また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1086695 全員に公開 雪山ハイキング伊豆・愛鷹

天城山周回(天城高原ゴルフ場より)

日程 2017年03月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間12分
休憩
15分
合計
3時間27分
S天城高原ハイカー専用駐車場06:0406:12四辻06:59万二郎岳07:0507:34石楠立07:59万三郎岳08:0809:19四辻09:31天城高原ハイカー専用駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

万二郎岳到着!
2017年03月18日 07:04撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万二郎岳到着!
馬の背と万三郎岳
2017年03月18日 07:09撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背と万三郎岳
1
アイゼン装着
2017年03月18日 07:16撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン装着
灌木のトンネル
2017年03月18日 07:30撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木のトンネル
万三郎岳までもうすぐ
2017年03月18日 07:36撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万三郎岳までもうすぐ
1
雪が深くなってきた
2017年03月18日 07:51撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が深くなってきた
樹々の間から富士山
2017年03月18日 07:58撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹々の間から富士山
万三郎岳到着!
2017年03月18日 08:03撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万三郎岳到着!
三角点タッチ
2017年03月18日 08:04撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点タッチ
1
一番まともに見えた富士山
2017年03月18日 08:11撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番まともに見えた富士山
シャクナゲコースは意外と手ごわかった
2017年03月18日 08:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲコースは意外と手ごわかった
疲れた〜
2017年03月18日 09:35撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れた〜
駐車場から登ってきた山を振り返る
2017年03月18日 09:39撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から登ってきた山を振り返る
1

感想/記録
by hareji

天城高原で車中泊。朝の気温はー1度と寒かった。
万次郎岳直下の急斜面で雪で滑るのでアイゼン装着を試みるが、10年ぶりにアイゼンをつけたのでバンドの締め方がわからず断念。
万二郎岳の下りでも滑るのでもう一度アイゼン装着にチャレンジしたらようやく装着できた。
稜線は展望はないものの、雪山ハイクとしては楽しい道だった。
万三郎岳も展望はなく、樹々の隙間からの富士山だけが慰めだった。
シャクナゲコースは意外にアップダウンが多く、雪と石のミックスルートで手ごわかった。さらに他の人の踏み跡についていったら林道まで降りてしまい、登り返す羽目に・・・反省。
軽いハイキングのイメージだったが、意外とハードでした。
さあ次に登る愛鷹山へ急げ!
訪問者数:278人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

トンネル バンド
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ