また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1060779 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

雪が消えた九重で、扇ヶ鼻と岩井川岳を初縦走

日程 2017年02月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●「牧ノ戸峠」登山口駐車場(無料170台)からのピストン登山です。
●いつも素通りだったまだ未踏の「扇ヶ鼻」、「岩井川岳」の縦走が目的です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
50分
合計
5時間20分
S牧ノ戸峠08:2008:30第一展望所08:40沓掛山08:5009:30扇ヶ鼻分岐10:10扇ヶ鼻10:2010:50岩井川岳11:30扇ヶ鼻11:5012:20扇ヶ鼻分岐13:00沓掛山13:1013:20第一展望所13:40牧ノ戸峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報【下山後の利用温泉】星生温泉
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 ハードシェル グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 スパッツ ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) 地図 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 時計 サングラス タオル ストック カメラ アイフォン7plus

写真

前夜に「牧ノ戸登山口」の駐車場で車中泊した時には、車両は5台だけでしたが、翌朝の午前8時ごろ目覚めると、7割程度に増えていました。当日は曇天であることが確実であったので、ご来光は望めず、しっかりと睡眠を摂りました。
2017年02月04日 08:14撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夜に「牧ノ戸登山口」の駐車場で車中泊した時には、車両は5台だけでしたが、翌朝の午前8時ごろ目覚めると、7割程度に増えていました。当日は曇天であることが確実であったので、ご来光は望めず、しっかりと睡眠を摂りました。
「牧ノ戸登山口」、ほんの5日前にここを訪れた時には、積雪で真っ白な風景でしたが、この日は、すっかり雪は消え去っていました。
2017年02月04日 08:23撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「牧ノ戸登山口」、ほんの5日前にここを訪れた時には、積雪で真っ白な風景でしたが、この日は、すっかり雪は消え去っていました。
コンクリートの登山口からの道を登ります。わずか5日前には、ここも雪で埋まっていたのに・・・・
2017年02月04日 08:29撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンクリートの登山口からの道を登ります。わずか5日前には、ここも雪で埋まっていたのに・・・・
「第一展望所」に到着、ここでは休憩せずにそのまま進みました。
2017年02月04日 08:32撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「第一展望所」に到着、ここでは休憩せずにそのまま進みました。
途中、眼下の「牧ノ戸峠」の駐車場を撮影。
2017年02月04日 08:36撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、眼下の「牧ノ戸峠」の駐車場を撮影。
「沓掛山」付近で、前回も撮影した同じ位置から、根子岳、阿蘇山高岳、中岳、外輪山付近の釈迦の涅槃の様な風景を撮影しましたが、曇り空のためか、イマイチでした。
2017年02月04日 08:40撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「沓掛山」付近で、前回も撮影した同じ位置から、根子岳、阿蘇山高岳、中岳、外輪山付近の釈迦の涅槃の様な風景を撮影しましたが、曇り空のためか、イマイチでした。
雪は消え去っていますが、土が凍っていました。
2017年02月04日 08:56撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は消え去っていますが、土が凍っていました。
「沓掛山」からの雪のないいつもの見慣れた風景です。
2017年02月04日 09:00撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「沓掛山」からの雪のないいつもの見慣れた風景です。
ここも同じく。
2017年02月04日 09:03撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも同じく。
所々にこんな残雪もあります。
2017年02月04日 09:08撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々にこんな残雪もあります。
わずかに残った残雪。
2017年02月04日 09:10撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わずかに残った残雪。
ここも、一見は泥沼状態の様ですが、凍っているので、水を含んだ土が凍土のようにカチコチに凍っていました。
2017年02月04日 09:11撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも、一見は泥沼状態の様ですが、凍っているので、水を含んだ土が凍土のようにカチコチに凍っていました。
進行方向の左側に「星生山」の岩尾根が現れました。
2017年02月04日 09:17撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向の左側に「星生山」の岩尾根が現れました。
これも「星生山」です。
2017年02月04日 09:24撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも「星生山」です。
同じく。
2017年02月04日 09:26撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく。
残雪の一部がありました。
2017年02月04日 09:29撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪の一部がありました。
「扇ヶ鼻」分岐に着きました。いつもなら、ここを通り過ぎて、中岳、久住山方面に向かいますが、今日は、ここから「扇ヶ鼻」、その先にある「岩井川岳」まで、初めて進んでいきます。
2017年02月04日 09:32撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「扇ヶ鼻」分岐に着きました。いつもなら、ここを通り過ぎて、中岳、久住山方面に向かいますが、今日は、ここから「扇ヶ鼻」、その先にある「岩井川岳」まで、初めて進んでいきます。
登りつつ、振り返り、「星生山」方面を撮影しました。
2017年02月04日 09:32撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りつつ、振り返り、「星生山」方面を撮影しました。
「扇ヶ鼻」方面の道は、まるで公園のように整備された道を進みます。
2017年02月04日 09:37撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「扇ヶ鼻」方面の道は、まるで公園のように整備された道を進みます。
山道上の残雪。
2017年02月04日 09:44撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道上の残雪。
あの先の黒い岩のある部分が、「扇ヶ鼻」山頂部分です。それにしても歩きやすい道でした。
2017年02月04日 09:51撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの先の黒い岩のある部分が、「扇ヶ鼻」山頂部分です。それにしても歩きやすい道でした。
あの岩の先が、「扇ヶ鼻」の山頂です。
2017年02月04日 09:55撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの岩の先が、「扇ヶ鼻」の山頂です。
山頂に到着しました。
2017年02月04日 09:56撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着しました。
せっかくなので、山頂表示板の脇で自分を撮影しました。
2017年02月04日 10:09撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなので、山頂表示板の脇で自分を撮影しました。
3
山頂に到着しました。
2017年02月04日 10:05撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着しました。
分岐で「岩井川岳」の方向を示す表示がありましたが、紛らわしくわかりにくい状態でした。これだと、進行方向の右側の間違った方向に進んでしまいます。私は、すぐに気が付き、左側を進みました。
2017年02月04日 10:41撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐で「岩井川岳」の方向を示す表示がありましたが、紛らわしくわかりにくい状態でした。これだと、進行方向の右側の間違った方向に進んでしまいます。私は、すぐに気が付き、左側を進みました。
まるで、平原の様な風景です。しかし、この先が「岩井川岳」なんです。
2017年02月04日 10:43撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで、平原の様な風景です。しかし、この先が「岩井川岳」なんです。
「岩井川岳」の山頂に到着、三角点は3等三角点でした。平原の様な風景の一角にあり、ここが山頂とは思えませんでした。
2017年02月04日 10:48撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「岩井川岳」の山頂に到着、三角点は3等三角点でした。平原の様な風景の一角にあり、ここが山頂とは思えませんでした。
2
あの山は、先ほどまでいた「扇ヶ鼻」の山です。
2017年02月04日 10:48撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの山は、先ほどまでいた「扇ヶ鼻」の山です。
2
下山中に土の中から露出した氷の結晶の霜の様子。
2017年02月04日 11:05撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中に土の中から露出した氷の結晶の霜の様子。
同じく。
2017年02月04日 11:06撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく。
残雪の様子。
2017年02月04日 11:10撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪の様子。
「扇ヶ鼻」に戻りました。
2017年02月04日 11:30撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「扇ヶ鼻」に戻りました。
「おかえり」と呼ばれた様な・・・再び「扇ヶ鼻」の山頂表示を撮影。
2017年02月04日 11:33撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「おかえり」と呼ばれた様な・・・再び「扇ヶ鼻」の山頂表示を撮影。
1
しばらく岩陰で「備前ヶ城」方面を眺めながら、昼食のおにぎりとカップラーメンを食べながら休憩しました。その間、6人の登山客が登って来られました。
2017年02月04日 11:37撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく岩陰で「備前ヶ城」方面を眺めながら、昼食のおにぎりとカップラーメンを食べながら休憩しました。その間、6人の登山客が登って来られました。
のどかな景観を楽しみながら、「牧ノ戸」に戻ります。
2017年02月04日 12:09撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のどかな景観を楽しみながら、「牧ノ戸」に戻ります。
「扇ヶ鼻」分岐に戻りました。
2017年02月04日 12:25撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「扇ヶ鼻」分岐に戻りました。
下山中の道は、朝の凍土が溶けて、泥沼状態でした。おかげで、靴やスパッツも泥だらけになりました。そのため、「長者ヶ原」に立ち寄り、泥を落とすための水洗いをしました。
2017年02月04日 12:25撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中の道は、朝の凍土が溶けて、泥沼状態でした。おかげで、靴やスパッツも泥だらけになりました。そのため、「長者ヶ原」に立ち寄り、泥を落とすための水洗いをしました。
眼下の「牧ノ戸峠」の風景。駐車場は車でいっぱいです。
2017年02月04日 13:15撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下の「牧ノ戸峠」の風景。駐車場は車でいっぱいです。
「第一展望所」に下ります。
2017年02月04日 13:18撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「第一展望所」に下ります。
下山後の「牧ノ戸峠」駐車場の風景、駐車場は満車になっていました。
2017年02月04日 13:51撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後の「牧ノ戸峠」駐車場の風景、駐車場は満車になっていました。
撮影機材:
訪問者数:319人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ