また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1061093 全員に公開 アイスクライミング日光・那須・筑波

雲竜渓谷 雲竜瀑

日程 2017年02月07日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間10分
休憩
4時間28分
合計
7時間38分
S雲竜渓谷登山口駐車場06:5207:31稲荷川展望台07:51洞門岩08:20雲竜渓谷入口08:2108:27友不知08:31燕岩08:4008:47雲竜瀑12:5213:03燕岩13:0413:12雲竜渓谷入口13:1813:33洞門岩13:3813:56稲荷川展望台14:26雲竜渓谷登山口駐車場14:2714:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雲竜瀑
下部60mは問題なし、上部40mは状態が悪そうな為、登攀していません
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

洞門岩入口
警察車両がいっぱい
2017年02月07日 07:53撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞門岩入口
警察車両がいっぱい
3
洞門岩付近の氷柱群
2017年02月07日 07:54撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞門岩付近の氷柱群
2
燕岩の氷柱群
2017年02月07日 08:30撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岩の氷柱群
3
登りたい
2017年02月07日 08:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りたい
4
燕岩の氷柱には残置スクリュー
2017年02月07日 08:32撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岩の氷柱には残置スクリュー
4
目的である雲竜瀑が遠望
2017年02月07日 08:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的である雲竜瀑が遠望
2
落差100mの雲竜瀑
圧巻です
2017年02月07日 08:45撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落差100mの雲竜瀑
圧巻です
7
緊張で見震えする~
2017年02月07日 09:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緊張で見震えする~
7
本瀑脇では、日光警察隊がトレーニング
山の安全に感謝です
2017年02月07日 09:11撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本瀑脇では、日光警察隊がトレーニング
山の安全に感謝です
6
さっ!行きますか〜
2017年02月07日 09:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっ!行きますか〜
6
1P目グイグイ傾斜が比較的緩いのでグイグイ高度を稼ぎます
2017年02月07日 10:11撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目グイグイ傾斜が比較的緩いのでグイグイ高度を稼ぎます
3
立っている
2017年02月07日 10:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立っている
5
下を見ると高度感がたまらない
2017年02月07日 10:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下を見ると高度感がたまらない
10
慎重に高度を上げます
2017年02月07日 10:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に高度を上げます
2
氷が硬い
2017年02月07日 11:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷が硬い
3
下部終了点より上部
日差しが当たって悪そう
2017年02月07日 11:48撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部終了点より上部
日差しが当たって悪そう
3
フォローで登るtanukigo妻
ノーテンでスイスイ
2017年02月07日 12:07撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フォローで登るtanukigo妻
ノーテンでスイスイ
4
V字スレッドにて懸垂
2017年02月07日 12:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
V字スレッドにて懸垂
5
振り返って登攀した雲竜瀑
かっこいいね〜!
2017年02月07日 13:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って登攀した雲竜瀑
かっこいいね〜!
7
下山時  燕岩の氷柱
来シーズンはココを狙おう!
2017年02月07日 13:02撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時  燕岩の氷柱
来シーズンはココを狙おう!
4

感想/記録

2月に入りアイスシーズンも終盤に差し掛かる中、今シーズンの目標としていた雲竜渓谷へ本瀑である雲竜瀑へ行ってきました。
平日の早朝にもかかわらず僅か数台しか駐車できない駐車場は満車状態。最近の雲竜渓谷トレッキングの人気ぶりを感じます。辺りが明るくなってからアプローチ開始。長い林道歩きから始まります。林道をしばらく辿り、洞門岩より入渓。多くの登山者が入っているのかトレースは明瞭に有り快適に詰めて行くと、友不知の氷柱群がカーテンの様に広がり出迎えます。  少し進むと右岸には燕岩の氷柱群が垂直にそそり立ち登攀意欲が掻き立てられますが本日の狙いは雲竜瀑、氷柱を見送り本瀑を目指します。
落差約100mの巨爆は目前で見ると圧巻です。雲竜瀑は大きく分けると下部60m、上部40mに分かれており、下部中間部以降が核心。取り付きから見る限り下部は問題無さそうですが上部はポッカリ穴が開き流水が確認。氷質状態を見ながら上部を狙う予定で登攀開始。  
取り付きより中間部までは比較的傾斜は緩く、快適に高度を上げます。氷質も部分的には悪い箇所も有りましたが問題なし。中間部のテラスにてV字スレッドにて一旦ピッチを切ります。  続く核心である2P目。取り付いてみるとバーチカルに近いが85度程の傾斜、しかしピッチが長い。弱点である凹角を攻めます。たった数十メートル高度を上げただけですが氷質は一気に変化し硬く、難儀しながらアックス、アイゼンを慎重に打ちこみ高度を上げて行きました。  下部60mを登り切ると一気に傾斜は緩みます。上部を見渡すと取り付きから目視したより状態は悪く、更に南斜面に面し上部は既に日が降り注いでいたため、ここで登攀終了。V字スレッドにて懸垂下降。
最上部までは抜けられませんでしたが、核心である下部を登攀出来充実した山行となりました。


訪問者数:774人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/28
投稿数: 224
2017/2/9 14:38
 雲竜瀑のクライミングを瀑下から見物しておりました。
tanukigoさん、2月7日に丁度雲竜峡に出かけ、Tanukigoさんご夫妻が雲竜瀑を登られている様子を下から眺めて感心しておりました。
時間帯は、11時から12時にかけてで、Tanukigoさんが下部の核心部から上部に登っている時間帯と、奥様が核心部手前でスタンバっている時間帯だったと思います。
写真16に映っているのかなと思って拡大してみたところ、時間帯が早く、まだ友不知から燕岩あたりから雲竜瀑を眺めていた時間帯でした。2月の一番寒い時期でも上部の日が当たるところの氷の状態は、悪くなっているのですね。これからも気を付けてアイスクライミングを楽しんで下さい。
登録日: 2013/1/11
投稿数: 56
2017/2/9 21:35
 matusanさんへ
コメントありがとうございます。
もたつきながらも一生懸命登る事が出来ました。
しかし、あの落石は大きかったですね。登攀終了後、妻とあの落石は大きかったねと会話した事を覚えております。
本瀑前の広場は広々とし日差しが当たりポカポカで休憩には適地ですが、以前も人の頭位の落石が私の真横に落ちてきたことが有り危険なんですよね〜
お互い安全登山に気を付けて今後も山に行きましょう

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ