また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1098243 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

赤坂山

日程 2017年04月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
マキノ高原駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間29分
休憩
43分
合計
4時間12分
Sマキノ高原温泉さらさ10:4510:51赤坂山・三国山登山口10:5211:28武奈の木平11:2912:09鉄塔広場12:13粟柄越12:1612:27赤坂山12:5613:11明王ノ禿13:1913:42赤坂山13:52鉄塔広場14:26武奈の木平14:2714:50赤坂山・三国山登山口14:57マキノ高原温泉さらさ14:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

青空に映える白い稜線を仰ぎ見ながら、マキノ高原を出発します。
2017年04月02日 10:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映える白い稜線を仰ぎ見ながら、マキノ高原を出発します。
1
ゲレンデを通り抜けて赤坂山歩道に進むと、初めのうちは残雪がちらほらといったところですが、
2017年04月02日 11:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデを通り抜けて赤坂山歩道に進むと、初めのうちは残雪がちらほらといったところですが、
やがて、雪がつながるようになります。
2017年04月02日 11:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて、雪がつながるようになります。
栗柄越四等三角点に立ち寄り、
2017年04月02日 11:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗柄越四等三角点に立ち寄り、
急坂をひと登りで、ブナの木平に達します。
2017年04月02日 11:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂をひと登りで、ブナの木平に達します。
東屋の脇から眺める明王の禿。
2017年04月02日 11:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋の脇から眺める明王の禿。
雪解け水を集めて迸る沢の流れに沿って進み、
2017年04月02日 11:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪解け水を集めて迸る沢の流れに沿って進み、
堰堤を乗り越えた先からジグザグ道を辿ります。古道の面影を宿す石畳は雪の下です。
2017年04月02日 11:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を乗り越えた先からジグザグ道を辿ります。古道の面影を宿す石畳は雪の下です。
1
根開きのブナ林を進みます。
2017年04月02日 11:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根開きのブナ林を進みます。
途中、ジグザグに登る夏道を離れて尾根伝いに踏み跡が続いています。
2017年04月02日 12:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、ジグザグに登る夏道を離れて尾根伝いに踏み跡が続いています。
北近江線乙第20号鉄塔から赤坂山の頂上を見定めます。
2017年04月02日 12:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北近江線乙第20号鉄塔から赤坂山の頂上を見定めます。
ほどなく粟柄越に達します。稜線一帯は吹き曝しのため、風が吹き付けます。
2017年04月02日 12:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく粟柄越に達します。稜線一帯は吹き曝しのため、風が吹き付けます。
岩を穿って安置されたお地蔵様が見守る粟柄越。
2017年04月02日 12:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を穿って安置されたお地蔵様が見守る粟柄越。
北近江線乙第19号鉄塔の脇を通過して、ひと登りで、
2017年04月02日 12:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北近江線乙第19号鉄塔の脇を通過して、ひと登りで、
見晴らしの良い赤坂山の頂上に到着し、まずは展望を楽しみます。東から南にかけては、琵琶湖とそれを取り巻く山々をぐるりと見渡し、
2017年04月02日 12:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い赤坂山の頂上に到着し、まずは展望を楽しみます。東から南にかけては、琵琶湖とそれを取り巻く山々をぐるりと見渡し、
2
目を凝らすと、白い頂が目立つ伊吹山、
2017年04月02日 12:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目を凝らすと、白い頂が目立つ伊吹山、
5
琵琶湖の対岸に並ぶのは霊仙山と御池岳。
2017年04月02日 12:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖の対岸に並ぶのは霊仙山と御池岳。
1
比良山系は蓬莱山や武奈ヶ岳などを見定めていきます。
2017年04月02日 12:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良山系は蓬莱山や武奈ヶ岳などを見定めていきます。
南方に大谷山、大御影山、雲谷山の右奥には若狭湾が見通せ、北方の三国山に続きます。
2017年04月02日 12:34撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方に大谷山、大御影山、雲谷山の右奥には若狭湾が見通せ、北方の三国山に続きます。
1
三国山の右後方には、白山連峰の姿も。
2017年04月02日 12:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山の右後方には、白山連峰の姿も。
1
白山をズームアップ。純白の山肌がはっきりと見て取れます。
2017年04月02日 12:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山をズームアップ。純白の山肌がはっきりと見て取れます。
2
そして、眼下に広がるのは琵琶湖の眺め。岩陰で風を凌ぎながらお昼の時間とします。
2017年04月02日 12:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、眼下に広がるのは琵琶湖の眺め。岩陰で風を凌ぎながらお昼の時間とします。
1
赤坂山の頂上を後にして、明王の禿を目指して、雪の斜面を下り始めます。踏み跡を辿って進みますが、さすがに午後に入って雪が緩み、ズボズボと踏み抜き、足を取られることが多くなります。
2017年04月02日 12:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤坂山の頂上を後にして、明王の禿を目指して、雪の斜面を下り始めます。踏み跡を辿って進みますが、さすがに午後に入って雪が緩み、ズボズボと踏み抜き、足を取られることが多くなります。
1
奇岩が点在する明王の禿に差し掛かります。地肌が露わとなった尾根の左手を巻いて、
2017年04月02日 13:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇岩が点在する明王の禿に差し掛かります。地肌が露わとなった尾根の左手を巻いて、
1
明王の禿の最高点へ。
2017年04月02日 13:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明王の禿の最高点へ。
2
来し方を振り返り、琵琶湖と赤坂山を見渡します。この先、三国山まで足を伸ばそうかと思っていましたが、踏み抜きが多く時間がかかりそうなので、
2017年04月02日 13:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来し方を振り返り、琵琶湖と赤坂山を見渡します。この先、三国山まで足を伸ばそうかと思っていましたが、踏み抜きが多く時間がかかりそうなので、
大人しく来た道を引き返します。周囲にはトクワカソウの艶やかな葉が目立ちますが、花が咲くにはまだしばらくかかりそう。
2017年04月02日 13:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大人しく来た道を引き返します。周囲にはトクワカソウの艶やかな葉が目立ちますが、花が咲くにはまだしばらくかかりそう。
1
明王の禿から赤坂山へと続く道。
2017年04月02日 13:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明王の禿から赤坂山へと続く道。
金糞岳から伊吹山まで続く伊吹山地の山並みを背に、雪の斜面を登り返して、
2017年04月02日 13:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞岳から伊吹山まで続く伊吹山地の山並みを背に、雪の斜面を登り返して、
1
赤坂山の頂上を越えると、粟柄峠は経ずに北近江線乙第20号鉄塔にショートカットする踏み跡を辿ります。
2017年04月02日 13:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤坂山の頂上を越えると、粟柄峠は経ずに北近江線乙第20号鉄塔にショートカットする踏み跡を辿ります。
1
午後の日差しを浴びながらブナ林を下ります。これだけのお天気ということもあって、
2017年04月02日 13:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後の日差しを浴びながらブナ林を下ります。これだけのお天気ということもあって、
雪解け水で川のようになった登山道を進んで、マキノ高原に向かいます。
2017年04月02日 14:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪解け水で川のようになった登山道を進んで、マキノ高原に向かいます。
撮影機材:

感想/記録

 昨年よりは明らかに多い雪。ブナの木平の手前から雪が繋がるようになります。赤坂山まではそれなりに締まって歩きやすい道ですが、その先は雪が緩んで踏み抜くことが多く、三国山まで行くのは諦めて明王の禿で引き返します。登り始めが遅かったので仕方ありません。雪解けで露わになった地肌も葉ばかりが目立ち、お花の時期まではしばらくかかりそうです。
訪問者数:849人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ