ヤマレコ

記録ID: 1050300 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

明神ヶ岳(道了尊〜仙石原) ※備忘

日程 2017年01月21日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
55分
合計
6時間25分
Sスタート地点09:1010:10見晴小屋10:30神明水10:3511:45明神ヶ岳12:3013:30火打石岳13:3515:15矢倉沢峠15:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山頂付近、稜線上は雪が残っている場所が多いです。
我々は使いませんでしたが、軽アイゼンは念のため持参のほうがよろしいかと思います。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

大雄山最乗寺を出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雄山最乗寺を出発
見晴小屋から丹沢方面?を望む。
2017年01月22日 14:39撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴小屋から丹沢方面?を望む。
昨年とほぼ同じ写真ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年とほぼ同じ写真ですね。
神明水の下から水が出ていましたが、パイプは外れているのか給水は難しい状況です。
2017年01月22日 14:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神明水の下から水が出ていましたが、パイプは外れているのか給水は難しい状況です。
登山道に雪が目立ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に雪が目立ってきました
完全に雪道に。雪が柔らかいので軽アイゼンなしでも大丈夫でした。
2017年01月22日 14:39撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に雪道に。雪が柔らかいので軽アイゼンなしでも大丈夫でした。
冬は空気が澄んで遠くまで見渡せます。この時期の箱根が一番いいですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬は空気が澄んで遠くまで見渡せます。この時期の箱根が一番いいですね
道標も半分以上、雪に埋まっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標も半分以上、雪に埋まっています。
山頂から富士山を望む
ちょっと雲がかかってますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から富士山を望む
ちょっと雲がかかってますね。
1
こちらは大涌谷
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは大涌谷
1
いつもの通り昼食はカップヌードルです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの通り昼食はカップヌードルです。
1
前に連なる稜線を歩いて正面の金時山方面(金時は登りませんが)に向かいます。
こうやって見ると結構、距離があるように見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前に連なる稜線を歩いて正面の金時山方面(金時は登りませんが)に向かいます。
こうやって見ると結構、距離があるように見えます。
2
途中の標識の所要時間表示ですが、結構厳しめ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の標識の所要時間表示ですが、結構厳しめ・・・
火打石岳到着
ここから先に「例のハコネダケアスレチック」コースが待ち構えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火打石岳到着
ここから先に「例のハコネダケアスレチック」コースが待ち構えています。
火打石岳を巻くコースは残雪が結構残っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火打石岳を巻くコースは残雪が結構残っています。
金時山が近づいてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時山が近づいてきました。
始まりました。ハコネダケ・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始まりました。ハコネダケ・・
1
登山道は覆われてしまい、踏み跡を頼りに登山道脇を進みます。
1年前は潜らなければいけない箇所がおおく、疲労が激しかったのですが、今回はトンネル潜りは殆ど必要ありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は覆われてしまい、踏み跡を頼りに登山道脇を進みます。
1年前は潜らなければいけない箇所がおおく、疲労が激しかったのですが、今回はトンネル潜りは殆ど必要ありませんでした。
薮をかき分け、進む奥さん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薮をかき分け、進む奥さん。
金時山の左にちょこんと富士山が白い頭を覗かしています。
2017年01月22日 14:39撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時山の左にちょこんと富士山が白い頭を覗かしています。
金時山も雪が積もっているのでしょうが、遠目には全くわかりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時山も雪が積もっているのでしょうが、遠目には全くわかりません。
1
矢倉沢峠に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢倉沢峠に到着。
金時登山口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時登山口。

感想/記録

今年の年初めハイキングは、明神ヶ岳となりました。
昨年はハコネダケに苦しめられたので、今年はどうかとヤマレコの皆さんの記録を
拝見したところ、やはり倒れたハコネダケが登山道を塞いで大変な様子。
明神ヶ岳で矢倉沢峠方面から登ってくる人を待って状況を伺おうと待っていたのですが、誰もこない・・・。
明星ヶ岳方面へ下ろうかともおもったのですが、意を決して矢倉沢峠へ。
途中、ようやく登ってくる方とすれ違い「ハコネダケどうでした?」と聞いたところ
「大変ですよ。登山道塞いじゃって。ただ脇に踏み跡がって潜って進まなければならないような箇所は少ないです。」との情報を頂き、悲しいような嬉しいような気持ちで前へと進みました。
結論からいうと、薮漕ぎに近い箇所が多く大変なことは大変ですが歩けないことはない感じ。二度と嫌!までいかないレベルです。

訪問者数:307人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ