ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1094532 全員に公開 山滑走八幡平・岩手山・秋田駒

陵雲荘をベースに 八幡平&畚岳

日程 2017年03月25日(土) 〜 2017年03月26日(日)
メンバー
 Yossy1904(記録)
, その他メンバー6人
天候曇り〜快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
アスピーテライン秋田側、蒸の湯ゲートまで車が入れる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間40分
休憩
1時間13分
合計
4時間53分
S大深温泉バス停09:2911:16田代沼11:1712:01藤助森12:0212:15八幡平12:2112:37陵雲荘13:1913:27ガマ沼13:2813:36見返峠13:5814:11ガマ沼14:22陵雲荘
2日目
山行
4時間35分
休憩
49分
合計
5時間24分
陵雲荘06:3207:01鏡沼分岐07:0207:07八幡平山頂レストハウス07:0907:48裏岩手縦走路入口07:4907:56藤七温泉分岐07:5808:14畚岳分岐08:1708:27畚岳08:5509:13畚岳分岐09:22藤七温泉分岐09:29裏岩手縦走路入口09:3910:21八幡平山頂レストハウス11:29田代沼11:3111:56大深温泉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ポールやピンクリボンが山頂まで続き、視界さえ良ければ迷うことは無い。
道路の除雪が進んでいるので、スキーの場合は転落に注意。

写真

蒸の湯ゲートまでは車で入れる。
2017年03月25日 09:26撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒸の湯ゲートまでは車で入れる。
夏道登山口付近から山に入る。
2017年03月25日 09:34撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道登山口付近から山に入る。
1
藤助森付近の樹氷原を登る。
2017年03月25日 11:44撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤助森付近の樹氷原を登る。
2
山頂は平原の中。
目印は300番の指導標。
2017年03月25日 12:19撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は平原の中。
目印は300番の指導標。
2
陵雲荘の夜。
夏の間にデポした薪を焚く。
2017年03月25日 17:52撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陵雲荘の夜。
夏の間にデポした薪を焚く。
6
八幡平山頂の夜明け。
2017年03月26日 05:30撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡平山頂の夜明け。
19
樹氷が輝きはじめる。
2017年03月26日 05:38撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷が輝きはじめる。
22
3年連続で、山頂からご来光を拝むことができた。
2017年03月26日 05:39撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3年連続で、山頂からご来光を拝むことができた。
11
陵雲荘と岩手山。
2017年03月26日 05:53撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陵雲荘と岩手山。
28
二日目は畚岳まで足をのばす。
2017年03月26日 06:53撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目は畚岳まで足をのばす。
11
畚岳の向こうは裏岩手縦走路。
2017年03月26日 06:53撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畚岳の向こうは裏岩手縦走路。
18
雪に埋もれるアスピーテライン。
2017年03月26日 07:11撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪に埋もれるアスピーテライン。
6
畚岳って、こんなにかっこ良かったかな・・。
2017年03月26日 07:17撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畚岳って、こんなにかっこ良かったかな・・。
13
スキーをデポし、つぼ足で山頂に向かう。
2017年03月26日 08:23撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーをデポし、つぼ足で山頂に向かう。
3
畚岳から見る八幡平。
2017年03月26日 08:18撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畚岳から見る八幡平。
9
裏岩手縦走路。
2017年03月26日 08:34撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏岩手縦走路。
6
少しだけシールを外し滑ってみる。
雪質は上々だが凹凸があり苦労する。
2017年03月26日 09:11撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけシールを外し滑ってみる。
雪質は上々だが凹凸があり苦労する。
3
この日のリーダー。
地元、鹿角出身だけに雪を選ばない安定した滑り。
2017年03月26日 09:11撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日のリーダー。
地元、鹿角出身だけに雪を選ばない安定した滑り。
3
標高1500m以上はモンスター達も健在。
2017年03月26日 10:06撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1500m以上はモンスター達も健在。
11
季節風はなんでもモンスターにしてしまう。
2017年03月26日 10:17撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
季節風はなんでもモンスターにしてしまう。
13
藤助森に戻る。
2017年03月26日 09:45撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤助森に戻る。
5
藤助森からは再びシールを外す。
緩斜面だがよく滑る雪で、思い思いのシュプールを刻む。
2017年03月26日 11:41撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤助森からは再びシールを外す。
緩斜面だがよく滑る雪で、思い思いのシュプールを刻む。
1

感想/記録

天候の安定する3月、毎年八幡平を訪れます。
陵雲荘には立派なストーブがあり、夏にデポした薪を焚くと暖かい夜を過ごすことができます。

1日目
例年、岩手側から登っていたが、今年は趣向を変え秋田側から。
蒸の湯ゲートまで除雪が終わっていたので、スキー場のリフトを使わずに済む。
昼には小屋に着き、裏岩手方面へショートツアー。
途中で霰が降りはじめたので小屋に戻り、ストーブに薪をくべて早めの宴会へ。

2日目
今年も素晴らしい夜明けを迎えることができた。
岩手山、乳頭、秋田駒、振り返ると焼山、森吉・・、東から順に輝き始める。
朝食後、畚岳へ。
山頂から360度の大展望を楽しんだ後は、藤助森からツリーラン。
季節外れの粉雪にそれぞれのシュプールを刻むと、あっという間に蒸の湯ゲートが見えてきた。

訪問者数:1921人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ