また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1055864 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

硫黄岳

日程 2017年01月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴天だが稜線より風強く、昼過ぎから雲が張り出してきてた。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八ヶ岳山荘駐車場(500円)へ駐車。八ヶ岳山荘〜赤岳山荘間の道は車高の高い4WD車(スタッドレスタイヤ+チェーン装備)推奨とのことです。週末の赤池鉱泉のイベントのためか路面の積雪状況はよく普通の4WDでも入れそうでしたが、赤岳山荘に停車中の車は全てクリアランスの高い車ばかりでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間9分
休憩
57分
合計
9時間6分
S美濃戸口06:1006:19八ヶ岳山荘07:10やまのこ村07:11赤岳山荘07:1207:17美濃戸山荘07:2608:12堰堤広場08:1309:14赤岳鉱泉09:2309:43大同心沢(大同心ルンゼ)分岐09:4409:47ジョウゴ沢09:4811:18赤岩の頭11:48硫黄岳12:0512:27赤岩の頭13:08ジョウゴ沢13:11大同心沢(大同心ルンゼ)分岐13:1213:17赤岳鉱泉13:3013:58堰堤広場14:27美濃戸山荘14:3114:35やまのこ村15:15八ヶ岳山荘15:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤岩の頭からの稜線は風が強く、バラクラバ等完全な防寒装備が必要
その他周辺情報もみの湯(500円/17時以降は300円)
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハンディアマチュア無線機 長袖シャツ ソフトシェル ハードシェル バラクラバ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ピッケル 12本爪アイゼン カメラ

写真

イベント開催中のためか八ヶ岳山荘は早朝から駐車場案内の方がいらっしゃいました。
2017年01月29日 06:19撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イベント開催中のためか八ヶ岳山荘は早朝から駐車場案内の方がいらっしゃいました。
1
八ヶ岳山荘〜赤岳山荘の間の道はこんな状況。最初の20〜30分はヘッドライト点灯。
2017年01月29日 06:50撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘〜赤岳山荘の間の道はこんな状況。最初の20〜30分はヘッドライト点灯。
美濃戸山荘までようやく到達、小休止。
2017年01月29日 07:24撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘までようやく到達、小休止。
アイスキャンディーが見えてきました
2017年01月29日 09:08撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスキャンディーが見えてきました
1
赤池鉱泉…いつか泊まってみたいものです。
2017年01月29日 09:34撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤池鉱泉…いつか泊まってみたいものです。
赤岩の頭より八ヶ岳連峰の山々パノラマ。こちら側からの構図は初めてですが迫力あります。
2017年01月29日 11:21撮影 by SO-01F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭より八ヶ岳連峰の山々パノラマ。こちら側からの構図は初めてですが迫力あります。
1
赤池の頭〜アルプス?〜硫黄岳方面パノラマ
2017年01月29日 11:24撮影 by SO-01F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤池の頭〜アルプス?〜硫黄岳方面パノラマ
硫黄岳の山頂はまだ先…強風ですが、バラクラバの上からハードシェルのフードも被り完全防寒装備で進みます
2017年01月29日 11:28撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳の山頂はまだ先…強風ですが、バラクラバの上からハードシェルのフードも被り完全防寒装備で進みます
2
硫黄岳山頂が見えてきました
2017年01月29日 11:49撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂が見えてきました
硫黄岳山頂到着!
2017年01月29日 11:50撮影 by SO-01F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂到着!
1
すぐ後ろの爆裂火口…火口を見てみたいところですが強風かつ雪庇も怖く今日はこの辺で勘弁してあげることにします(笑)
2017年01月29日 12:00撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ後ろの爆裂火口…火口を見てみたいところですが強風かつ雪庇も怖く今日はこの辺で勘弁してあげることにします(笑)
2
北八ヶ岳の山々、蓼科山に天狗岳がキレイです。
2017年01月29日 12:00撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳の山々、蓼科山に天狗岳がキレイです。
硫黄岳山頂からみた横岳〜赤岳方面。厳寒期に縦走してみたいなぁ…未だに八ヶ岳連峰の山々は厳寒期以外で来たことないのです(汗)
2017年01月29日 12:03撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂からみた横岳〜赤岳方面。厳寒期に縦走してみたいなぁ…未だに八ヶ岳連峰の山々は厳寒期以外で来たことないのです(汗)
硫黄岳の山頂は吹きさらしの強風で休憩できそうにもないので、15分ほどで下山開始。
2017年01月29日 12:06撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳の山頂は吹きさらしの強風で休憩できそうにもないので、15分ほどで下山開始。
赤岩の頭まで戻ってきました。
2017年01月29日 12:16撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭まで戻ってきました。
さて、赤池鉱泉への道標はありますが…
2017年01月29日 12:20撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、赤池鉱泉への道標はありますが…
この切れ目から下っていきます。切れ目の後ろは右方向への斜面のトラバース。
2017年01月29日 12:21撮影 by SO-01F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この切れ目から下っていきます。切れ目の後ろは右方向への斜面のトラバース。
1
1時間ちょいで赤池鉱泉まで下ってきました。雪山は下山はホント早いですね。
2017年01月29日 13:16撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間ちょいで赤池鉱泉まで下ってきました。雪山は下山はホント早いですね。
イベントも終わったのか閑散とし始めてるアイスキャンディー。中国人数名の方がチャレンジされてました。
2017年01月29日 13:30撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イベントも終わったのか閑散とし始めてるアイスキャンディー。中国人数名の方がチャレンジされてました。
頑張って美濃戸山荘まで戻ってきました…足が痛い…。
2017年01月29日 14:31撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張って美濃戸山荘まで戻ってきました…足が痛い…。
そこからさらに林道?歩きで八ヶ岳山荘帰着。帰りはヘッドライト使う前に帰着できて何よりでした。
2017年01月29日 15:14撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこからさらに林道?歩きで八ヶ岳山荘帰着。帰りはヘッドライト使う前に帰着できて何よりでした。

感想/記録

このところ週末は天候が悪かったり用事が入ったりして山行出来ませんでしたので、久々のこの機会にガチな山行計画を検討、毎年厳寒期になると足を伸ばす八ヶ岳連峰の山の1つで、気になっていた硫黄岳へ行って参りました。稜線に出てから強風だったものの、冬山特有のクリアな眺めを楽しむことが出来て良い気分転換になりました。いつも日帰りばっかりの八ヶ岳、たまには山小屋泊も考えてみようかな…。
訪問者数:885人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ