ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1063398 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走四国剣山

三嶺(1893)

日程 2017年02月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候雪 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

【記録】

いやしの温泉郷 発 3:13-- 林用作業小屋跡 5:11 --1791m標高点 8:10 --菅生下山口標識 8:46----三嶺 (9:18-10:07)---- 三嶺ヒュッテ (10:33-11:04)--菅生下山口標識 11:09---1791m標高点 11:32 --- 林用作業小屋跡 12:30 --- いやしの温泉郷 13:32
コース状況/
危険箇所等

■三嶺(1893) 冬の名頃コース 特に ご注意。

三嶺 徳島県 東祖谷 側からの 登山ルートとして名頃からのコースは夏はポピュラーな一般コースですが

多雪の冬は 樹林限界を越えたところで

 雪の不安定なときは 危険な箇所がでてきて
 適確な雪質判断と 慎重な行動が要求される厳しいコースとなります。

ここは かねてから 積雪期には 雪崩のリスク高いと 指摘されています。

http://shumiyama.com/nadare/2013/12/1893-1.html
その他周辺情報いやしの温泉郷 冬期休業中
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

低視程の風雪のもとでは 
B地点 か A地点 かの 違いどころか
そもそも D地点 と 空 との 境がはっきりしない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
低視程の風雪のもとでは 
B地点 か A地点 かの 違いどころか
そもそも D地点 と 空 との 境がはっきりしない。
「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「 JJ5MDM-5 」携帯電話網ネット接続環境からスマホアプリ「APRSdroid」使用
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-5&timerange=3600&tail=3600
【APRS】

2017年2月12日 APRS(Automatic Packet Reporting System)
APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。
「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600
アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7 今回も 2台とも順調に 作動してくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【APRS】

2017年2月12日 APRS(Automatic Packet Reporting System)
APRSは 山中の登山者の現在位置を リアルタイムで 地上側で パソコン・スマホのグーグルマップ上にて閲覧でき、山岳遭難対策には きわめて 有効なシステムです。
「 JJ5MDM-7 」 アマチュア無線の電波
http://aprs.fi/#!call=a%2FJJ5MDM-7&timerange=3600&tail=3600
アマチュア無線の電波をつかうJJ5MDM-7 今回も 2台とも順調に 作動してくれました。

感想/記録

【山頂】

■三嶺「マイナス9.3度 北 3.1m 雪 視界なし」(累計登頂回数 529回)

三嶺到達時点で 時間的には 縦走可能だが
縦走するには チョット厳しい天候。

寒波襲来 新雪で いまだに ずっと降雪中だけに 雪の安定度がなく 崩れやすい雪質。

風雪模様 視界なく 稜線の天地がわかりにくい。

山頂で風雪を満喫し 縦走は断念。素直に菅生へ下山。

【積雪状況を判断】

大雪が降ると 雪の山稜は 無雪期の地形とは 全く違った 様相を見せる。

この山域には 三嶺529回など 足繁く 通い そこそこの 雪の降り様など かなり経験してきたつもり。

だが 山の奥深さは 知れば知るほど とても奥深く 経験など 微々たるものだ。

雪の山では  毎回 積雪 雪質 積雪量 堆雪 層の状況 などが 違っていて、過去 経験したことのない 新しい 場面にであう。

ことに 激しい 降雪中の 山行では雪面に 新しく フワット乗った 新雪は 風で どんどん 形が変化し 雪庇 雪壁が 増殖中だったりして 思いもよらぬ危険に出会うこともある。

なので 過去の限られた経験からの 思いこみ とか 先入観は 誤った判断を導く。

過去の わずかな経験を鵜呑みにした 思い込み判断は たいへん危険。

思い込みや先入観を捨てるには 毎回 謙虚さが まず一番 大切。

朝昼晩どころか 日中でも 状況は 刻々と 変化する。

その都度 謙虚な 新たな気持ちで 積雪状況を  真剣に 見極めて 冷静に判断して いかなくてはいけない。

三嶺 山頂への 道のりで この降雪中の 積雪コンディションは とても 微妙なバランスに のったものだと 実感。

時間的には可能なので 天狗塚まで縦走したいという気持ちも あったが 風雪の三嶺山頂で滞在する間 冷静に 状況を見極めてみた。

やはり 縦走には チョット 厳しい 積雪状況と 判断。

ここは ぐっと こらえて 素直に 菅生 いやしの温泉郷へ 引き返す 無難な選択をした。

【写真】

flickr
https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157676766455993

【動画】
https://youtu.be/OWssrp6BbmM





【趣深山ブログ】
http://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/ed6d97e08f5e631c649d6e43b4837043
訪問者数:248人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雪庇 雪崩 山行 遭難
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ