また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

神木(しんぼく) / 御神木

最終更新:2016-03-15 22:19 - gutenmrgen
基本情報
神社の境内などにある神体としての木や神聖視される木のこと

山の解説 - [出典:Wikipedia]

神木(しんぼく)とは、古神道における神籬(ひもろぎ)としての木や森をさし、神体のこと。また依り代・神域・結界の意味も同時に内包する木々。御神木とも称される。
一般的に神社神道の神社、神宮の境内にある神体としての木や神聖視される木、その周りを囲む鎮守の森や、伐採をしないとされる木を指す。
この他、神社の所有地、民間の所有地にあって民間伝承などの特別な謂われのある木を指す。神社の造営に当たってその木材となる植林または自生する特別に伐採された木を指す場合もある。
神籬・磐座信仰(いわくらしんこう)という自然崇拝も古神道の一部であり、神や命や自然に対する感謝や畏怖・畏敬から、環境が変わる場所にある象徴的なものを、木に限らず神体とした。この古神道から数千年を経る中で、形式や様式が器としての神社や内面としての祭礼が、外来の宗教の影響または独自に確立され、神社神道などになっていった。
神の居る場所は、社(やしろ)といわれる神道の神殿に移っていったが、日本に数万ある神社は、もともとは、この古神道における神籬のある場所に建立されたものがほとんどであり、そのことから境内に神籬としての神木や磐座としての霊石(岩)やあるいは碑や塚が存在し祀られている。また古神道と神社神道は、ある部分では共存し不可分でもあるため、神社によっては社を持たず、神木をそのまま神体として祀っているところもあり、また、神社はなくとも自然そのままにある神木が多くの信仰を集めている場所もある。
先端がとがった枝先を持つ常緑樹が、神が降りる依り代(玉串)として神事に使われることも多い。玉串として最も一般的なものはサカキ(榊)だが、関東以北では植生上サカキが自生しないため、ヒサカキ(姫榊)やオガタマノキ(招霊木)を用いることもある。一般に玉串は神前に供えるために伐採された枝を示し、神木は大地に根を張ったままの状態を言う。

その他の用語

アイスキャンディ 赤テープ 東屋 アプローチ 石車 行って来い イワイワ 浮き石 UL 駅からハイキング エスケープルート 枝道 堰堤 往還 奥の院 温泉 カーボン 下降点 滑落 カモシカ山行 カレーメシ 乾燥室 関東ふれあいの道 ガスガス がっかり山頂 ガッツリ キャンプ指定地 キャンプ場 鎖場 クロモリ グラベル グロナス ケーブルカー けもの道 ケルン コーラ コール 高山病 行動食 ゴア 御朱印 ご来光バス 逆さ富士(逆さ○○) 砂防ダム 三角点 山岳保険 山行 山座同定盤 ザイル祭 しぶり腹 車中泊 シャトルバス シャリバテ 秀麗富嶽十二景 狩猟期間 食害 神木 森林セラピーロード 直火 自炊場 自生 地蔵 磁北 ジュラルミン 水準点 ステンレス ストレッチ スリーシーズン 前泊 遭難 足底筋膜炎 杣道 ターマック タバスキー 近道 チタン 中部北陸自然歩道 ツイキー 梅雨明け10日 低体温症 鉄塔巡視路 てんくら 天水 デニール 東海自然歩道 凍死 時計回り 登山計画書 登山ポスト トラロープ トンネル 道祖神 道標 ナイトハイク 日本の滝百選 ヌタ場 熱中症 法面 廃道 ハシゴ場 ハセツネ 花畑 反時計回り 馬蹄形 バディー 馬頭観音 パッカブル パッキング 避難小屋 火の用心 ヒュッテ ビジターセンター 踏跡 踏み抜き フリース ヘリポート ペミカン 防火帯 房州低名山 マイクロファイバー 巻き道 纏リス 水場 みちびき 道迷い メリノウール 木道 モノレール 山ガール 山ごはん 山の日 山バッチ 山屋 リフト リングワンダリング 林道 累積標高 ロープウェイ ロープ場 ロッヂ ロング

「神木」 に関連する記録(最新3件)

関東
  92    41 
2018年09月19日(日帰り)
関東
  10    5 
rumba1008, その他2人
2018年09月17日(日帰り)
日光・那須・筑波
  52    10  2 
2018年09月16日(日帰り)
ページの先頭へ