また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1070293 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

八丈島南部 三原山登山・ホタル水路・黒砂砂丘 伊豆諸島南部4島その4

日程 2017年03月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八丈島空港からすぐ南の防街道路へ向かいます。防街道路から無線中継所へ向けて登っていく林道との分岐点の手前に二台分ほどの駐車スペースがありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間19分
休憩
9分
合計
1時間28分
S防街道路分岐点08:2708:37無線中継所08:3809:04650m地点(推測)09:0609:16三原山09:2109:31650m地点(推測)09:3209:47無線中継所09:55防街道路分岐点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
八丈島観光協会標準タイム:2時間20分(三原山のみ)
コース状況/
危険箇所等
防街道路分岐点〜電波塔
コンクリート舗装の車道を登っていきます。そこそこの急さがありました。

電波塔〜650m地点
苔むしたコンクリートの階段を延々と登っていきます。右に折れる看板からは土の段差が多くなります。

650m地点〜三原山
尾根上の道を歩きます。土の道が多いですが、最後の方は鉄板の段差があります。
山頂はNTTの塔のすぐ右手です。


ホタル水路は完全に舗装された遊歩道で、行き当たりの向こうは私有地で立ち入り禁止です。


黒砂砂丘は最初は狭いコンクリートの林道を登り、その後砂地の道になります。
途中からは崩落の影響で通行止めのようです。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

防街道路を登ってきました。
2017年03月19日 08:27撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防街道路を登ってきました。
防街道路上に、少しだけ駐車スペースがありました。
2017年03月19日 08:27撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防街道路上に、少しだけ駐車スペースがありました。
ここから登り始めます。
2017年03月19日 08:27撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登り始めます。
急なコンクリート舗装の林道を登ります。
2017年03月19日 08:28撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急なコンクリート舗装の林道を登ります。
昨日歩いた、唐滝の方面でしょうか?
2017年03月19日 08:30撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日歩いた、唐滝の方面でしょうか?
電波塔に着きました。
2017年03月19日 08:37撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電波塔に着きました。
登山道は建物の脇についています。
2017年03月19日 08:38撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は建物の脇についています。
振り返ると、八丈富士と八丈小島。
2017年03月19日 08:38撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、八丈富士と八丈小島。
1
建物の横から、苔むしたコンクリートの段差が始まります。
見た目ほどには滑りません。
2017年03月19日 08:39撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建物の横から、苔むしたコンクリートの段差が始まります。
見た目ほどには滑りません。
だいぶ高度が上がりました。
2017年03月19日 08:50撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ高度が上がりました。
段差はどんどん急になります。
2017年03月19日 08:52撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段差はどんどん急になります。
土の段差になると、650m地点までもうちょっとです。
2017年03月19日 09:00撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土の段差になると、650m地点までもうちょっとです。
尾根筋に出ました。
2017年03月19日 09:05撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根筋に出ました。
樫立・中の郷付近でしょうか。西側の海岸です。
2017年03月19日 09:06撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樫立・中の郷付近でしょうか。西側の海岸です。
1
どこから見ても、この2つは見事です。
2017年03月19日 09:07撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこから見ても、この2つは見事です。
2
山頂へと晴天の稜線歩きを続けます。
2017年03月19日 09:07撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へと晴天の稜線歩きを続けます。
南側は、立山カルデラのように見えないことも・・・
2017年03月19日 09:08撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側は、立山カルデラのように見えないことも・・・
2
ぐっと切れ落ちていますね。
2017年03月19日 09:08撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐっと切れ落ちていますね。
1
鉄板の段差が現れました。
2017年03月19日 09:14撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄板の段差が現れました。
NTTの塔に着きました。
2017年03月19日 09:15撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NTTの塔に着きました。
山頂へは右側を登ってすぐです。
2017年03月19日 09:15撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へは右側を登ってすぐです。
三原山山頂に着きました。
2017年03月19日 09:17撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三原山山頂に着きました。
1
三角点もあります。
2017年03月19日 09:17撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点もあります。
1
特徴的な塔が2つ並んでいました。
2017年03月19日 09:17撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特徴的な塔が2つ並んでいました。
クマも記念撮影です。
2017年03月19日 09:20撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマも記念撮影です。
4
稜線を戻っていきます。
2017年03月19日 09:23撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を戻っていきます。
あの電柱に沿って、コンクリートの段差を下ることになります。
2017年03月19日 09:27撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの電柱に沿って、コンクリートの段差を下ることになります。
650m地点に帰ってきました。もう一度山頂を振り返ります。
2017年03月19日 09:31撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
650m地点に帰ってきました。もう一度山頂を振り返ります。
1
ここからコンクリートの段差が続きます。
2017年03月19日 09:36撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからコンクリートの段差が続きます。
電波塔に帰ってきました。
2017年03月19日 09:47撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電波塔に帰ってきました。
林道をどんどん下ります。
2017年03月19日 09:50撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道をどんどん下ります。
防街道路に帰ってきました。三原山への案内標識も出ています。
2017年03月19日 09:55撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防街道路に帰ってきました。三原山への案内標識も出ています。
駐車場に戻ります。
2017年03月19日 09:55撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ります。
親水公園横の公衆トイレに車を駐めました。
2017年03月19日 10:12撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親水公園横の公衆トイレに車を駐めました。
三原山はこんな感じに見えます。
2017年03月19日 10:14撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三原山はこんな感じに見えます。
振り返ると八丈富士はこんな感じ。
2017年03月19日 10:14撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると八丈富士はこんな感じ。
1
八幡宮がありました。
2017年03月19日 10:15撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡宮がありました。
舗装路がずっと続きます。
2017年03月19日 10:16撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路がずっと続きます。
南国の植物をたくさん栽培しているようでした。
2017年03月19日 10:17撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南国の植物をたくさん栽培しているようでした。
1
歩き出しそうです。アニメなどでよくありますね。
2017年03月19日 10:18撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き出しそうです。アニメなどでよくありますね。
突き当たりました。先は私有地で立ち入り禁止です。
2017年03月19日 10:23撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突き当たりました。先は私有地で立ち入り禁止です。
下から見るとトンネルかと思っていましたが、地震計の施設でした。
2017年03月19日 10:23撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から見るとトンネルかと思っていましたが、地震計の施設でした。
2
ちょっぴり花が咲いていました。
2017年03月19日 10:23撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっぴり花が咲いていました。
1
公衆トイレに帰ってきました。
2017年03月19日 10:33撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公衆トイレに帰ってきました。
車道に車を駐めて、黒砂砂丘に向かいます。
2017年03月19日 10:51撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に車を駐めて、黒砂砂丘に向かいます。
断崖絶壁の上に、黒い火山灰が乗っています。
2017年03月19日 10:57撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
断崖絶壁の上に、黒い火山灰が乗っています。
蟻地獄のようにどんどんしたに滑っていきそうに見えます。
2017年03月19日 10:58撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蟻地獄のようにどんどんしたに滑っていきそうに見えます。
3
絶壁の海岸線です。
2017年03月19日 10:58撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶壁の海岸線です。
3
車に戻りました。
2017年03月19日 11:06撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車に戻りました。
昼食は八丈島の郷土料理三昧です。
アシタバや海藻、トビウオ、お芋類が中心です。
2017年03月19日 12:59撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食は八丈島の郷土料理三昧です。
アシタバや海藻、トビウオ、お芋類が中心です。
2
麦粥にトビウオのあら汁、島たくあんです。
2017年03月19日 13:14撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麦粥にトビウオのあら汁、島たくあんです。
1
塩竃という調理法です。
2017年03月19日 13:21撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩竃という調理法です。
中から現れたのは大きなトビウオです。ほっこほこでした。
2017年03月19日 13:22撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中から現れたのは大きなトビウオです。ほっこほこでした。
3
八丈島の北西岸からの八丈小島です。
2017年03月19日 15:07撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丈島の北西岸からの八丈小島です。
1
樫立の道路からの眺望です。
2017年03月19日 15:20撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樫立の道路からの眺望です。
八丈島灯台です。
2017年03月19日 15:41撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丈島灯台です。
宇喜多秀家公由来のソテツだそうです。
2017年03月19日 16:01撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宇喜多秀家公由来のソテツだそうです。
2
住居跡です。
2017年03月19日 16:01撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住居跡です。

感想/記録
by esprit

昨日のうちに唐滝や裏見ヶ滝を歩いておき、最後に三原山登山だけを残していましたが、おすすめを頂いたホタル水路や黒砂砂丘、さらにはやはり南端方面の八丈島灯台などを訪れたため、またまた南部を延々と車で走ることになりました。

まず最初はメインの三原山ですが、登山自体は、前半に関しては急坂を整備された林道とコンクリートの段差で登ることが中心で面白みはありませんが、稜線に出てからの立山カルデラのように見えてしまう三原山の立派な山体や、この数日ずっと見てきた八丈島自体の素晴らしい景観を再度たっぷりと堪能できました。

ホタル水路は完全に舗装された歩道でしたが、たくさん栽培されている南国の植物が趣がありました。

黒砂砂丘はあんな絶壁の上に火山灰が砂丘のように乗っていると、足を踏み入れたら最後、蟻地獄のようにずり落ちて、崖から転落してしまうような想像をついしてしまうような特徴あるものでした。

その後は車で島の北側・南側をドライブし、郷土料理や観光地を巡りました。

明日はこの旅の第二の難関目的地に移動予定です。
21日の天候悪化もあり、どうなるかは完全に読めるわけではありませんが、決行します。
訪問者数:265人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 崩落 トビ クリ トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ