また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1063269 全員に公開 山滑走十和田湖・八甲田

晴天・無風の硫黄岳

日程 2017年02月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ→曇
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
その他周辺情報酸ヶ湯温泉、八甲田スキー場など
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

青空、無風の中で気持ちよくトレースをがっつり使わせて頂きました!沈み深かったから、第一陣は大変だっただろうなあ〜。。
2017年02月11日 10:15撮影 by SH-03G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空、無風の中で気持ちよくトレースをがっつり使わせて頂きました!沈み深かったから、第一陣は大変だっただろうなあ〜。。
3
岩木山どーん!!
2017年02月11日 11:03撮影 by SH-03G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩木山どーん!!
4
硫黄岳の落書き。∞模様のラインはわたしだよ( ー`дー´)キリッ
2017年02月11日 12:25撮影 by SH-03G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳の落書き。∞模様のラインはわたしだよ( ー`дー´)キリッ
5
沢の滑走もまた楽し♪
2017年02月11日 12:44撮影 by SH-03G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の滑走もまた楽し♪
3
山荘カレー!お肉ごろっとしてるけど、やわらか〜
2017年02月11日 13:37撮影 by SH-03G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘カレー!お肉ごろっとしてるけど、やわらか〜
5

感想/記録
by yochin

朝、いつもの通り猫達にニャーニャー起こされて窓をあけると、お、お、お…お天道さま!!
晴れてるやないかーい!
天気予報、雪マークじゃなかったっけ???
そんな天気なら、登るしかないべさ!!
猫達にごはんあげて、いそいそと準備。


9:00、酸ヶ湯口をスタート。
酸ヶ湯登山口の駐車場は、そこそこ車停まってたので、先行トレースはもちろんアリ。
先週、田代山でラッセル頑張ったから、今日は楽々使わせていただきますm(_ _)m

スタート時は、ソロの登山者とかソロのスノーボーダーとか2〜3人いましたね。
登山者はさすがに歩くスピードが速い。
背中に板背負ったわたしは樹林帯をゆっくりと進んでいきます。
にしてもお日様暑い( •̀ㅁ•́;) 衣類調整で数回ほど休憩。

硫黄への分岐へはラッセル跡がなかったので、楽するためにトレースどおりにそのまま進む。(どこまでずぼらなのか…)
地獄湯ノ沢にくると、展望が。そして、このモフモフサワー!
帰りはここを通って帰るとしますか♪

見上げると、白と青の世界。
厳冬期の八甲田で、この真っ青な空と無風はどうかしてるぜ!!
(西日本ではまたしても大雪で大変そうだというのにね…)

いよいよ硫黄岳がみえてキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!
この絶景にテンションがあがらないわけにはいかないでしょうがー!
後ろの櫛ヶ峰もやべー!
雲が後ろに迫ってきているのが気になるけどもー!

とりあえず、今日は大岳にも仙人岱避難小屋にも寄らないので、小屋の後ろの名無しのピークを巻いて、硫黄へとショートカット。ラッセルなかった分、意外と早く着きそうだ。
そこから硫黄岳へ登るとりつきまではゆるい下り斜面になってるので、スノーボードを履いてピューンと時短成功☆


そこから20分で(11:00)、はい山頂だよ!!
雲の向こうに岩木山。(本当は早起きしてたらこちらに登りたかった…)
南八甲田方面もキラキラと眩しい✨
大岳・小岳の真ん中に見えるのが仙人岱避難小屋。とほひ〜。

スキーの方と写真撮り合いっこするなど。
そして、スキーの方は眼下の面ツル斜面を滑らずに登ってきた道を引き返したので、YOKOたがまさかのファーストトラック。

深パウと浅パウの混ざった、斜度も絶妙ないい斜面。硬い雪のところは少しあるものの、すっ飛ばされる程でもなく、スプレーあげてモフモフいただきました〜(*´ω`*)
降りて時間みたらまだまだ午前中じゃーん!ってことで…

登り返しておかわり〜!小岳も高田も良さそうだよね…(じゅるり)
もう一本、山頂直下の同じとこからドロップ。そこから沢状地形を楽しみつつ…。
硫黄の落書きを名残惜しみながらも、なんだか雲が厚くなってきたのでここで撤収!!

もちろん帰りは地獄湯ノ沢!シュカブラの硬いとこは避けて、ここから板を履いて沢を楽しむのだ!!
高度を落とすにつれて雪はさらにモフモフ!!いつもなら風ですっ飛ばされてそうなところ、雪が溜まっててラッキーラッキー♪

13:00ちょうど、酸ヶ湯口に帰ってきました。
帰りぎわに会った登山の女性から、「硫黄のあの斜面スノーボードで降りると楽しいでしょ!みてて気持ちよさそうだもの!」って声かけられました(´∀`*)

帰宅前にひとり飯しに、八甲田山荘へ寄り道。登って体力使いまくったので、カレーと白いごはんがしみるんだぜ。

ロープウェー山麓駅にも顔を出したら、oguさんsbtさんなどにも会えた!
ロープウェー、冬のイベントや観光などで、朝から回しても昼過ぎの時点で2本しか滑れなかったとな…ぐは〜❢
混雑を避けて、ローカルはほとんど登りに行ってて、あちこち散らばってたらしいですな。
今日の天気は登って大正解でしょ!!みんな顔が楽しそうだったもん\(^o^)/

にしても硫黄は空いてて、雪もモフモフでよかったな♪幸せ幸せ♪
訪問者数:291人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

避難小屋 テン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ