また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1069228 全員に公開 ハイキング丹沢

塔ノ岳 仲尾根で烏尾山経由

日程 2017年02月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候雲時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間2分
休憩
2時間10分
合計
8時間12分
S戸沢山荘01:5101:55作治小屋01:5602:55仲尾根02:5603:31烏尾山03:39烏尾山荘03:4203:44烏尾山04:09行者ヶ岳04:1004:32政次郎ノ頭04:43書策新道分岐05:0705:23新大日05:23新大日茶屋05:36木ノ又小屋05:3705:39木ノ又大日06:09塔ノ岳07:3307:58木ノ又大日08:01木ノ又小屋08:0208:11新大日茶屋08:1208:14新大日08:23書策新道分岐08:3508:44政次郎ノ頭08:4510:02戸沢山荘10:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

お月さんが付かず離れずパートナー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お月さんが付かず離れずパートナー
思いっきり鎖を利用し、上半身を離さないと、ヘッドランプでの下りは足元が見難かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思いっきり鎖を利用し、上半身を離さないと、ヘッドランプでの下りは足元が見難かった。
1
政二郎尾根の分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政二郎尾根の分岐
書策小屋跡 小腹が空いたので休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策小屋跡 小腹が空いたので休憩
2
尊仏山荘の明かりがハッキリ見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尊仏山荘の明かりがハッキリ見えてきました
1
6時ごろ到着
人が居ません。こんな塔ノ岳、初めて!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時ごろ到着
人が居ません。こんな塔ノ岳、初めて!
出ました。雲が良い脇役演じています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ました。雲が良い脇役演じています
2
すぐに脇役の中へ入ってしまう主役。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに脇役の中へ入ってしまう主役。
1
カップ麺食べて下山
この時も人が居ません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カップ麺食べて下山
この時も人が居ません。
3
行きに撮れなかった道の様子
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きに撮れなかった道の様子
1
書策小屋跡 5時間前とは違った眺め
江ノ島、三浦半島もバッチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策小屋跡 5時間前とは違った眺め
江ノ島、三浦半島もバッチリ
2
政二郎尾根分岐、ここから下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政二郎尾根分岐、ここから下ります
政二郎尾根の一部
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政二郎尾根の一部
1
戸沢まで降りてきて、今回も無事に感謝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢まで降りてきて、今回も無事に感謝。
1

感想/記録

戸沢から作治小屋脇の仲尾根(地図表記なし)で烏尾山を経て塔ノ岳へ行ってきました。
仲尾根は以前よりも人が入っているようにも見えますが木道や階段などは整備はされていません。
左右の谷へ降りてしまわないように歩けば問題ありませんが、所々踏み跡ももありませんので注意してください。
5歩進んでは10歩先を見るようなヘッドランプの明かりだけを頼りに歩くのも面白い。
鳥尾山から塔ノ岳の道は夜といえども間違いようが有りませんが、泥なのか、岩なのか、凍結箇所なのか分かりづらかった。夜は泥んこにならないと考えたいましたが、前日の気温が高かったせいか、ぐちょぐちょ箇所が多数ありました。
もっと雪が残っていることを期待していましたが残念。
帰りの日が昇ってからの方が気温が下がっていたようで、泥の粘度が高まっており歩きやすい状態になっていました。
何れにしても当分は泥んこ遊びの覚悟が必要そうです。
訪問者数:203人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ