また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1099319 全員に公開 ハイキング大峰山脈

白屋岳〜鎧岳

日程 2017年04月02日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー10人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
出発地:白屋集落跡の展望台P (きれいなトイレあり)
下山地:東川遊歩道入口P
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間51分
休憩
1時間6分
合計
8時間57分
Sスタート地点08:2109:28小屋10:40展望地11:28白屋岳12:0012:10白屋岳・焼山の分岐12:59焼山13:49焼山14:15ユキヤ峰14:2015:10丸山15:1516:26展望台16:5017:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・焼山から林道への下りは激下りで滑りやすいです。
・丸山から鎧岳山頂展望台下までは、読図がかなり難しいです。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

登山口には広い駐車場があります。桜を植えて整備が進んでるらしいです
(t)
2017年04月02日 08:31撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口には広い駐車場があります。桜を植えて整備が進んでるらしいです
(t)
3
駐車場、きれいなトイレもあるし(p)
2017年04月02日 08:33撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場、きれいなトイレもあるし(p)
1
今日は空がきれい。雪をかぶっているのは大所山でしょうか(t)
2017年04月02日 08:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は空がきれい。雪をかぶっているのは大所山でしょうか(t)
登山口の少し手前に不動明王が祀られてます。「前は滝があったのかもな」とリーダー。(p)
2017年04月02日 09:02撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の少し手前に不動明王が祀られてます。「前は滝があったのかもな」とリーダー。(p)
駐車場から登山口までちょっと歩きます。(p)
2017年04月02日 09:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から登山口までちょっと歩きます。(p)
この小屋のところで、ぐいっと曲がる。(p)
2017年04月02日 09:28撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小屋のところで、ぐいっと曲がる。(p)
最初の展望地。大峰の四寸岩山から大台ケ原などの山々が確認できます。(t)
2017年04月02日 10:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の展望地。大峰の四寸岩山から大台ケ原などの山々が確認できます。(t)
3
パノラマだとこんな感じ。(p)
2017年04月02日 10:40撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマだとこんな感じ。(p)
西側一番奥に葛城・金剛。(p)
2017年04月02日 10:41撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側一番奥に葛城・金剛。(p)
4
白屋岳山頂まで、もうひと頑張り。この後リーダーの粋な計らいで、白屋岳が初めての私は先頭を歩かせてもらいました。(p)
2017年04月02日 11:19撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白屋岳山頂まで、もうひと頑張り。この後リーダーの粋な計らいで、白屋岳が初めての私は先頭を歩かせてもらいました。(p)
2
結構雪がでてきました。アイゼン装着しましょう(t)
2017年04月02日 11:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構雪がでてきました。アイゼン装着しましょう(t)
2
白屋岳山頂とうちゃーく。(p)
2017年04月02日 11:28撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白屋岳山頂とうちゃーく。(p)
2
白屋岳の山頂です
少し早いですがお昼ごはんです。(t)
2017年04月02日 11:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白屋岳の山頂です
少し早いですがお昼ごはんです。(t)
1
(t)
白屋岳山頂からちょっと戻って、焼山ピークを目指します。(p)
2017年04月02日 12:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(t)
白屋岳山頂からちょっと戻って、焼山ピークを目指します。(p)
コンパスに焼山ピークの方角を記憶させて進みます。(p)
2017年04月02日 12:25撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンパスに焼山ピークの方角を記憶させて進みます。(p)
焼山という地名があるのですが、このピンクの山名板のある場所(白屋岳から北西に600mぐらい)なのか、この先の林道をおりて、また登り返したピークなのか定かじゃないそうです(t)
2017年04月02日 12:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山という地名があるのですが、このピンクの山名板のある場所(白屋岳から北西に600mぐらい)なのか、この先の林道をおりて、また登り返したピークなのか定かじゃないそうです(t)
1
白屋岳から林道までの区間は痩せ尾根、ブッシュがありとてもあぶないところです。お助けロープをはってもらいました(t)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白屋岳から林道までの区間は痩せ尾根、ブッシュがありとてもあぶないところです。お助けロープをはってもらいました(t)
2
こちらが、林道おりてまた登り返したピークの焼山、ゼンリン版だそうです。(p)
2017年04月02日 13:49撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが、林道おりてまた登り返したピークの焼山、ゼンリン版だそうです。(p)
1
ユキヤ峰。綺麗な名前ですね。もう、雪もなさそうなので、アイゼンをはずしましょう(t)
この後、鹿除け(?)ネットの間を進む。ネットとネットの間を歩いてると、自分が除けられてるような気がしてきた。(P)
2017年04月02日 14:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキヤ峰。綺麗な名前ですね。もう、雪もなさそうなので、アイゼンをはずしましょう(t)
この後、鹿除け(?)ネットの間を進む。ネットとネットの間を歩いてると、自分が除けられてるような気がしてきた。(P)
(t)
きれいに手入れされた杉林の間を通過します。(p)
2017年04月02日 15:03撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(t)
きれいに手入れされた杉林の間を通過します。(p)
792mのピークは通称、丸山で、点名東川とかいて「ウノカワ」というそうです。(t)
ここから先は、落ちこぼれてリーダーの読図レクチャーについていけなくなりました。(p)
2017年04月02日 15:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
792mのピークは通称、丸山で、点名東川とかいて「ウノカワ」というそうです。(t)
ここから先は、落ちこぼれてリーダーの読図レクチャーについていけなくなりました。(p)
1
展望台へ向かいます。(p)
2017年04月02日 16:21撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台へ向かいます。(p)
さぁ、最後の登りです。
階段・・・・(t)
2017年04月02日 16:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、最後の登りです。
階段・・・・(t)
腐った木の階段に足を乗せるとこんなことに。危ないです(t)
階段を破壊して転倒したpapi-leo。体重が重いからとか、役場に謝りに行けとか言われたけど、これはほとんどロシアン・ルーレットや(>_<)(p)
2017年04月02日 16:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腐った木の階段に足を乗せるとこんなことに。危ないです(t)
階段を破壊して転倒したpapi-leo。体重が重いからとか、役場に謝りに行けとか言われたけど、これはほとんどロシアン・ルーレットや(>_<)(p)
2
鎧岳の山頂にはこんな展望台があります。(t)
この鎧岳山頂より、南西方向の吉野川に面した斜面が(p)
2017年04月02日 16:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎧岳の山頂にはこんな展望台があります。(t)
この鎧岳山頂より、南西方向の吉野川に面した斜面が(p)
1
皆さんご存知のここです。(p)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さんご存知のここです。(p)
2
展望台からはこんな風景がみられます。(t)
一番奥に大台ケ原が。ダムや集落の人工物と自然が作る一幅の絵になってました。(p)
2017年04月02日 16:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からはこんな風景がみられます。(t)
一番奥に大台ケ原が。ダムや集落の人工物と自然が作る一幅の絵になってました。(p)
4
はい、お疲れ様でした。(t)
2017年04月02日 17:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、お疲れ様でした。(t)
朝、車をデポした東川遊歩道入口に到着です。(p)
2017年04月02日 17:20撮影 by FinePix XP150, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、車をデポした東川遊歩道入口に到着です。(p)
1

感想/記録
by tarami

  所属する山の会の例会で、白屋岳を案内していただきました。
白屋岳、植林の山ってイメージなのですが、Sリーダーと一緒に歩けば、いろんな歴史も学べて楽しくなります。白屋岳までは地元の中学校の登山コースにもなっているみたいです。
 途中、展望のよいところで、大峰の山々が見えました。空も青くて気持ちよい。雪が思ったよりあるので、アイゼンを装着しました。これで、安心して歩けるね。山頂まで登ったところで、綺麗な景色を眺めながらご飯です。行程の実は1/3ぐらいの場所なんですけどね〜。
 ここからは、ほぼ下り基調です。でも痩せ尾根あり雪あり、ブッシュありで、なかなか大変。お助けロープもだしてもらいました。このあと、焼山、ユキヤ峰、丸山、鎧岳と尾根をつないで歩きます。地図を見ながらコンパスを合わせ合わせして、あるきます。山の名前も残っているけれど、地図にはもう記載されなくなっていく山があるので、山名板に残そうとつとめてらっしゃる方も今回は一緒です。そんな風に、いままでは、考えたこともなかったけど、なるほどなぁと感じます。やたらとたくさんの山名板は必要ではないけど、きちんとした名前、残してほしいですね。
 最後の鎧岳は、遊歩道もついた山なんですが、ここにたどり着くまでのルート取りが難しかったです。まだまだ、地図が読めてないなぁと反省。そしてその難所をぬけると今までの嘘のような、遊歩道が現れました。随分お金かけてつくられた階段やら展望台!なんですけど、きっと訪れる人は残念ながら、少なそうやなぁ。
 ただ、展望台からの景色は秀逸ですよ。大滝ダムがよく見えましました。なが〜いコース、ヘッドランプ出動かと思ったけど、頑張って明るいうちに下山できました。どうもありがとうございました

感想/記録

白屋岳といえば、R169を走っていると左手に見えているけれど、私は未踏でした。今回はリーダーが「土倉庄三郎さんの名前が彫られた、あの上の山とつないで歩けるんや。みんなで行こらー」と企画してくださいました。どんなルートか楽しみです。

リーダーが歩きながら読図やコンパスの取り方を説明してくださいます。
何度教わってもなかなか進歩しなくて申し訳ないです。それでも、わからなかったことがわかるとうれしくて楽しい! 地形や歴史の話を聞かせていただきながら歩くと、山歩きにぐんと奥行きがでます。

今日は展望のいいところは少ないよ、と聞いてましたが、白屋岳山頂手前の展望地、狭い山頂、最後の鎧岳の展望台と素晴らしい景色が見られました。おまけに今シーズン最後の雪景色となり、得した気分です。
遊歩道を整備して階段や立派な展望台も作って、ずいぶんお金もかかっているでしょう。もっとみんなで歩かないと勿体ないですね。R169から橋を渡って、下山地の遊歩道入口広場までは桜並木です。みんなで桜を見に行って、ついでに鎧岳の展望台にも登ろう! でも、木の階段にはご用心を。



訪問者数:586人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン コンパス 林道 デポ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ