また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1089210 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

冬の烏帽子岳〜神威岳(木挽沢林道ルート)

日程 2017年03月20日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴天、風はほとんど無し、時折吹くも一時的。登山口にて気温は3℃で、上部は0℃以下でしょう。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
定山渓ダム 第一展望台に駐車しました。他に5台程ありましたが、ほとんどが釣り目的と思われます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間43分
休憩
58分
合計
7時間41分
Sスタート地点08:4712:19烏帽子岳12:5314:02分岐14:07神威岳14:2714:33分岐14:3716:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
木挽沢林道からの烏帽子岳、神威岳の縦走して適当なルートで戻りました。
コース状況/
危険箇所等
朝方はガリガリした感じでしたが、下山時は緩んでかなりハマりました。トレースはありましたが、人それぞれ行きたいルートを歩いている感じで、我々も自由に歩きました。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 アウター手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー ザック アイゼン 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ GPS 常備薬 保険証 携帯 ストック カメラ スノーシュー

写真

登山口(木挽沢林道)
2017年03月20日 09:03撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口(木挽沢林道)
2
登山口直後にて、前日のスキーやつぼ足、スノーシューなどのトレースが凍った感じ。
2017年03月20日 09:07撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口直後にて、前日のスキーやつぼ足、スノーシューなどのトレースが凍った感じ。
2
岩が崩れて落ちている
2017年03月20日 09:35撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が崩れて落ちている
1
最初はガリガリとあまりハマらないのでつぼ足でGO
2017年03月20日 09:38撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はガリガリとあまりハマらないのでつぼ足でGO
3
雪崩の跡もいくつか見られる
2017年03月20日 10:02撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩の跡もいくつか見られる
1
雪崩が起こりそうな斜面、雪が転がりまくっているのが見える
2017年03月20日 10:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩が起こりそうな斜面、雪が転がりまくっているのが見える
1
ここでスノーシュー装着
2017年03月20日 10:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでスノーシュー装着
1
適当に道を選んで歩く
2017年03月20日 11:18撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当に道を選んで歩く
2
途中で神威岳が見える
2017年03月20日 12:00撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で神威岳が見える
4
烏帽子岳の最後の急登。ほとんどが崖で登れない。
2017年03月20日 12:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳の最後の急登。ほとんどが崖で登れない。
2
烏帽子岳の山頂間際
2017年03月20日 12:24撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳の山頂間際
3
烏帽子岳からの展望
2017年03月20日 12:32撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳からの展望
3
ミニカップ麺を食べる
2017年03月20日 12:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニカップ麺を食べる
3
遂にソリを使う時が来た
2017年03月20日 13:05撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遂にソリを使う時が来た
2
とにかく隙あればソリで滑走
2017年03月20日 13:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく隙あればソリで滑走
4
神威岳への道のりもなかなか険しい
2017年03月20日 13:49撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神威岳への道のりもなかなか険しい
3
神威岳の上部ではスノーシューでもかなりのハマリ
2017年03月20日 14:05撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神威岳の上部ではスノーシューでもかなりのハマリ
2
神威岳からの展望
2017年03月20日 14:18撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神威岳からの展望
3
神威岳からの展望2
2017年03月20日 14:36撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神威岳からの展望2
2
下山は基本つぼ足で、ハマってでもガンガン行く!
2017年03月20日 15:02撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は基本つぼ足で、ハマってでもガンガン行く!
2
ザクザクしてハマりすぎる
2017年03月20日 15:02撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザクザクしてハマりすぎる
2
雪庇からの落雪が見られる
2017年03月20日 16:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇からの落雪が見られる
撮影機材:

感想/記録
by grane

2人で神威岳に上がってから烏帽子岳に回って下山するという考えもありましたが、神威岳への道が困難だったので烏帽子岳から目指すルートになりました。

トレースは2・3ありましたが、人それぞれかなり自由なルートだったので、自分たちも自由に行けるところを模索しました。最初はつぼ足、途中からスノーシューです。高度800mを超えると雪はサラサラしています。ラッセルという程でもないですが、30cmハマるところもありました。急登になると私の方がラクになるので先行したりです。

最大の失態は、定山渓のコンビニで買った【おにぎり2個】と、エネルギー補給の【ぷっちょアールスメロン味】を持ち忘れた事でした。お昼はミニカップ麺とカバンに常備しているLOOKチョコ、ナッツを少々食べて頑張りました。

下りはいつものバックグラウンドソリerで、スノーシューがソリと相性が悪いので、つぼ足が基本です。木挽沢林道、朝はガチガチだったのに夕方には溶けてハマる・・・長くて辛かったです。
訪問者数:363人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ