ヤマレコ

記録ID: 1053248 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雲取山

日程 2017年01月25日(水) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間30分
休憩
0分
合計
7時間30分
S小袖駐車場06:2013:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSの電池が小雲取手前で切れてしまいログが中途半端だったのとそれに手を加えるのも面倒なので今回は掲載せず。
コース状況/
危険箇所等
1/25現在での積雪状況は小袖から堂所まで北西部に一部凍結した残雪があり、堂所から七つ石山小屋までも同様です。七つ石山は割と深い残雪があります、雲取山方面への下山時も雪のある所を歩けば特に滑らず降りて行けます。
ブナ坂から奥多摩小屋までの雪は融けかかっていて昼頃にはぐちゃぐちゃになります。
奥多摩小屋から小雲取、雲取山山頂まで凍結気味の残雪が何か所かあります。
七つ石山の巻き道も北西側などに凍結した残雪があります、ここは注意した方がよいです。
春先などであれば下山するにしたがって登り口で凍っていた雪も融けてぐちゃぐちゃになりがちですが、気温が低い今の時期は下山時も凍結したままなので軽アイゼンやチェーンアイゼンなどあれば安全です。
その他周辺情報のめこい湯
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

カメラにメモリーカードを入れ忘れた事に七つ石山小屋で気づき内臓メモリーに写していた為、ここからiphoneでの撮影になってしまった。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラにメモリーカードを入れ忘れた事に七つ石山小屋で気づき内臓メモリーに写していた為、ここからiphoneでの撮影になってしまった。。
今日も快晴で富士山がよく見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も快晴で富士山がよく見える。
3
光ってる所は相模湾かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光ってる所は相模湾かな。
1
七つ石山の登り、、残雪具合がイイ感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七つ石山の登り、、残雪具合がイイ感じ。
1
七つ石山から見る南アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七つ石山から見る南アルプス
ここからだと木が邪魔ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからだと木が邪魔ですね。
1
新しい山頂標。何気に立派。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい山頂標。何気に立派。
3
七つ石山から雲取山方面への下山時からの方が南アルプスは良く見えます、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七つ石山から雲取山方面への下山時からの方が南アルプスは良く見えます、。
お約束。
尾根の残雪は融けかかってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束。
尾根の残雪は融けかかってます。
1
何度も見てしまう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も見てしまう。
3
小雲取山から七つ石山を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雲取山から七つ石山を振り返る。
1
今年限定の山頂標。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年限定の山頂標。
3
新山頂標と一緒に、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新山頂標と一緒に、。
5
雲取山山頂からみる富士山。
さて食事もしたので一気に下山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山山頂からみる富士山。
さて食事もしたので一気に下山。
2
小袖の駐車場に到着。
トイレ設置工事は二人でやってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小袖の駐車場に到着。
トイレ設置工事は二人でやってました。

感想/記録

今週は次男の学校は受験日に重なる為休みだと言うので有給を取り話題の雲取山に登った。雲取山には毎年何回か登る山でしたが一昨年に膝をやってからというもの昨年など一度も登らず仕舞いで少し遠のいておりましたが次男がどうしても今月中に
登りたいとの事で膝と腰にサポーターを巻いて臨みました。
所々北西側などには凍結気味の雪が残ってましたが山頂まで特にアイゼンを使用する
事もなく登っていけました。
山頂では風もなく快晴の雲取山を満喫出来た、山頂での気温もマイナス12度程度でしたが避難小屋内にて昼食を摂る。
山頂からの下山時チェーンアイゼンを使用し奥多摩小屋前で外しその後も特に付けずに下山、ただ昼過ぎても結構融けずに凍ったままの雪が残っていましたので面倒くさがらずチェーンアイゼンとかなら付けたまま降りた方が安全でした、、次男はバランスがイイのか一度もこけなかったが僕は一度滑って転んでしまいました(^^;
久々の雲取山で膝が不安でしたが雪があるのとないのとでは膝への負担がやはり違いますね、、下山すると腫れてしまうのですが今回は大丈夫でした。

小袖の駐車場は他のレコにもある通り現在トイレを建設中で半分近く駐車出来なくなってますが平日なら遅い時間でも埋まる事はないと思います。
駐車場までの道路は綺麗に除雪されており少し凍結している箇所はありますが本日の状況だと普通の乗用車でスタッドレスでなくても上がって来れる道路でした、しかし今後の天候などにより大きく変化しますので奥多摩あたりなら大丈夫だろうと思わず自身の装備だけでなく車の装備にも注意が必要です。
訪問者数:185人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ