また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1076374 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大峰山脈

雪の大普賢岳・撤退

日程 2017年03月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴・無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
和佐又林道はNTT中継所まではスタッドレスタイヤ装着していれば特に問題なく上がれますがそこから上は凍結や積雪などで慣れたひと以外は走行できなさそうな感じです。4WDなら難なく走破可能だと思います。下山後は雪もかなり溶けてたので降雪がなければノーマルタイヤでも上がれるかな?ぐらいの道路状況でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間27分
休憩
1時間2分
合計
3時間29分
S和佐又ヒュッテ08:3508:55和佐又のコル10:04日本岳(文殊岳)11:0411:37和佐又のコル11:53和佐又ヒュッテ11:5512:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
和佐又ヒュッテからシダンの窟手前までは新雪がありますが特に問題ないと思います。シダン以降は新雪ふかふかの状況の斜面をトラバースしていくことになりますのでスーパーデンジャラスです。半分以上は前を向いて歩けません。斜面にとりついて横向きで慎重に進む必要がありますので10本以上のアイゼンとピッケルは必須。できれば滑落を想定してヘルメットが必要でハーネスやザイルなどの装備と登攀スキルがなければ安心できないような状況でした。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

撮影機材:

感想/記録

2年ぶりの雪の大普賢でしたが今回はソロ。今までザイルワークのできる相棒がいたのである程度ガンガン進んでいきましたが今回はさすがに登っていけても下りれなくなるかもしれないなと思い日本岳手前で諦めて撤退を決意。直登していた途中なのでそこからのクライムダウンがかなり怖かったですね。あのまま登れば恐らく大普賢岳までそこまで苦もなく(危険はあっても)登頂できたとは思いますが下りれなくなっている可能性はかなり高いでしょうね…新雪ふかふかで不安定な大普賢岳までのコースはスキルと装備が必要だと痛感しました。

写真のアップロードがおかしいのでまた気が向いたら整理してアップすると思います。多分。
訪問者数:676人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/3/5
投稿数: 129
2017/3/4 19:43
 いい判断だよね。
登りより下る方が難しいもんね。
ましてやノーザイルだと早めに判断して正解だと思います。
先行者は獣のみ?
登録日: 2012/10/27
投稿数: 63
2017/3/5 18:23
 Re: いい判断だよね。
まさにトレースは兎と鹿だけでしたよ(笑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ