗けば氷の花。
斜面が崩落して登山道が埋まっていました。
※崩落後しばらくたっている模様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面が崩落して登山道が埋まっていました。
※崩落後しばらくたっている模様。
大きな岩に根を張った大木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな岩に根を張った大木。
下界に戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界に戻ってきました。
撮影機材:

感想/記録
by ozawa

今回は未踏の正丸山と川越山に登りたくてコースを選定。
今年はまだ伊豆ヶ岳に登っていないと言う事も含めて考えたら
破線ルートありマイナールートありで指導標識及びテープの
極めて少ないルート選択となりました。
スタートは前回1月7日のゴール地点の西吾野駅。
破線ルート・マイナールートとは言っても道は概ね明瞭、地図とGPSで
細かく自分の位置と向かう先を確認していればさほど危険は感じませんでした。
晴天ではありましたがかなりの強風で、いずれの山も記録写真を撮ったら
すぐに次へといった感じでした。
伊豆ヶ岳の辺りは残っている雪がアイスバーン状態でチェーンスパイクを
履かないと怖くて下れない感じでした。
正丸峠まではほんの少しでしたが所々アイスバーンの区間がありましたので
その都度脱着をくりかえしました。
正丸山手前から旧正丸峠までは意外と雪がしっかり残っていましたので、
久しぶりに雪山ハイク感を味わいました。
雪山ハイクを楽しみたくてウズウズしていましたので、ひとまずは
落ち着きました。
さてこの次はいつ雪がある山に行けるかな。
訪問者数:323人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ