ヤマレコ

記録ID: 1052916 全員に公開 ハイキング四国

阿弥陀越から大高見峰(綾歌三山)

日程 2017年01月26日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大高見峰南側の県道190同線経由で林道金剛線に入り、阿弥陀越えに駐車する。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間27分
休憩
53分
合計
3時間20分
S阿弥陀越10:4110:57駒ヶ岳11:40小高見峰12:19大高見峰12:2112:23高見峰神社12:2912:33大高見峰12:3712:50小高見峰13:3113:47駒ヶ岳14:01阿弥陀越G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく踏み込まれた山歩道。迷うことはないが分岐点では注意。小高見峰への分岐点がよく分からなかった。危険箇所はない。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

大高見峰への登山口。
2017年01月26日 10:37撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大高見峰への登山口。
阿弥陀越えの駐車スペース。駐車スペースとしては1台。
2017年01月26日 10:37撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀越えの駐車スペース。駐車スペースとしては1台。
駒ヶ岳山頂標識。
2017年01月26日 10:58撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂標識。
小高見峰の途中にある天狗岩。
ここが唯一、要注意場所。
2017年01月26日 11:17撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小高見峰の途中にある天狗岩。
ここが唯一、要注意場所。
小高見峰への標識や踏み跡探すが見つからず。
2017年01月26日 11:38撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小高見峰への標識や踏み跡探すが見つからず。
高見峰神社。無事登頂できたことを感謝。
2017年01月26日 12:26撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見峰神社。無事登頂できたことを感謝。
大きな展望ベンチ。まだ新しい。
2017年01月26日 12:26撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな展望ベンチ。まだ新しい。
2
高見峰神社周辺。よく手入れされている。感謝。
2017年01月26日 12:27撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見峰神社周辺。よく手入れされている。感謝。
大高見峰の山頂標識と三角点。
2017年01月26日 12:31撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大高見峰の山頂標識と三角点。
大高見峰から鞍部への途中にある鉄塔。この後、大失敗をする。
2017年01月26日 12:43撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大高見峰から鞍部への途中にある鉄塔。この後、大失敗をする。

感想/記録

可能な限り楽して登りたいというコンセプトから、大高見峰への出発点は阿弥陀越からとなりました。最近、体力も落ち、少し心配です。人気の山歩道だけあって、踏み跡はしっかりと付いているので迷子の心配は無用です。小高見峰への山歩道がやや急登で、体力の落ちた体にはこたえます。何度となく小休止しながらやっとの思いで小高見峰山頂付近に辿り着きます。小高見峰への山頂分岐道を探るのですが見つかりません。かなり体力の消耗もあり、スルーして先に進みます。しばらく行くと、急勾配の下り坂に出会います。延々と続く下り坂を見て、ここで一気に大高見峰への目標意識が萎えます。しばらく思案した挙句、先に進むことになりました。とりあえず、中休止も含めてエネルギー補給です。それから後は小休止の連続です。やっとの思いで山頂に辿り着いたときはホッとしました。山頂での暖かい日差しが優しく出迎えてくれています。高見神社に参拝し、無事山行できたことにお礼を奉ります。山頂で復路に向けて準備をしてると、同年輩のご婦人に出会います。少しメタボ気味ですが至って元気そうです。様々なコースから大高見峰にはチャレンジしているとのことです。
雑談のあと大高見峰を鞍部まで下ります。目の前には小高見峰への上り坂が立ちすくんでいます。左を見ると保線道らしき道が緩い勾配で巻いています。単細胞の私は、この巻き道は林道金剛線に取り付いているものだと勝手に思い込みます。この保線道をたどれば楽して帰れると浅知恵が働きます。しばらく進むと見晴らしのいい鉄塔に出会います。ここで初めてGPSを取り出し現在地を確認します。なんと、阿弥陀越とは逆方向へ向かっていることに気づきました。一気に疲れが出てきます。小高見峰山頂付近で大高見峰山頂でであったご婦人ともう一組のご夫婦と出会います。賑やかな復路となりました。疲れた体にせめてもの慰めでしょうか。阿弥陀越で皆さんの安全祈願をして帰路に向かいます。終わり良ければ総て良しですね。
訪問者数:176人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 急登 林道 三角点 GPS 巻き道 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ