また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1099873 全員に公開 ハイキング四国

平野(旧馬道)→白木山【徳島・牟岐】

日程 2017年04月05日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間45分
休憩
1時間16分
合計
7時間1分
Sスタート地点08:0908:191つ目の石橋08:2008:232つ目の石橋08:23路間違いからの分岐の確認08:48林道に合流08:49再び山道へ10:07路を間違えて、炭焼窯跡を超えて進んでしまう10:3510:42ルート修正後の炭焼窯跡11:38ピークの783m地点11:46絶景ポイント11:5012:03白木山プレート12:0512:07鳴門岳友会の白木山ポール地点・昼食休憩12:4813:01林道に下山15:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登るにつれ、雑木になり出すと路が判りづらく、細い木が生えてきていたり
、倒木があったりして進みにくくなる。
その他周辺情報大岩の横を巻いて進むところが、下側が絶壁なので、少し怖い。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) 時計 ストック カメラ
共同装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) 時計 ストック カメラ

写真

1つ目の石橋(渡してある杉の木が古いので、用心して渡らず、下からパスした。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1つ目の石橋(渡してある杉の木が古いので、用心して渡らず、下からパスした。)
急にシダが多くなる。左側斜面の方を歩くのは危険!山側寄りを進むべし!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急にシダが多くなる。左側斜面の方を歩くのは危険!山側寄りを進むべし!
分岐点 ここを右に行かなくてはいけない。(左手の方がはっきりしているので、間違ってしばらく進んでしまった。)
マークとして石に赤テープを巻きつけてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点 ここを右に行かなくてはいけない。(左手の方がはっきりしているので、間違ってしばらく進んでしまった。)
マークとして石に赤テープを巻きつけてきた。
こちらは、間違った道方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは、間違った道方向
登りきって、右に行くと林道に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきって、右に行くと林道に合流。
林道を少し行くとこの目印から右手に山道に入っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を少し行くとこの目印から右手に山道に入っていく。
斜面側面のには石垣を施している所が多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面側面のには石垣を施している所が多い。
左手にこの炭焼窯跡を見たら、道間違い。この少し手前を、左手に登る進路をとらなければならない。分かりづらいので、赤テープを巻いてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手にこの炭焼窯跡を見たら、道間違い。この少し手前を、左手に登る進路をとらなければならない。分かりづらいので、赤テープを巻いてきた。
また、別の炭焼窯跡が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、別の炭焼窯跡が
キレイに石を切って加工されていることに、感心させられる。(排水口らしい)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレイに石を切って加工されていることに、感心させられる。(排水口らしい)
山の上に大きな岩がある光景は良く見るが、何でだろうと不思議に思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の上に大きな岩がある光景は良く見るが、何でだろうと不思議に思う。
尾根を進み、急な登りの後のピーク手前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を進み、急な登りの後のピーク手前。
絶景ポイントに到着!
・・・が、霞んでる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景ポイントに到着!
・・・が、霞んでる。
2
白木山のプレート(以前、矢筈山から来た白木山のポイントとは違うような…)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白木山のプレート(以前、矢筈山から来た白木山のポイントとは違うような…)
以前、来たのはこのポイントだった。ここで、昼食休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前、来たのはこのポイントだった。ここで、昼食休憩。
白木山から、林道をめざす。道はない。
 杉を間伐した急斜面を切り株をマークにして、GPSを頼りに適当に下る。林道に降り着いたところから、来た方向の写真。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白木山から、林道をめざす。道はない。
 杉を間伐した急斜面を切り株をマークにして、GPSを頼りに適当に下る。林道に降り着いたところから、来た方向の写真。
林道からの展望1 出羽島
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道からの展望1 出羽島
1

感想/記録
by aogame

木頭と牟岐を結ぶ胴切越の生活道であった馬道があり、前から行って見たいと思っていたので、計画。知り合いが事前にチャレンジしていた情報もあり、少し不安も軽減されていた。
 スタートから暫くは杉山なので、分岐等の分かりにくさはあったが、比較的順調に進む。登るにつれ、雑木の山相になってくると、あまり人が入っていないので、路が不明瞭になりだす。なんとか、進路を修正しながら、事前に用意したGPXデータを頼りに登っていった。国土地理院地図の点線の路を進もうと、馬道から逸れて進んでみた。国土地理院地図の点線が途切れてしばらく進んでから、右手に明朗な路があるが、真直ぐ尾根路を登って行く。古い赤テープもあり、分かりやすい尾根路縦走となる。
 絶景ポイントを過ぎ、白木山で昼食休憩をした後、矢筈山方面へのルートとは90度違う方向へ、杉の切り倒された急斜面を切り倒された杉の切り株を目安にひたすら降りて行く。倒れた杉を超えるのは一苦労だった。国土地理院地図やGoogleの航空地図では確認できないが、Geographicaなどの航空地図では、その方向に林道があるのが確認できるので、それを目指した。なんとか林道に降りて、あとは林道を基本ルートにこん谷へと下った。
訪問者数:205人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

赤テープ 林道 GPS 倒木 簡易標識 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ