また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

御朱印(ごしゅいん) / 宗旨、宗派、時代により、納経印、御首題、御神印などとも言う

最終更新:2015-11-29 07:31 - pipiy
基本情報
 一般に、奉書紙、帳面(御朱印帖)、掛軸、おいずるや鉢巻などの巡礼装束等に、寺社の印判を捺し、参拝日や印銘、本尊名などを揮毫したものを指す。

 本来は、主として仏教寺院において、参拝者が納経(写経を納めたり、仏前で読経などをすること)を行い、それに対する領収の証として寺院が発行するものである。

 しかし現在では、納経に代えて、何某かの金銭(場所により異なるが、200円〜500円程度が多い)を寄進することにより御朱印を交付する寺院も多い。
(一方で本来の厳格な発行様式を守り、納経や修行、信仰などを必要条件とする寺院もある。また、御朱印自体を行わない宗派や寺院もある)

 御朱印は、通常は印刷ではなく、求めに応じて、その場で一点づつ手書きで作成される。
 僧侶不在など何らかの事情で、予め作り置き(御朱印の場合は特に書置きという)しておいたものを交付される場合もあるが、その場合でも書置き自体がひとつづつ手作りされることが殆どである。

 印章や揮毫にそれぞれの寺社や僧侶・神職の個性があり、手作業の完全オーダーメイドであることから、同じ寺社の同じ僧侶・神職による御朱印であっても、基本的に全く同じものは二つと存在しない。
 そのため、本来は納経という信仰行為の一環でありながら、御朱印自体が一種の美術品的な価値も有することとなり、巡礼者や信者でなくても御朱印自体に価値を感じて集めることを趣味にしている人達もいる。
 しかしこの場合も、最低限、本尊などへの参拝を行った上で御朱印を求めるのが常識とされる。

 御朱印は本来は寺院のものであるが、現在では多くの神社でも、御神印または御朱印と称して同様のものがある。
 神社の場合は、寺院ほどにも厳格な趣旨や発行要件を謳うところは少ないようであり、事実上の参拝記念品として運用されているが、やはり参拝をした上でという前提があるのは寺院と同様である。

 御朱印と似たものに御陵印がある。
 これは各天皇陵ごとに定められた角印で、当該天皇陵を管轄する宮内庁の管区陵墓管理事務所で保管・運用されている。
 各天皇陵を巡礼し、御朱印帖にこの御陵印を集めている人もいる。
 御陵印の押捺を希望する場合は、直接、管区陵墓管理事務所を訪れ、担当官にその旨を申請(口頭で可)する必要がある。
 訪問者によほど不審な点があれば別だが、通常は申請に対して特段の審査などはなく、即座に許可される。また手数料等はかからない。
 御料印は文字通り「天皇陵の印鑑」であり、事実上の参拝記念印として使われているものの、本来はそのためにある印章ではない。
 また、揮毫などはなされず、押捺も、職員の許可を得て事務所内に保管されている御陵印を自ら押捺するセルフサービス形式のところが殆どである。

 日本の山は、神道仏教を問わず山岳信仰の対象になっていることが多く、山頂や山腹に、その山ゆかりの寺社があることも多い。
 そのような山では、登山者が登山記念を兼ねて御朱印を受けることも多い。

 寺院、神社を問わず、御朱印は宗教行為として発行されるものであり、記念スタンプなどとは根本的に趣旨が異なる。
 発行された御朱印は、単なる「お札」や「お守り」とは違い、その寺社の本尊の分身とされるものであり、受領した以上は終身これを護持し、臨終時は本人とともに納棺される性質のものである。
 従って、御朱印を受領しようとするときは、たとえ略式な方法ではあっても参拝を行うことと、最低限のマナーの遵守が求められる。
 また、受け取った御朱印は漫然と保管するのではなく、神棚やそれに準じる場所において清純に扱うべきである。
 単なる「御朱印コレクター」となり寺社に迷惑や信仰上の不快感を与えることのないよう、趣旨をよく理解し、改まった気持ちで取り扱いたいものである。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

朱印(しゅいん)は、主に日本の寺院や神社において、主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。敬称として御朱印(ごしゅいん)とも呼ばれる。
複数の朱印の印影を集めることを集印(しゅういん)といい、朱印を押印し集印するための専用の帳面を朱印帳(しゅいんちょう)、御朱印帳(ごしゅいんちょう)納経帳(のうきょうちょう)、集印帳(しゅういんちょう)と呼ぶ。大正時代ごろに生まれた屏風折(折り本)にして両側に固い表紙をつけた形式のものと、古くからある和綴じ(和装本)のものが多く、寺社、仏具店、神具店や文房具店、書店などで販売されている。
日本においては主に大正時代以降、駅スタンプやスタンプラリーなど、主に観光目的の「記念スタンプ」が行われているが、朱印はそれらとは違う宗教行為である。そのため「記念スタンプ」とは違い、寺社の職員や僧侶、神職、氏子などが押印し、参拝者側が自由に押印できないのが一般的である。ただし、無人あるいは無人となることが多い寺院や神社の場合は参拝者が押せるように用意されている場合もある。
基本的には中央に寺社・神仏などの印が押され、それだけでも「朱印」であるが、単に印を押すだけでなく、その下に墨書で寺社名・神仏名など、参拝日や「奉拝」などの文字が書かれることも多く、一般的にはその墨書も含めて「朱印」と呼ばれる。他にも寺務所・社務所や住職・宮司の印、そのほか霊場の札番号や祭事など追加の印が押されることもある。
もちろん、単なる印だけの場合や、印に「奉拝」などの文字だけや、日付だけを墨書する場合もある。なお、寺社名・神仏名の入った墨書風の印章(スタンプ)を押すいわゆる「版木押し」であったり、事前にあらかじめ「書き置き」した別紙、または墨書や版木押しを複写した(印刷した)別紙を渡される、もしくは貼り付けられる寺社もあるが、これらは江戸時代初期にはすでに存在するものであり、いずれも近年発生したものではない。他にも霊場の場合は、印刷された台紙に印のみを押す場合、紙ごと差し込む場合などもあり、こちらも古くから存在するものである。いずれにせよ、朱印としての価値は変わらないとされる。
もちろん、全ての寺社で行われているわけでは無い。無人の寺社では基本的に行っていない場合が多く、有人の寺社でも最初から受け付けていなかったり、以前は行っていたもののやめてしまったりしている場合もある。やめてしまう理由としては、対応者の多忙や死去、朱印の破損や盗難、後述するブームに伴うトラブル回避などが上げられる。
室町時代末期から江戸時代初期頃には存在しており、当時は神仏習合であるため寺社のどちらで生まれたかは定かではない。起源には諸説あるが、元々は寺社に写経を納めた際の受付印であったとする説が有力である。朱印の右上に現在は「奉拝」と書くことが多いが、昔は「奉納大乗経典」と書かれていた。現在でも納経(写経の奉納または読経)をしないと朱印がもらえない寺院が存在するが、すでに江戸時代中期には、多くの寺社では少額の金銭(御布施・初穂料)を納めることで朱印がもらえるようになっている。朱印状の朱印とは歴史的に関係はなく、これはどちらかというと寺務所・社務所や住職・宮司の印に該当するものである。
金額は、2018年現在、多くの寺社で300円としているが、500円、2000円、あるいはそれ以上やそれ以下の金額が提示されることもある。また、「お気持ちをお納め下さい」として金額を明示しない場合もある。この場合、「志納」という。また、服装に輪袈裟や白衣姿などでないと応じない寺院、事前に電話やインターネット等での連絡が必要な寺社もある。
朱印は印・墨書に寺社名や神仏名、寺院の朱印の場合は仏そのものを表しているとされる梵字(種子)が入っていることも多いことから、寺社で授与されるお札などと同等とされ、粗末に扱うべきではないとされる。実際、朱印帳を普段は神棚や仏壇に上げているという人も少なくない。同様の理由で正式な朱印帳を持参しない場合、スタンプ帳やメモ用紙、ガイドブックの余白などにはは朱印を拒絶している寺社もある。このような場合は寺社が用意している一枚物の紙に押印して貰える場合もある。朱印をする寺社は朱印帳を販売していることも多い。オリジナルの朱印帳を用意している寺社もあり、これを収集する人もいる。
西国三十三所霊場詣や四国八十八箇所霊場詣、他にも寺社何ヶ所か合わせての七福神めぐりに代表される霊場巡り等の場合には、専用の朱印帳や用紙、色紙、掛軸などが用意されていることもある。四国八十八箇所詣などの霊場巡りでは、巡礼中に着ている白衣(びゃくえ)に御朱印をもらう場合もある。また、霊場には再度参拝した時に、以前いただいた朱印に対して少しずらして再度印を押す重ね印を行う場合もある。
朱印はひとつとは限らず複数扱う寺社もある、寺院によってはご詠歌や仏堂、仏像ごとに、神社によっては摂末社や兼務神社の朱印をもらえることもある。また、年中行事や秘仏の御開帳、特別公開期間などに合わせて特別な朱印にすることもあり、複数の霊場を兼ねる寺社では霊場ごとに別の朱印が用意されていることもある。
2010年代中頃からは御朱印収集が脚光を浴び、観光協会や旅行会社・鉄道会社などが御朱印を素材としたイベントやツアー・関連グッズを販売する事例があるほか、期間限定のものや珍しい御朱印・御朱印帳がインターネットオークションで高値で転売されるなどの問題も起きている。そのため、「書き置き」の別紙による授与の中止や納経料・初穂料の値上げを行う寺社も出てきている。また、ブームによって対応が困難になったり、ブームを嫌い、御朱印自体をやめる、あるいは中断している寺社もある。

|曹洞宗大本山永平寺の御朱印「承陽殿」
File:大蓮寺.jpg|洛陽三十三所観音霊場大蓮寺の御朱印「阿弥陀如来」
|古峯神社の御朱印。このように見開きで書かれる御朱印もある。
File:四国八十八番霊場御印譜P4022366.jpg|四国八十八箇所御印譜
File:四寺朱印.JPG|四寺廻廊の御朱印帳

その他の用語

アイスキャンディ 赤テープ 東屋 アプローチ 石車 行って来い イワイワ 浮き石 UL エスケープルート 枝道 堰堤 往還 奥の院 温泉 カーボン 下降点 滑落 カモシカ山行 カレーメシ 乾燥室 関東ふれあいの道 ガスガス がっかり山頂 ガッツリ キャンプ指定地 キャンプ場 鎖場 クロモリ グロナス ケーブルカー けもの道 ケルン コーラ コール 高山病 行動食 ゴア 御朱印 ご来光バス 逆さ富士(逆さ○○) 砂防ダム 三角点 山岳保険 山行 山座同定盤 ザイル祭 しぶり腹 車中泊 シャトルバス シャリバテ 秀麗富嶽十二景 狩猟期間 食害 神木 森林セラピーロード 直火 自炊場 自生 地蔵 磁北 ジュラルミン 水準点 ステンレス ストレッチ スリーシーズン 前泊 遭難 足底筋膜炎 杣道 タバスキー 近道 チタン ツイキー 梅雨明け10日 低体温症 鉄塔巡視路 てんくら 天水 デニール 東海自然歩道 凍死 時計回り 登山計画書 登山ポスト トラロープ トンネル 道祖神 道標 ナイトハイク 日本の滝百選 ヌタ場 熱中症 法面 廃道 ハシゴ場 ハセツネ 花畑 反時計回り 馬蹄形 バディー 馬頭観音 パッカブル パッキング 避難小屋 火の用心 ヒュッテ ビジターセンター 踏跡 踏み抜き フリース ヘリポート ペミカン 防火帯 房州低名山 マイクロファイバー 巻き道 纏リス 水場 みちびき 道迷い メリノウール 木道 モノレール 山ガール 山ごはん 山の日 山バッチ 山屋 リフト リングワンダリング 林道 累積標高 ロープウェイ ロープ場 ロッヂ ロング

「御朱印」 に関連する記録(最新3件)

房総・三浦
  45    40 
takapanda, その他4人
2018年06月17日(日帰り)
近畿
  32    5 
2018年06月17日(日帰り)
四国
  131   10  2 
2018年06月17日(日帰り)
ページの先頭へ