また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1060323 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

大幽洞窟〜神秘的な氷の造形美 氷筍

日程 2017年02月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候くもりのち雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宝台樹スキー場を直進し、除雪した突き当りまでいくと駐車場。
豪雪により除雪できないので上の原山荘まで。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間6分
休憩
1時間11分
合計
3時間17分
Sスタート地点07:3208:34大幽洞窟09:4510:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
撮影と観賞のため洞窟周辺に1時間以上滞在した。
ゆっくり行って1時間あれば到着する。早ければ40分程度。
コース状況/
危険箇所等
トレースがない場合はマーカーが雪で埋もれているので道迷い注意。沢に転落すると這い上がれない。
洞窟直下は急登。スノーシューだと登れない時もある。
下山時のシリセードはスピード、衝突注意。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

宝台樹スキー場をさらに直進し、除雪最終の上の原山荘前まで行ける。美しい谷川岳、左は川棚ノ頭、右は武能岳。
2017年02月05日 07:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝台樹スキー場をさらに直進し、除雪最終の上の原山荘前まで行ける。美しい谷川岳、左は川棚ノ頭、右は武能岳。
2
除雪最終の上の原山荘前が仮の駐車場。7台くらい停められる。塩カルと泥水をたっぷり浴びた拙車。
2017年02月05日 07:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
除雪最終の上の原山荘前が仮の駐車場。7台くらい停められる。塩カルと泥水をたっぷり浴びた拙車。
1
いつものポーズのshilokoさん。気温マイナス5℃。
2017年02月05日 07:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものポーズのshilokoさん。気温マイナス5℃。
4
除雪していない林道を500mほど歩く。スノーシューツアーも多く、しっかりとトレースもあり圧雪されている。
2017年02月05日 07:39撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
除雪していない林道を500mほど歩く。スノーシューツアーも多く、しっかりとトレースもあり圧雪されている。
1
武尊山登山道入口。手小屋沢避難小屋へ通じる道。
2017年02月05日 07:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武尊山登山道入口。手小屋沢避難小屋へ通じる道。
カーブミラーが埋もれている。さすが一日の降雪量が日本一によくなる藤原地区。3mは超えているだろう。
2017年02月05日 07:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カーブミラーが埋もれている。さすが一日の降雪量が日本一によくなる藤原地区。3mは超えているだろう。
2
見晴らしの良い美しい雪原を歩いていく。モルゲンの谷川岳〜巻機山へ続く稜線が美しい。
2017年02月05日 07:45撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い美しい雪原を歩いていく。モルゲンの谷川岳〜巻機山へ続く稜線が美しい。
2
トレースもあり圧雪された雪道を歩く。私たちはアイゼン装着。スノーシュー履くほど雪深くない。
2017年02月05日 07:47撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースもあり圧雪された雪道を歩く。私たちはアイゼン装着。スノーシュー履くほど雪深くない。
早朝の林間を歩んでいく。
2017年02月05日 07:49撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の林間を歩んでいく。
1
幹内部が朽ちた木。この先が洞窟まで最後の急登。
2017年02月05日 08:33撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幹内部が朽ちた木。この先が洞窟まで最後の急登。
中に入り込むshilokoさん。ドールハウスのようだ。
2017年02月05日 08:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中に入り込むshilokoさん。ドールハウスのようだ。
3
這い出る。
2017年02月05日 08:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
這い出る。
2
大幽洞窟への急登林間から谷川岳。
2017年02月05日 08:38撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大幽洞窟への急登林間から谷川岳。
1
急登をあがるshilokoさん。天神尾根熊穴沢先程度の急登。歯がある滑り止めが相応しい。ワカンだと滑ってしまい厳しい。
2017年02月05日 08:42撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登をあがるshilokoさん。天神尾根熊穴沢先程度の急登。歯がある滑り止めが相応しい。ワカンだと滑ってしまい厳しい。
1
大幽洞窟入口。約1時間で到着。
2017年02月05日 08:43撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大幽洞窟入口。約1時間で到着。
1
氷柱が下まで繋がった。
2017年02月05日 08:45撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷柱が下まで繋がった。
3
記念に・・・本日一番乗り。
2017年02月05日 08:49撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念に・・・本日一番乗り。
6
洞窟内は美しい氷の柱、氷筍がある。神秘的な氷の造形美。
2017年02月05日 08:50撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞窟内は美しい氷の柱、氷筍がある。神秘的な氷の造形美。
9
一滴一滴、滴り落ちて氷の柱を形成する。透明度の高い氷。
2017年02月05日 08:51撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一滴一滴、滴り落ちて氷の柱を形成する。透明度の高い氷。
6
長いものは50センチ程度ある。
2017年02月05日 08:51撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長いものは50センチ程度ある。
5
洞窟にて記念に・・・
ちなみに内部は保護のため立入禁止だ。
2017年02月05日 08:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞窟にて記念に・・・
ちなみに内部は保護のため立入禁止だ。
5
透き通るクリアな氷。
2017年02月05日 09:14撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
透き通るクリアな氷。
3
清廉な水が作り出す芸術。
2017年02月05日 09:15撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清廉な水が作り出す芸術。
5
中高生のツアーが来たので、賑やかになり一時退避。
2017年02月05日 09:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中高生のツアーが来たので、賑やかになり一時退避。
1
どうしてもこれがしたいようだ・・・好きなようにさせておく。
2017年02月05日 09:26撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうしてもこれがしたいようだ・・・好きなようにさせておく。
4
雪が付着しても気にしていない。よほど雪山に来たかったらしい。
2017年02月05日 09:26撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が付着しても気にしていない。よほど雪山に来たかったらしい。
2
彼らが下山したので、再度戻って撮影。
2017年02月05日 09:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
彼らが下山したので、再度戻って撮影。
1
神秘的な氷の柱が織りなす空間。
2017年02月05日 09:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神秘的な氷の柱が織りなす空間。
9
太く成長したものもある。
2017年02月05日 09:33撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太く成長したものもある。
2
透明な土筆の様だ。
2017年02月05日 09:33撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
透明な土筆の様だ。
3
透き通る氷に自然の清らかさを感じる。
2017年02月05日 09:33撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
透き通る氷に自然の清らかさを感じる。
3
美しい氷筍群。
2017年02月05日 09:33撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい氷筍群。
3
洞窟の天井にはびっしりと霜が付いている。
2017年02月05日 09:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞窟の天井にはびっしりと霜が付いている。
2
上部の霜と氷筍群。厳冬季にしか見られない風景。
2017年02月05日 09:35撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部の霜と氷筍群。厳冬季にしか見られない風景。
1
のぞき込むshilokoさん。
2017年02月05日 09:37撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のぞき込むshilokoさん。
1
下山はシリセード。ここは急なので注意する。
2017年02月05日 09:44撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はシリセード。ここは急なので注意する。
2
あられもない恰好を晒し滑るshilokoさん。怖い怖いと言いながら滑り降りていく。
2017年02月05日 09:44撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あられもない恰好を晒し滑るshilokoさん。怖い怖いと言いながら滑り降りていく。
3
予報通り雪雲が襲来。
2017年02月05日 10:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予報通り雪雲が襲来。
1
雪原を下るshilokoさん。雪が深くシリセードが出来ず残念。昼食を取るためにみなかみ水紀行館へ移動。
2017年02月05日 10:27撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原を下るshilokoさん。雪が深くシリセードが出来ず残念。昼食を取るためにみなかみ水紀行館へ移動。
1
冬季閉鎖中の足湯横の東屋で昼食。撮影に余念がないshilokoさん。
2017年02月05日 12:46撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季閉鎖中の足湯横の東屋で昼食。撮影に余念がないshilokoさん。
2
今日の昼食は味噌煮込みうどん。八丁味噌使用で名古屋風。
2017年02月05日 12:46撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の昼食は味噌煮込みうどん。八丁味噌使用で名古屋風。
5
雪が強くなってきた。雪見での食事となった。
2017年02月05日 12:58撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が強くなってきた。雪見での食事となった。
帰路に月夜野のケンタッキー、高橋の若どりへ。
2017年02月05日 14:13撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路に月夜野のケンタッキー、高橋の若どりへ。
2
私は照り焼き600円と450円、皮焼き4本で400円。40周年記念品贈呈中で、千円以上はラーメン、500円以上はBOXティシュ。
2017年02月05日 14:14撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私は照り焼き600円と450円、皮焼き4本で400円。40周年記念品贈呈中で、千円以上はラーメン、500円以上はBOXティシュ。
1
shilokoさんも今日の夕飯をお買い求め。多めに買って明日のお弁当にするのか?いや、全部食べてしまうだろう。


*『ぐ』の予言どおり、とりフェスの晩になりました。(し)
2017年02月05日 14:14撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
shilokoさんも今日の夕飯をお買い求め。多めに買って明日のお弁当にするのか?いや、全部食べてしまうだろう。


*『ぐ』の予言どおり、とりフェスの晩になりました。(し)
3
さらに永井食堂によって「もつっこ」をお買い求め。自販機が遅くてなかなか商品が出てこなかった。中に人が入って出しているんじゃないのか?
2017年02月05日 14:46撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに永井食堂によって「もつっこ」をお買い求め。自販機が遅くてなかなか商品が出てこなかった。中に人が入って出しているんじゃないのか?
8
拙宅の夕食。高橋の若どりの照り焼きには、ブロッコリーとエビイカ、ベーコンのソテーを添えた。皮焼きは少し直火で炙って余分な脂を落として、焦がし醤油のネギ焼き、筍の土佐煮を添えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拙宅の夕食。高橋の若どりの照り焼きには、ブロッコリーとエビイカ、ベーコンのソテーを添えた。皮焼きは少し直火で炙って余分な脂を落として、焦がし醤油のネギ焼き、筍の土佐煮を添えた。
6

感想/記録

 午後から雨雪予報の日曜日。
八ヶ岳方面を予定していたが諦めて、近所の水上にゆったりと氷筍観賞へ。
shilokoさんもぜひ見たいと切望していた。

 宝台樹スキー場を更に直進し、除雪最終ドン詰まりまで行く。
累積降雪量が7mを超え、24時間降雪量が日本一になる藤原地区。
除雪は山荘があるここまでだ。

 装備して林道を歩む。スノーシューツアーが多いのでトレースもしっかりあり圧雪されているので、私たちはアイゼンを選択。スノーシューを持っていないshilokoさんは不安がっていたが、前日は好天候の土曜日で、多数の踏み跡があると予想していた通り。ちなみに手前のジャグスポーツで1500円でMSR貸してくれる。

 登山道を行き途中で大幽沢沿いへ曲がり登って行く。
沢は積雪が深いので転落するとなかなか這い上がれない。経験者は語る。
林間を沢伝いに上がると幹内部が朽ちた木が現れる。
北西へ直登もできるがシリセード者と衝突するので巻き道へ。
一旦上がり西へトラバースしていく、洞窟手前50mほどは急登。

 ここは圧雪してあると歯がある滑り止めの方が良い。ワカンは滑る。
また新雪が多いとスノーシューでも厳しい時がある。滑りおちてしまう。
撤退する理由のほとんどがここが登れないからだ。目前にして撤退は私も何度か経験している。昨年よりあきらかに積雪量は多いので雪崩等注意。

 ぷらぷらと余裕で歩き1時間で大幽洞窟に到着。本日一番乗りだ。
美しい氷柱が洞窟外部を飾り立てていた。
内部には美しい氷の柱、氷筍がある、今年は数がやや少ない。
保護のため洞窟内部への立入は禁止。

 自然が作り出す造形美にshilokoさんは感動していた。
透明度の高い氷群は美しくも厳しい自然の証。
全国では北海道の大滝洞窟、富士山の氷穴、富山県の黒部渓谷などが有名。

 中高生のツアーが来たので賑やかになり一時退避。
洞窟手前は非常に狭く、ツアー客が来るといっぱいになる。
彼らが下山すると、もう一度撮影し私たちも帰路へ。
途中10名程度のツアーと三組すれ違った。

 shilokoさんは、怖い怖いと言いながらもシリセードで急登を滑り降りていた。
スノーシューで下ってパウダースノーを満喫するのも楽しい。

 予報通り雲行きが怪しくなり、昼食をとりにみなかみ水紀行館へ移動。
足湯横の東屋で味噌煮込みうどんを作って食べた。
正午過ぎには雪が本降りとなったが、雪見うどんは美味かった。
 
 帰路は「高橋の若どり」で照り焼きを買い40周年記念品をもらった。
そして「永井食堂」でもつっこを二つ購入。
子持で出来たばかりの「上州村の駅」により物色。単なる道の駅だった。
ぐんま美味い物ツアーで無事帰宅に。晴れの雪山に行きたいものだ。

感想/記録

氷筍の存在を知ってからずーっと見てみたかったので、growさんに連れていっていただきました。

最後の急登にはちょっとびっくりしましたが、ほぼほぼ歩きやすくてよかったです。

氷筍の透明な輝きは感動的でした。
神秘です➰(*´-`)


お昼ごはんはたまたま東屋でとっていたところに雪が降り始めて、風情あるお昼タイムを楽しめました♪


帰りはのんびりお買い物ツアー♪
月夜野のKFCや上白井の食堂だけでなく、道の駅や村の駅も覗いたりしてのんびり帰りました(o^・^o)
訪問者数:787人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/3/2
投稿数: 181
2017/2/7 10:37
 筍、筍、筍が生え
growさん今回も引率ありがとうございました(⌒‐⌒)。

あーんどプレゼント早速着てみました♪
機能的で可愛くて、ほんとに気に入ってしましました。ありがとうございます(o^・^o)


氷筍はずーっと見て見たかったので感動いたしました。
幻想的で綺麗でしたね。
あの氷でかき氷つくったらさぞおいしいのではと想像してしまいます(*´-`)


ちょっとお腹が痛くなってしまったので、午前中で歩くのを終わりにしていただきありがとうございます。

あったかいお昼ごはんはありがたかったです。いつもご馳走をかたじけのうございます。


永井食堂の自販機の操作方法はよくわかりませんでしたネ、
あれってボタンを押さなくても声をかければもつっ子が出てくるシステムじゃないのかなーw
また検証に行きましょう(* ̄∇ ̄)ノ
登録日: 2013/11/18
投稿数: 363
2017/2/7 13:39
 哀傷の幽霊
こんにちは、shilokoさん。
コメントお寄せ頂き誠にありがとうございます。

大幽洞窟の氷筍は全国的にも有名で、スノーシューツアーでも人気のスポットです。湯檜曽川遡上からの一ノ倉沢鑑賞も人気です。

プレゼント喜んで頂き光栄です。
何度も「いいな、欲しいな」を仰っていたのでプレゼントさせて頂きました。末永く着て頂けると幸いです。

氷筍、如何だったでしょうか?
透明度の高い氷の柱群、神秘的で美しいです。当日はトレースもあり楽でしたが、新雪が深い場合も多く、洞窟を目前にして急登が登れず、撤退を何度も経験しております。

この氷筍は3月下旬には見られなくなります。冬季限定の風物詩です。
まさに「雪の上に消えさる哀傷の幽霊のみ」朔太郎。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ