ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1064875 全員に公開 雪山ハイキング大山・蒜山

大雪の伯耆大山(冬山技術研修)

日程 2017年02月11日(土) 〜 2017年02月12日(日)
メンバー , その他メンバー4人
天候吹雪 一瞬晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ずっと大雪が降り続けていて、一日目には夏道登山道で雪崩が起きヘリなどが出動していたそうです。こういう時期の雪山には、十分に山を知り尽くしていて無理のない判断ができるベテランさんと行くべきだと痛感しました。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

この日の大山は大雪。腰上のラッセル。
2017年02月11日 10:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日の大山は大雪。腰上のラッセル。
5
深雪のラッセルでは膝を使うことを教わる。
2017年02月11日 10:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深雪のラッセルでは膝を使うことを教わる。
4
雪洞作りにもいろいろな方法がある。これはザック・イグルー。まず全員のザックを寄せ集めて立て、シートで覆う。
2017年02月11日 12:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪洞作りにもいろいろな方法がある。これはザック・イグルー。まず全員のザックを寄せ集めて立て、シートで覆う。
3
シートで覆ったザックの上に、雪をかぶせていく。雪が少ない場合にも使える方法。十分な厚みにする必要がある。
2017年02月11日 12:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シートで覆ったザックの上に、雪をかぶせていく。雪が少ない場合にも使える方法。十分な厚みにする必要がある。
2
雪洞作りの合間に、雪崩の弱層テストについても教わる。
2017年02月11日 12:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪洞作りの合間に、雪崩の弱層テストについても教わる。
3
十分に雪をかぶせたら入り口をつくり、雪をかき出していく。ブルーシートを中に入れて雪がたまったら引き出すといい。
2017年02月11日 13:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十分に雪をかぶせたら入り口をつくり、雪をかき出していく。ブルーシートを中に入れて雪がたまったら引き出すといい。
3
ザックを取り出すと、その部分が空洞になっている。なるほど!ここからさらに広げ、整えていく。
2017年02月11日 13:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックを取り出すと、その部分が空洞になっている。なるほど!ここからさらに広げ、整えていく。
4
踏み固めた雪を切り出してブロックを作り積んでいく。先輩の手際の良さにため息。
2017年02月11日 13:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み固めた雪を切り出してブロックを作り積んでいく。先輩の手際の良さにため息。
3
2日目の朝は昨日より吹雪いていない。美しい。
2017年02月12日 08:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の朝は昨日より吹雪いていない。美しい。
3
ちなみにこれは車…2日でこうなったらしい。
2017年02月13日 11:21撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちなみにこれは車…2日でこうなったらしい。
5
ラッセルがなかなか進まない。
2017年02月13日 11:08撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラッセルがなかなか進まない。
2
急斜面でのラッセルのコツを教わる。
2017年02月13日 11:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面でのラッセルのコツを教わる。
3
この斜度でのラッセルはとても怖かった。雪がサラサラすぎて、足場がなかなか固まらない。
2017年02月13日 11:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この斜度でのラッセルはとても怖かった。雪がサラサラすぎて、足場がなかなか固まらない。
5
そして一気に滑落。気力が萎える…でもちゃんと笑顔で立ち上がりました!
2017年02月13日 11:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして一気に滑落。気力が萎える…でもちゃんと笑顔で立ち上がりました!
6
少し晴れ間も見えたりした。一瞬だったけど。
2017年02月12日 11:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し晴れ間も見えたりした。一瞬だったけど。
5
過酷なラッセルのあとは埋没訓練。完全に埋められ身動きがとれなくなった瞬間、パニックになりかけた。恐ろしい体験でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
過酷なラッセルのあとは埋没訓練。完全に埋められ身動きがとれなくなった瞬間、パニックになりかけた。恐ろしい体験でした。
4
この下には人が埋まっています。プローブでの感触を経験。たぶん、早く出してくれーと思っていたことでしょう。
2017年02月13日 11:30撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この下には人が埋まっています。プローブでの感触を経験。たぶん、早く出してくれーと思っていたことでしょう。
4
横穴式の雪洞づくり。雪がサラサラだったので、まずよく踏み固める。なかなか固まらない。
2017年02月13日 11:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横穴式の雪洞づくり。雪がサラサラだったので、まずよく踏み固める。なかなか固まらない。
2
なんとか形になりました。
2017年02月13日 11:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか形になりました。
4

感想/記録

この2日間は山岳連盟の冬山技術研修でした。もともと登頂を目指すものではなかったのですが、予想以上の大雪だったためさらに行動範囲は限定されました。夏道などで雪崩も起きていたようです。ログを見て、ここまで狭かったのかとびっくりしました。いくらラッセルしても進まないなとは思っていましたが…。ちなみに歩荷はテントやシュラフ無しですが、ショベルやワカン等含め13kgほど。防寒具もあるし、冬山装備はやはり重くなります。

サラサラの雪は気持ちいいけれど、とても扱いづらいです。一歩踏み出すたびにずぶずぶとどこまでもハマってしまい、大変な思いをしました。でも、なかなかできない経験ができたと思います。ラッセルも下手くそすぎて話になりませんでしたが、ここまでの雪量のラッセルを経験できることもそうないでしょう。あえて急斜面でのラッセルなども経験させてもらい、雪洞も2種類作ったり、埋没訓練もしたり、「まず雪の楽しさと恐ろしさを知って欲しい」という技術訓練の目的は十分以上に果たされていたと思います。吹雪の中での服装についても、事前に調べてはいたものの経験することでさらに考え直すことができました。

大自然は美しく、そして恐ろしい。無邪気に遊んでいただけだったころと比べて、自然に対する畏敬の念が大きくなっているのを感じます。行きたいところはたくさんありますが、その前にリスク管理をしっかりできるようさらに学んでいきたいと思えた2日間でした。
訪問者数:351人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ