また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1075855 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

陽だまりの湯坂路を行く:箱根湯本駅〜浅間山〜鷹巣山〜屏風山

日程 2017年03月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
往:箱根湯本駅より歩き
復:箱根町バス停16:38(箱根新道)→箱根湯本駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間44分
休憩
1時間18分
合計
8時間2分
S箱根湯本駅08:0308:30湯坂城跡08:3409:15三等三角点第二城山09:2209:57城山09:5910:03大平台分岐10:13浅間山10:4210:46宮ノ下分岐11:07千条の滝11:1111:46小涌谷分岐11:4712:05鷹巣山12:1312:24湯坂路入口12:35飛竜ノ滝12:5213:28畑宿14:40甘酒茶屋14:4115:27屏風山15:3115:42要害山16:01箱根関所跡バス停16:0216:05箱根町バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
屏風山から箱根関所跡への最後の下りは、等高線図にあるように超激下りの階段地獄です。鎖が設置されています。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

箱根湯本駅前の国道1号線を右(強羅方面)に進み、早川に架かる旭橋を渡ると左に
2017年03月03日 08:03撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根湯本駅前の国道1号線を右(強羅方面)に進み、早川に架かる旭橋を渡ると左に
湯坂路(鎌倉古道)の登り口があります。左に見える橋を渡ってきました。
2017年03月03日 08:10撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯坂路(鎌倉古道)の登り口があります。左に見える橋を渡ってきました。
湯坂城跡までは石畳やそれなりに急な坂を登っていきます。樹林帯なので展望はあまりありません。
2017年03月03日 08:18撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯坂城跡までは石畳やそれなりに急な坂を登っていきます。樹林帯なので展望はあまりありません。
湯坂城跡。ここからは緩やかな歩きやすい登りとなり、陽だまりハイクを心から楽しめました。
2017年03月03日 08:30撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯坂城跡。ここからは緩やかな歩きやすい登りとなり、陽だまりハイクを心から楽しめました。
1
赤い実をつけたアオキの美しさに惹かれます。
2017年03月03日 09:13撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い実をつけたアオキの美しさに惹かれます。
1
標識は見つけられませんでしたが、このあたりが湯坂山(第二城山)のようです(後日:三角点はこの藪の中にあるようです)。
2017年03月03日 09:15撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識は見つけられませんでしたが、このあたりが湯坂山(第二城山)のようです(後日:三角点はこの藪の中にあるようです)。
送電線の鉄塔を過ぎて少し下ると大平台への分岐。浅間山まで10分です。
2017年03月03日 10:03撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線の鉄塔を過ぎて少し下ると大平台への分岐。浅間山まで10分です。
浅間山に到着すると
2017年03月03日 10:13撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山に到着すると
広々とした気持ちの良い草原が広がります。ベンチ&テーブルで昼食としました。
2017年03月03日 10:15撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々とした気持ちの良い草原が広がります。ベンチ&テーブルで昼食としました。
1
浅間山山頂標柱。
2017年03月03日 10:14撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山山頂標柱。
1
ここからは大きな駒ヶ岳と神山が見えます。
2017年03月03日 10:16撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは大きな駒ヶ岳と神山が見えます。
1
ツバキもあちこちに咲いていました。
2017年03月03日 10:38撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバキもあちこちに咲いていました。
鷹巣山へは左ですが、予定より早めに到着したので、千条の滝経由で鷹巣山を目指すことにしました。標高差200m程下ります。
2017年03月03日 10:43撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹巣山へは左ですが、予定より早めに到着したので、千条の滝経由で鷹巣山を目指すことにしました。標高差200m程下ります。
千条(ちすじ)の滝。ミズゴケに覆われた高さ3.5〜4m、長さ20m程の滝です。
2017年03月03日 11:09撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千条(ちすじ)の滝。ミズゴケに覆われた高さ3.5〜4m、長さ20m程の滝です。
3
岩の間から水が湧き出て、それが何本もの糸のようになって流れ落ちています。見に来て良かったです。
2017年03月03日 11:10撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の間から水が湧き出て、それが何本もの糸のようになって流れ落ちています。見に来て良かったです。
1
千条の滝からは来た道を少し戻り、鷹巣山への標識に従って登っていきます。途中、駒ヶ岳や神山の展望の良いところがありました。
2017年03月03日 11:35撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千条の滝からは来た道を少し戻り、鷹巣山への標識に従って登っていきます。途中、駒ヶ岳や神山の展望の良いところがありました。
鷹ノ巣山林道に出てきました。正面がこれから向かう鷹巣山です。
2017年03月03日 11:46撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山林道に出てきました。正面がこれから向かう鷹巣山です。
鷹巣山へは階段が続きます。直下には石畳もありました。
2017年03月03日 11:52撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹巣山へは階段が続きます。直下には石畳もありました。
鷹巣山山頂風景。
2017年03月03日 12:12撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹巣山山頂風景。
鷹巣城跡
2017年03月03日 12:12撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹巣城跡
1
鷹巣山からは広い防火帯の道を下って行きます。途中、駒ヶ岳、二子山の眺めのよいところがありました。
2017年03月03日 12:19撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹巣山からは広い防火帯の道を下って行きます。途中、駒ヶ岳、二子山の眺めのよいところがありました。
飛龍ノ滝へは階段をずんずん下って行きます。沢音が聞こえ沢も見えますが、飛龍ノ滝は更に下のようです。
2017年03月03日 12:29撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛龍ノ滝へは階段をずんずん下って行きます。沢音が聞こえ沢も見えますが、飛龍ノ滝は更に下のようです。
長い年月、たくさんの人々に踏まれ続けてきた石畳は、本当によーく滑ります。
2017年03月03日 12:41撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い年月、たくさんの人々に踏まれ続けてきた石畳は、本当によーく滑ります。
飛龍ノ滝:2段に分かれて落ちている滝ですが、全体を見通すことはできません。上段の滝も一部が樹木の陰になっていて見えにくい滝です。
2017年03月03日 12:53撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛龍ノ滝:2段に分かれて落ちている滝ですが、全体を見通すことはできません。上段の滝も一部が樹木の陰になっていて見えにくい滝です。
1
ここからぐんと下って、旧街道の畑宿に向かいます。
2017年03月03日 13:03撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからぐんと下って、旧街道の畑宿に向かいます。
途中から舗装路となり、ここでVターンします。
2017年03月03日 13:22撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から舗装路となり、ここでVターンします。
左の坂を下りてきて、右正面に進みます。
2017年03月03日 13:23撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の坂を下りてきて、右正面に進みます。
畑宿には休憩所の東屋とトイレがありました。ここからすぐのところに
2017年03月03日 13:28撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畑宿には休憩所の東屋とトイレがありました。ここからすぐのところに
箱根路東海道の碑と箱根旧街道一里塚がありました。
2017年03月03日 13:30撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根路東海道の碑と箱根旧街道一里塚がありました。
箱根旧街道の石畳を歩いて行く。
2017年03月03日 13:32撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根旧街道の石畳を歩いて行く。
石畳の下を箱根新道が通る「宙吊り石畳」を歩きました。確かに道路が下にあり車が通って行き、不思議な感じがします。
2017年03月03日 13:35撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石畳の下を箱根新道が通る「宙吊り石畳」を歩きました。確かに道路が下にあり車が通って行き、不思議な感じがします。
石畳の構造。
2017年03月03日 13:38撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石畳の構造。
甘酒茶屋は客でかなり混んでいたので寄りませんでした。昼食時に持参の「甘酒しょうが」を頂きました。
2017年03月03日 14:40撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甘酒茶屋は客でかなり混んでいたので寄りませんでした。昼食時に持参の「甘酒しょうが」を頂きました。
屏風山への登山口は、この甘酒茶屋から元箱根方向に100mほど行った先にありました。
2017年03月03日 14:46撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風山への登山口は、この甘酒茶屋から元箱根方向に100mほど行った先にありました。
樹林帯を行きますが、二子山が展望できるところがありました。
2017年03月03日 15:14撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を行きますが、二子山が展望できるところがありました。
樹木に囲まれて展望はありません(後日:山頂・三角点はこの藪の中40mほど分け入ったところだそうです)。
2017年03月03日 15:27撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹木に囲まれて展望はありません(後日:山頂・三角点はこの藪の中40mほど分け入ったところだそうです)。
樹間から芦ノ湖が見えます。
2017年03月03日 15:35撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から芦ノ湖が見えます。
屏風山は長い尾根でなかなか下りませんが、やがて、屏風山の名前の由来を思わせるような急斜面の下りが出てきます。木の階段がはるか下の方まで急角度で続いて怖いです。鎖も付けられています。
2017年03月03日 15:40撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風山は長い尾根でなかなか下りませんが、やがて、屏風山の名前の由来を思わせるような急斜面の下りが出てきます。木の階段がはるか下の方まで急角度で続いて怖いです。鎖も付けられています。
下り切ると緩やかになり、やがて関所跡に出ます。箱根関所跡を一回りして、国道沿いに「箱根町バス停」に向かいます
2017年03月03日 16:01撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り切ると緩やかになり、やがて関所跡に出ます。箱根関所跡を一回りして、国道沿いに「箱根町バス停」に向かいます
これでやっと箱根外輪山周回踏破です。六筆目でやぁっと完結です。
2017年03月03日 16:05撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これでやっと箱根外輪山周回踏破です。六筆目でやぁっと完結です。
芦ノ湖岸のベンチに腰を下ろし、しばしの〜んびりと余韻に浸ります。神山と駒ヶ岳
2017年03月03日 16:08撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦ノ湖岸のベンチに腰を下ろし、しばしの〜んびりと余韻に浸ります。神山と駒ヶ岳
2
ちょうど観光船が箱根町港に入港するところでした。
2017年03月03日 16:09撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど観光船が箱根町港に入港するところでした。
1

感想/記録

「箱根外輪山周回」踏破に、最後の一筆を書き加えるのが今回の目的でした。
結局、箱根外輪山周回は、六筆書きとなりました。
一筆目:金時神社入口BS→金時山→乙女峠→乙女口BS(2012.1.14)
二筆目:道了尊BS→明神ヶ岳→明星ヶ岳→貫太郎の湯(2013.2.26)
三筆目:道了尊BS→明神ヶ岳→金時山→金時神社入口BS(2014.10.7)
四筆目:宮城野橋BS→明星ヶ岳→塔ノ峰→箱根湯本駅(2016.1.24)
五筆目:乙女峠BS→乙女峠→丸岳→海ノ平→箱根町BS(2016.6.27)
六筆目:箱根湯本駅→浅間山→畑宿→屏風山→箱根町BS(今回)

箱根外輪山周回の赤線は繋がりましたが、湯坂山(第二城山)と屏風山の三角点タッチを失念してしまいました。残念無念!!
訪問者数:387人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ