また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1072504 全員に公開 ハイキング関東

赤山街道吉川道(越谷〜吉川)

日程 2017年02月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間44分
休憩
0分
合計
4時間44分
S越谷駅08:0012:44吉川駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
越谷駅出発   8:00
吉川駅到着  12:44
歩行時間 4時間44分
歩行距離 17.0km
高低差 65m
歩数 21484歩
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

駅前から旧日光街道に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前から旧日光街道に出ました。
1
越ヶ谷宿。日光街道では千住宿、宇都宮宿に次ぐ規模です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越ヶ谷宿。日光街道では千住宿、宇都宮宿に次ぐ規模です。
1
横田診療所。この建物は大正5年(1916年)建築の旧越谷郵便局です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横田診療所。この建物は大正5年(1916年)建築の旧越谷郵便局です。
1
赤山街道との合流地点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤山街道との合流地点。
1
木下半助商店。老舗らしい味のある店構えです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木下半助商店。老舗らしい味のある店構えです。
1
旧商家「太物荒物店 塗師屋市右衛門」。かつては呉服店を営み、屋号が示すように漆も扱っていたそうです。レンガ造りの一風変わった”うだつ”を残しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧商家「太物荒物店 塗師屋市右衛門」。かつては呉服店を営み、屋号が示すように漆も扱っていたそうです。レンガ造りの一風変わった”うだつ”を残しています。
鍛冶忠商店。明治期以前は屋号からもわかるように鍛冶屋だったといいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍛冶忠商店。明治期以前は屋号からもわかるように鍛冶屋だったといいます。
会田金物店。宿場情緒を感じさせてくれる古風な店構えです。この黒壁いいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会田金物店。宿場情緒を感じさせてくれる古風な店構えです。この黒壁いいですね。
越谷道の分岐点に来ました。右折するのが吉川への道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越谷道の分岐点に来ました。右折するのが吉川への道です。
今日はここからスタートします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここからスタートします。
稲荷神社。この地には武田勝頼の子千徳丸と共に落ち延びたという元沼津城主中村彦左衛門一栄が土着し、その家の屋敷神として祀られたともいわれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲荷神社。この地には武田勝頼の子千徳丸と共に落ち延びたという元沼津城主中村彦左衛門一栄が土着し、その家の屋敷神として祀られたともいわれています。
瓦曽根溜井と越谷市役所。江戸時代に瓦曽根堰が元荒川に設置され溜井ができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瓦曽根溜井と越谷市役所。江戸時代に瓦曽根堰が元荒川に設置され溜井ができました。
1
庚申塔道標。右側面に「これより上、じおんじ 三里半」、左側面に「これより左、吉川へ壱里 大さがみ内 これより右、市川まで五里」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
庚申塔道標。右側面に「これより上、じおんじ 三里半」、左側面に「これより左、吉川へ壱里 大さがみ内 これより右、市川まで五里」
しらこばと橋。市内初の斜張橋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しらこばと橋。市内初の斜張橋です。
元荒川の堤防を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元荒川の堤防を歩きます。
大聖寺。天平勝宝2年(750)開基したといわれ、中世には不動院と称して岩槻城主太田資正や北条氏繁らの尊信を受けていたといいます。天正19年(1591)家康が当寺に投宿、寺領60石の御朱印状を拝領し大聖寺と改号しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大聖寺。天平勝宝2年(750)開基したといわれ、中世には不動院と称して岩槻城主太田資正や北条氏繁らの尊信を受けていたといいます。天正19年(1591)家康が当寺に投宿、寺領60石の御朱印状を拝領し大聖寺と改号しました。
名物「虹だんご」は残念ながらお休み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物「虹だんご」は残念ながらお休み。
見事な彫りの庚申塔
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な彫りの庚申塔
不動橋。ここでちょっと遠いですが、元荒川を渡り能楽堂と花田苑まで行き寄道します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動橋。ここでちょっと遠いですが、元荒川を渡り能楽堂と花田苑まで行き寄道します。
日本庭園花田苑。廻遊式池泉庭園。中央に約4000平方メートルの池があり、周囲には170メートルのせせらぎがある日本庭園です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本庭園花田苑。廻遊式池泉庭園。中央に約4000平方メートルの池があり、周囲には170メートルのせせらぎがある日本庭園です。
こしがや能楽堂の能舞台。。1993年に開館。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こしがや能楽堂の能舞台。。1993年に開館。
街道に復帰します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
街道に復帰します。
大相模久伊豆神社。武蔵七党野与党の一族、大相模次郎能高が本拠とした地と伝えられています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大相模久伊豆神社。武蔵七党野与党の一族、大相模次郎能高が本拠とした地と伝えられています。
内池辨天。天明6年(1786)の関東洪水の時、元荒川の堤防が崩れてできた沼がここにあったようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内池辨天。天明6年(1786)の関東洪水の時、元荒川の堤防が崩れてできた沼がここにあったようです。
享和3年(1803)の塞神塔道標。右側面に「野道」、左側面に「吉川道」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
享和3年(1803)の塞神塔道標。右側面に「野道」、左側面に「吉川道」
万延3年(1863)の庚申塔道標。右側面に「江戸みち こしがや道」、左側面に「よしかわ成田十五里」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万延3年(1863)の庚申塔道標。右側面に「江戸みち こしがや道」、左側面に「よしかわ成田十五里」
1
吉川橋は未だ建替工事中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉川橋は未だ建替工事中。
ここで下妻街道と合流します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで下妻街道と合流します。
青面金剛道標。右側面 「右松ぶし ほうし花道」、左側面 「左こしがや 江戸道」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青面金剛道標。右側面 「右松ぶし ほうし花道」、左側面 「左こしがや 江戸道」
吉川交番前交差点。「赤山街道調査報告書」では赤山街道はここで終わりです。この先は下妻街道が続いています。ここを本日のゴールとします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉川交番前交差点。「赤山街道調査報告書」では赤山街道はここで終わりです。この先は下妻街道が続いています。ここを本日のゴールとします。
吉川名物なまず丼
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉川名物なまず丼
1

感想/記録
by onody

短い距離でしたが散歩気分で楽しめました。花田苑は以前行ったことがあり素敵な庭園だったので再訪しました。
訪問者数:229人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

御朱印 地蔵 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ