また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1099718 全員に公開 ハイキングアジア

ネパールヒマラヤ マルディヒマル 3日目/5 フォレストキャンプからハイキャンプ

日程 2017年03月25日(土) 〜 2017年03月30日(木)
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
1日目にフェディからハイキング開始。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間23分
休憩
0分
合計
6時間23分
Sスタート地点07:3513:58ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
通常の登山道。雪が残っているためスリップ注意。軽アイゼンあればなおよい。
その他周辺情報2日目の記録はこちら
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1098855.html

ツアー詳細は以下ご参照ください。
http://etour.web.fc2.com/201703himalaya.html
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

ここにも牛がいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも牛がいます
1
Oat Porridge with fruit and milk
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Oat Porridge with fruit and milk
1
シャクナゲの花びら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの花びら
さわると手がかぶれる草。一方で調理して食べたり、ワインの原料にもなるそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわると手がかぶれる草。一方で調理して食べたり、ワインの原料にもなるそうです。
雪山見えました!!!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪山見えました!!!!
1
晴れていれば、雄大な景色あみられる場所。今日はガス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れていれば、雄大な景色あみられる場所。今日はガス。
ミドルキャンプで昼食
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミドルキャンプで昼食
カレーとベジスープ。ほぼ一緒です(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレーとベジスープ。ほぼ一緒です(笑)。
1
雪が出てきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が出てきました
こんなところにも家畜のふんが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところにも家畜のふんが
ハイキャンプに到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイキャンプに到着
部屋はこんな感じ。地震で崩れ、立て直したので隣室との壁は穴だらけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
部屋はこんな感じ。地震で崩れ、立て直したので隣室との壁は穴だらけ。
1
ガスが晴れるかと思いきや
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが晴れるかと思いきや
すぐに隠れてしまいます。今日はビューはなしでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに隠れてしまいます。今日はビューはなしでした。
地震で崩れた建物。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地震で崩れた建物。

感想/記録

ハイキング3日目。
昨日、今日と天気がいまいち。雨にこそふられないものの、霧で視界のない日が続きました。

ただ、もともと今日の前半まではほとんど樹林帯なのであまり関係ないと言えばないのですが。
霧に覆われていることが多く、苔むした世界は屋久島のようです。ジャングルの中を歩くような感じで、太古の世界に迷い込んだような感じです。
シャクナゲの種類も変わり、真っ赤なシャクナゲが多かったところから、少し薄い紫に近いものも見られるようになりました。

花の種類も豊富で、リンドウほか、可憐な花々が目を楽しませてくれます。

ほぼ霧の中だったのですが、一度だけ視界が明るくなり、木々の間から雪山が姿を現してくれました。ヒウンチュリとアンナプルナサウスです。ただ、一度きりでその後は一度も姿を現してくれませんでした。

昼食は3250Mのミドルキャンプにて。このあたりから、視界が開けてきます。晴れていれば素晴らしいパノラマだったでしょうが・・・。ここの食事は、今回の全行程の中で比較的おいしい食事でした。

この先もシャクナゲは生えていますがそれほど背は高くなく、視界の妨げにもなりません。草原地帯を黙々と登っていきます。

3350Mあたりから、雪が目立つようになります。アイゼンはなくても大丈夫ですが、スリップには注意です。もう少し早い時期に来る場合は、アイゼンも必要になってくるでしょう。

そして昼前にハイキャンプ3520Mに到着。霧の中。
ここは前回の地震で建物が壊れ、新しくつくりなおしたもののようです。

そこそこ寒いですが、この雪の積もる中、テントで宿泊予定の大学生らしきグループもいました。

昨日は夜中曇っていても朝方霧が晴れて視界が開けたようす。明日もそれに期待します。

翌4日目の記録はこちら。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1098647.html
訪問者数:206人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ