また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1096381 全員に公開 雪山ハイキング日高山脈

芽室岳【北東尾根、途中撤退】

日程 2017年04月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
3月末に円山展望台まで除雪が入りました。
昨年の台風被害の影響で旭山からのアクセスのみとなります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間51分
休憩
0分
合計
5時間51分
Sスタート地点05:0609:07Co124110:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
育成牧場の取付道路から入り、一部放牧地を通りますが未だこの時期、電気牧柵はありません。
尾根上はCo1100くらいから深い穴が雪に隠れています。踏み抜きに注意して下さい。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

夜が明けると見えてきました。待ちに待ったターゲット
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が明けると見えてきました。待ちに待ったターゲット
5
モルゲンロートで最高のスタートです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンロートで最高のスタートです
8
振り返ると円山展望台より上にいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると円山展望台より上にいました
2
これから行く尾根。期待に胸が膨らみます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行く尾根。期待に胸が膨らみます
2
主稜線手前の急登は広葉樹林でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線手前の急登は広葉樹林でした
1
昨日の降雪と青空が見事な景色を織り成しています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日の降雪と青空が見事な景色を織り成しています
5
「ご機嫌だぜ〜」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ご機嫌だぜ〜」
13
十勝平野は雲の下です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝平野は雲の下です
2
ついに現る、芽室岳(西峰)の勇姿
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに現る、芽室岳(西峰)の勇姿
7
冷凍とろろ昆布だ・・・
実はサルオガセと言い、寄生された木は養分を吸いとられてやがて枯れてしまいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷凍とろろ昆布だ・・・
実はサルオガセと言い、寄生された木は養分を吸いとられてやがて枯れてしまいます
4
ん、ガスが上がってきたな・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん、ガスが上がってきたな・・・
2
右側がトドマツの密林、左側は雪庇。だんだん歩き難くなってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側がトドマツの密林、左側は雪庇。だんだん歩き難くなってきました
3
あらら・・・どこから抜け出そう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あらら・・・どこから抜け出そう?
3
雪庇の下は歩きたくないし・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇の下は歩きたくないし・・・
2
結局雪を被りながら密林から脱出
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局雪を被りながら密林から脱出
4
雪の下に隠れていた穴は1.5mくらいありました。恐い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の下に隠れていた穴は1.5mくらいありました。恐い!
9
尾根上に立ち塞がる大岩と密林。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上に立ち塞がる大岩と密林。
2
急斜面のラッセルは太腿まで沈み、密林と灌木に心が折れそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面のラッセルは太腿まで沈み、密林と灌木に心が折れそうです
3
「心が折れました」m(__)m
タイムリミットまで一時間弱ありましたが悔しいけど撤退します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「心が折れました」m(__)m
タイムリミットまで一時間弱ありましたが悔しいけど撤退します。
6

感想/記録

ご承知のとおり、昨年8月末の台風被害により、十勝からアクセスする大半の山々が林道の損壊で入山できなくなりました。私の大好きな芽室岳も登山口まで入れないので、地図を眺め「円山展望台辺りから登れないだろうか?」と考えました。そして、ついに除雪が入り、アクセス出来るのを確認できたので挑戦してみました。

この日は快晴とは言えませんでしたが、寒すぎもなく微風の登山日和。しかし夕方から外せない用があったので10:00amを以て下山開始のリミットとしました。
なので芽室岳までは次回に持ち越して最初のピーク(1537m)を目標にしました。

5:00am、西側の山々が赤く染まるモルゲンロートをみながら育成牧場から尾根に取り付きます。雪もそこそこ締まり、快適に主稜線に合流しました。
昨日降った雪が樹木を覆い、青空をバックに朝日を浴びている景色はなんて美しいのでしょう・・・
不安など一切感じずに最高に楽しい稜線を軽快に登りました。この時までは・・・

やがて十勝平野に広がっていた雲海が尾根まで上がってきて、みるみる視界が悪くなってきます。それでも最初のピークまでは何としても行きたく、尾根を登り続けることCo1100くらいからでしょうか、稜線右側のトドマツの密林が大岩と共に行く手を阻み、手で灌木を掻き分け雪を被りながらクリアする事数回、そのうちほとんど前進出来ない状態でCo1241付近に於いてラッセルの深さも相まって遂に心が折れました。

せめて最初のピークまで行きたかったです。
訪問者数:603人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/4/3
投稿数: 1
2017/4/3 11:17
 ラッセルありがとうございました。
牧場淵で会ったtaka-suと言います。
その日はバテバテで1532が限界でした。
ezo-wolfさんのラッセルが無ければ、途中で帰ったと思います。
下山は夏道を来たのですが、小屋の周りは前の面影が無いほど酷い状態でした。
十勝の山は行ける山が無くなりましたよね。
今回の山行2日間で、お会いしたのはezo-wolfさんでした。
ezo-wolfさんの記録をみて参考にさせていただきます。
登録日: 2014/11/9
投稿数: 406
2017/4/3 16:33
 Re: ラッセルありがとうございました。
お疲れ様でした
あんなに重たそうな泊まり装備のザックで1532まで上がってしまうとはスゴいですね。
密林帯ではラッセルと共にさぞかし苦労された事と思います。
それにしても、まさか私以外に同じルートで登る方がいらっしゃるとは想定外だけに、taka-suさんが登って来られるお姿を見かけたときにはとっても嬉しい気持ちになりました。
このルートはもう一度リベンジしたいと思っています。
またお会いしたいです。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ