また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1059010 全員に公開 雪山ハイキング東海

貝月山

日程 2017年02月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
揖斐高原貝月リゾート、駐車場代1000円です。(大昔は無料だったような)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間55分
休憩
1時間2分
合計
4時間57分
S揖斐高原リゾート 栃の実荘10:0010:38貝月山避難小屋10:4310:55第1・第2ゲレンデ・頂上 分岐12:07ヒフミ新道・長者平ルート 分岐12:1512:19小貝月山12:3013:02貝月山13:4014:29ふれあいの森ルート ゲート14:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
少し出発は遅かったです。もう少し早く回りたかったですが雪の量を思うとこんなものですかね。
コース状況/
危険箇所等
一般的な雪山の注意事項と思ってください。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ネックウォーマー 毛帽子 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス ストック テレマークスキー シール

写真

貝月スキー場第2ゲレンデ跡を登ります。パックした雪の上に少し新雪が積もった状態で気持ちいい。
2017年02月04日 10:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貝月スキー場第2ゲレンデ跡を登ります。パックした雪の上に少し新雪が積もった状態で気持ちいい。
1
随分登りました。
2017年02月04日 10:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随分登りました。
1
第2ゲレンデ跡のトップ。ここから登山道に入ります。青空気持ちいい。
2017年02月04日 10:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2ゲレンデ跡のトップ。ここから登山道に入ります。青空気持ちいい。
2
北に延びる登山道で、風が西から吹くので雪が飛ばされてるところもあります。
2017年02月04日 10:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北に延びる登山道で、風が西から吹くので雪が飛ばされてるところもあります。
1
西風と樹木で雪が波打っていてスキーだと少し歩きにくい。
2017年02月04日 11:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西風と樹木で雪が波打っていてスキーだと少し歩きにくい。
雪庇。小さいし下を見るとすぐ止まりそうですが。雪崩そうな雪の場合は落ちるとまずいかも。
2017年02月04日 11:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇。小さいし下を見るとすぐ止まりそうですが。雪崩そうな雪の場合は落ちるとまずいかも。
1
何処までも続く青空。
2017年02月04日 12:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何処までも続く青空。
4
やっと着きました。先行に一人。今日山頂にはこれだけの人しかいない様子。
2017年02月04日 13:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着きました。先行に一人。今日山頂にはこれだけの人しかいない様子。
3
今日もお供はこいつ。この雪でこの程度の斜度であれば、スキーの効果絶大。
2017年02月04日 13:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もお供はこいつ。この雪でこの程度の斜度であれば、スキーの効果絶大。
1
滋賀県境方面。
2017年02月04日 13:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滋賀県境方面。
2
途中ワープ。山頂直下は快適に滑れましたが、そのあとの藪の急斜面には降参しました。林道まで降りてきてからの一枚。
2017年02月04日 14:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中ワープ。山頂直下は快適に滑れましたが、そのあとの藪の急斜面には降参しました。林道まで降りてきてからの一枚。
1
山頂でお昼を食べましたがお腹が空いたのでスキー場の食堂で。甘いカレーおいしかった。
2017年02月04日 15:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でお昼を食べましたがお腹が空いたのでスキー場の食堂で。甘いカレーおいしかった。
2
撮影機材:

感想/記録

好天が予想されたので貝月山に行ってきました。ぐるっと回ろうと思い、貝月第2ゲレンデ跡から登り、日坂峠経由で下りました。雪山ハイキングのカテゴリーにしてますがいつもの通りテレマークスキーでの散策です。ゲレンデ跡を登っているときはパックされた上に新雪が少し積もった状態で、滑ると楽しいだろうと思いました。
ゲレンデの急斜面を登り、いよいよ登山道へ。概ね登山道通しにシールを効かせてハイクアップします。今日ぐらいの雪、斜度だとスキーの方がスノーシュー、わかんより楽でしょう。
貝月山への尾根は雪庇がとレポートに書いてありますが、雪庇としてはまだ小さいほう。また、すぐ下もあるので、雪崩る状況でなければそれほど心配することはないでしょう。まあ、踏み抜かないのが良いにきまってますが・・・天気が良ければ雪庇の上を歩くこともないでしょう。雪庇踏み抜きは吹雪で目の前もわからない状況で発生しやすいですし。
今日の雪は軽くて気持ちいい。ガンガン登って小貝月へ、ここで一息つきます。雪の多さを理由に今日は小貝月までという人が多かったようです。ここ例年の寡雪だとそうかもしれませんが、普通の冬ならこれくらい雪はあるのでは。スキーだとそれほど気にもなりません。
青空目指していたら山頂に。先行のお客さんがおひとりいました。しばしここで昼食。
さて問題の下り(滑り)です。日坂峠を目指しますが、山頂直下はとても気持ち良かったですが、少し降りたところでブッシュに行く手を阻まれます。何とか空いたところを目指して急傾斜をおりますが、最初は横滑りで何とかしましたが、例によって結局一部板を脱いでしまいました。適当に急降下し林道へ。林道からは雪も重く板はあまり滑りません。歩いたり滑ったりしながらスキー場へ。
最後はゲレンデの食堂でカレーをいただき、そのあと藤島の湯へ。さらに湧谷山、金糞岳、土蔵岳を偵察(2年前に金糞岳に行った時より国道周りの雪は多そう)して帰途につきました。
訪問者数:439人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ