また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1072118 全員に公開 雪山ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

湯ノ丸山

日程 2017年02月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
〈北陸新幹線〉⇔佐久平駅、⇔湯の丸(千曲バス);土日運行
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間25分
休憩
1時間5分
合計
4時間30分
S湯の丸自然学習センター09:3510:18臼窪湿原・湯の丸山方面交差10:2211:23湯ノ丸山11:3011:39湯ノ丸山(北峰)11:4411:52湯ノ丸山11:5412:20鞍部13:0713:34臼窪湿原・湯の丸山方面交差14:05湯の丸自然学習センターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース自体はよく踏まれていて問題はない。
大半はワカンを使用したが、軽アイゼンの人も見かけた。
その他周辺情報湯の丸バス停そばの湯の丸高原ホテルの立ち寄り湯が便利(入浴料:650円)
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

湯の丸バス停そばの烏帽子岳登山口から湯の丸キャンプ場へ向かう
2017年02月25日 09:48撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の丸バス停そばの烏帽子岳登山口から湯の丸キャンプ場へ向かう
臼窪湿原から右に湯ノ丸山方面
2017年02月25日 10:04撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臼窪湿原から右に湯ノ丸山方面
1
中分岐から右、湯ノ丸山に
2017年02月25日 10:18撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中分岐から右、湯ノ丸山に
湯の丸山東斜面の霧氷
2017年02月25日 10:40撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の丸山東斜面の霧氷
富士山が見える
2017年02月25日 10:43撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が見える
1
東斜面から、湯の丸スキー場の向こうに篭ノ登山、黒斑山、その奥わずかに浅間山
2017年02月25日 10:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東斜面から、湯の丸スキー場の向こうに篭ノ登山、黒斑山、その奥わずかに浅間山
3
湯ノ丸山頂上、向こうは烏帽子岳
2017年02月25日 11:17撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ丸山頂上、向こうは烏帽子岳
1
北側、湯ノ丸北峰の向こうに四阿山と根子岳
2017年02月25日 11:17撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側、湯ノ丸北峰の向こうに四阿山と根子岳
1
西側、烏帽子岳の奥、雲の間に北アルプスの峰々
2017年02月25日 11:18撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側、烏帽子岳の奥、雲の間に北アルプスの峰々
1
北峰から北側、四阿山と根子岳、右奥は草津の山
2017年02月25日 11:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰から北側、四阿山と根子岳、右奥は草津の山
2
北峰から東側、右、篭ノ登山から黒斑山、そして浅間山の頂上
2017年02月25日 11:40撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰から東側、右、篭ノ登山から黒斑山、そして浅間山の頂上
北峰から西側、湯ノ丸山南峰から烏帽子岳、奥は八ヶ岳
2017年02月25日 11:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰から西側、湯ノ丸山南峰から烏帽子岳、奥は八ヶ岳
1
西北側、北アルプス後立山が見える
2017年02月25日 11:41撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西北側、北アルプス後立山が見える
2
霧氷と影の造形
2017年02月25日 11:46撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷と影の造形
2
湯ノ丸山から烏帽子岳鞍部への下り口で
2017年02月25日 11:56撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ丸山から烏帽子岳鞍部への下り口で
2
雪の急斜面を下っていく
2017年02月25日 12:07撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の急斜面を下っていく
下りきった所が烏帽子岳との鞍部
2017年02月25日 12:51撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りきった所が烏帽子岳との鞍部
鞍部から見る烏帽子岳
2017年02月25日 12:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から見る烏帽子岳
2
霧氷が美しい
2017年02月25日 12:53撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が美しい
1
四阿山と根子岳が近い
2017年02月25日 12:54撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四阿山と根子岳が近い
1
烏帽子岳の大きな山容
2017年02月25日 12:55撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳の大きな山容
1
雲の間から妙高山と火打山が見える
2017年02月25日 12:56撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の間から妙高山と火打山が見える
2
帰りは巻道の樹林帯を行く、シラカバ林から
2017年02月25日 13:29撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは巻道の樹林帯を行く、シラカバ林から
やがてカラマツ林に
2017年02月25日 13:31撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがてカラマツ林に
そしてスギ林に
2017年02月25日 13:41撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてスギ林に
臼窪湿原の雪原
2017年02月25日 13:47撮影 by E-M10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臼窪湿原の雪原
1

感想/記録

雪山ハイク第3弾は湯ノ丸山、過去に天然記念物のレンゲツツジを見に来たことがあり、ほぼ10年振りの再訪となる。
「都心から一番近いパウダースノーエリア」としてスキー場の人気は高いようで、今回もスキーバスツアーの利用を考えたが、あいにくこの日は開催休止とあって、土日運行の路線バスを利用することにした。

早朝の新幹線は超満員状態だったが、佐久平駅からのバスはガラガラ、一方、現地、湯の丸の駐車場は結構詰まっていて、最近の傾向を端的に物語っているようだ。
湯の丸バス停そばの湯の丸自然学習センターで準備を整え出発する。烏帽子岳登山口から林間コースを行く。キャンプ場から臼窪湿原へと雪原を行くほぼフラットなコースで歩きやすい。
湯ノ丸山への中分岐から方向を変えるとやがて急登となり、湯ノ丸山の東斜面に出ると、視界が開ける。スキー場から対岸の篭ノ登山などが見渡せ、気持ちのよい眺めだ。南側には富士山も望めるのが嬉しい。

急登を上り詰めると湯ノ丸山頂、頂上は広々としていて眺めは素晴らしい。西側の目の前に印象的な形の烏帽子岳、その奥に雲に隠れ加減だが北アルプスの山嶺が、東側は黒斑山の向こうに浅間山の山頂部が望める。しかし少々風が強く寒くて長居をしていられない
北側は湯ノ丸山のもう一つのピーク、北峰に繋がっていて、その北峰に向かう。
なだらかな稜線状の道を行き、三角点のある北峰に立つとまさに360度の大展望が広がる。ここからは四阿山から根子岳が目の前だ。

湯ノ丸山南峰に戻り、ここから烏帽子岳への鞍部まで急斜面を下る。30分弱で鞍部に着き、ここで昼食をとる。この鞍部からの眺めもよい。今まで見えなかった妙高、火打も見える。目の前の烏帽子岳がひときわ堂々とした山容を見せてくれる。
その烏帽子岳に登ろうかどうか迷ったが、帰りのバス時間に余裕がなく、そのまま鞍部でのんびりすることにし、余った時間で湯ノ丸バス停そばのホテルの温泉に浸かることにした。

帰りは湯ノ丸の山腹を巻く林間の道、途中の臼窪湿原の雪原で少し遊んでから湯の丸自然学習センターに戻った。
今回も天気がよく展望に恵まれ、気持ちのよい雪山ハイクを楽しめた1日となった。
訪問者数:269人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ