また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1100231 全員に公開 ハイキング阿蘇・九重

久住山〜雪解けのドロンコでも天国

日程 2017年04月04日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
牧ノ戸峠駐車場。広いけれどシーズン中はすぐ満車になるという…。サスガこの日は十分余裕ありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
50分
合計
5時間33分
Sスタート地点08:1608:42沓掛山08:4509:28扇ヶ鼻分岐09:3009:41星生山分岐09:4410:06久住分かれ10:0710:27久住山10:4711:11中岳分岐11:36中岳11:5012:00御池12:15久住分かれ12:1712:37星生山分岐12:3812:50扇ヶ鼻分岐12:5213:28沓掛山13:3013:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:16 牧ノ戸峠
8:26 第一展望所
8:42 沓掛山
9:14 ブロッコリーの丘
9:28 扇ヶ鼻分岐
9:41 星生山分岐
10:06 久住分れ
10:27-10:47 久住山
10:58 分岐
11:07 池の避難小屋
11:11 中岳分岐
11:36-11:50 中岳
12:00 御池
12:17 久住分れ
12:37 星生山分岐
12:50 扇ヶ鼻分岐
13:28 沓掛山
13:49 牧ノ戸峠

コース状況/
危険箇所等
ドロンコ!、それ以外問題ありません。
その他周辺情報どっちに下っても、温泉天国です。
前日は筋湯温泉に泊まりました。
この日は熊本県側(小国方面)に下りました。こっちでは何といっても黒川温泉が有名なんですが、今回はその周辺の温泉ハシゴです。扇温泉と七滝温泉の一軒宿で入浴(どちらも¥500)。内湯もいいけれど露天風呂が素晴らしいです。
もう少し先の「わいた温泉郷」あたりはコイン式の家族湯(相場は1時間¥1500くらい)がたくさんありますが、一人だとちょっと…。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

筋湯温泉「かくおや」にて、朝食ガッツリ。
2017年04月04日 07:03撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筋湯温泉「かくおや」にて、朝食ガッツリ。
18
風情のある筋湯温泉街。この「うたせ湯」水圧といい、その水音といい、たちこめる湯気といい、とにかくスゴかったです。
2017年04月04日 07:45撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風情のある筋湯温泉街。この「うたせ湯」水圧といい、その水音といい、たちこめる湯気といい、とにかくスゴかったです。
8
登山口への車窓。途中この眺め、ワクワクします。
2017年04月04日 07:56撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口への車窓。途中この眺め、ワクワクします。
16
牧ノ戸峠駐車場を出発します。
2017年04月04日 08:19撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧ノ戸峠駐車場を出発します。
5
まずは舗装された道を登っていきます。
2017年04月04日 08:28撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは舗装された道を登っていきます。
2
眺めの良い所に出ました。三俣山ですね。
2017年04月04日 08:31撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺めの良い所に出ました。三俣山ですね。
5
もうこんなに登ってきました。このあたり、草原の山々がずっと続きます。
2017年04月04日 08:37撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうこんなに登ってきました。このあたり、草原の山々がずっと続きます。
4
遠く見えるのは由布岳ですね。
2017年04月04日 08:38撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く見えるのは由布岳ですね。
16
尾根に沿って道が続いているのが見えます。遠くチラッと見えるのは中岳かな?
2017年04月04日 08:42撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に沿って道が続いているのが見えます。遠くチラッと見えるのは中岳かな?
3
沓掛山の山頂からの眺めです。
星生岳と三俣山ですね。
エッ?なんか、道、キラキラ光ってない?
2017年04月04日 08:46撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沓掛山の山頂からの眺めです。
星生岳と三俣山ですね。
エッ?なんか、道、キラキラ光ってない?
6
阿蘇山が見えてきました。
2017年04月04日 08:55撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿蘇山が見えてきました。
3
道がキラキラ光ってる…ということは、コレだったのね。
2017年04月04日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道がキラキラ光ってる…ということは、コレだったのね。
8
ドロンコ道でも、気持ちいんですよねー。この眺め…。
2017年04月04日 09:36撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドロンコ道でも、気持ちいんですよねー。この眺め…。
3
振り返ります。沓掛山が小さくなりました。左が扇ヶ鼻ですね。
2017年04月04日 09:44撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ります。沓掛山が小さくなりました。左が扇ヶ鼻ですね。
2
山頂、見えてきました。
このあたり高原の散策路のような道です。
ただし、ドロンコですけど…。
2017年04月04日 09:48撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂、見えてきました。
このあたり高原の散策路のような道です。
ただし、ドロンコですけど…。
6
特徴のある形です。左から回り込んで登ります。
2017年04月04日 09:59撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特徴のある形です。左から回り込んで登ります。
7
祖母山ですね。昨日登りました。
2017年04月04日 09:59撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖母山ですね。昨日登りました。
5
久住分かれの避難小屋です。
ここも周りはドロ田状態です。
こうヒドいとなんか笑っちゃいます。もーどうにでもしてくれ。
2017年04月04日 10:01撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住分かれの避難小屋です。
ここも周りはドロ田状態です。
こうヒドいとなんか笑っちゃいます。もーどうにでもしてくれ。
4
登っていくと左に三俣山が再び現れます。
2017年04月04日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っていくと左に三俣山が再び現れます。
3
回り込んでいくと、形変わっちゃいますねー。
2017年04月04日 10:15撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
回り込んでいくと、形変わっちゃいますねー。
1
もうすぐ山頂。
2017年04月04日 10:19撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂。
1
はい、ここまで2時間とちょっとかな?
2017年04月04日 10:27撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、ここまで2時間とちょっとかな?
22
お馴染みになりました三俣山。
2017年04月04日 10:29撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お馴染みになりました三俣山。
7
これから向かう、九州本土最高峰の中岳とその向こう大船山です。
2017年04月04日 10:29撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう、九州本土最高峰の中岳とその向こう大船山です。
9
こちらは登ってきた登山口の方向です。ずっとなだらかな道でした。
2017年04月04日 10:30撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは登ってきた登山口の方向です。ずっとなだらかな道でした。
3
由布岳アップにします。
2017年04月04日 10:31撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
由布岳アップにします。
3
少し霞んだ阿蘇山。
2017年04月04日 10:31撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し霞んだ阿蘇山。
3
昨日登った祖母山。
2017年04月04日 10:31撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日登った祖母山。
7
山麓の久住高原。野焼きの煙が昇っています。
2017年04月04日 10:32撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山麓の久住高原。野焼きの煙が昇っています。
2
道標はありませんが、稲星岳方面へ稜線伝いの踏み跡を進んでいきます。そして、中央左の草原に降りていきます。
2017年04月04日 10:53撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標はありませんが、稲星岳方面へ稜線伝いの踏み跡を進んでいきます。そして、中央左の草原に降りていきます。
3
草原に下りました。東千里が浜というらしい。
2017年04月04日 11:08撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草原に下りました。東千里が浜というらしい。
2
中岳直下です。
2017年04月04日 11:16撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳直下です。
4
これはミヤマキリシマですね。そこいらじゅうにあるんです。ツボミ、もうつけている!全部咲いたらすごいだろうなー!
2017年04月04日 11:23撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはミヤマキリシマですね。そこいらじゅうにあるんです。ツボミ、もうつけている!全部咲いたらすごいだろうなー!
3
コワそうに見えますが、大丈夫でした。
2017年04月04日 11:30撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コワそうに見えますが、大丈夫でした。
4
九州本土最高峰です。
2017年04月04日 11:36撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九州本土最高峰です。
27
ここへきてやっと坊ヶツル方面が見えてきました。
2017年04月04日 11:36撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここへきてやっと坊ヶツル方面が見えてきました。
2
ミヤマキリシマがきれいだという大船山方面。
2017年04月04日 11:37撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキリシマがきれいだという大船山方面。
3
そして御池と久住山。この中岳、眺めが素晴らしいです。
坊ガツルや御池、ここまで来ないと見えません。
それに、こっちは、360度全部周りは山!
2017年04月04日 11:37撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして御池と久住山。この中岳、眺めが素晴らしいです。
坊ガツルや御池、ここまで来ないと見えません。
それに、こっちは、360度全部周りは山!
3
御池に下ります。
2017年04月04日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池に下ります。
12
ここも春の気配?
2017年04月04日 12:00撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも春の気配?
6
中岳を振り返ります。
2017年04月04日 12:02撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳を振り返ります。
4
今度はこんな噴火口のような窪地。
2017年04月04日 12:05撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度はこんな噴火口のような窪地。
6
そして雪の残る星生岳と噴気。とにかくちょっと歩くと景色が変わる!
2017年04月04日 12:07撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして雪の残る星生岳と噴気。とにかくちょっと歩くと景色が変わる!
3
さあ、来た道を戻りましょう。
2017年04月04日 12:17撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、来た道を戻りましょう。
1
時々振り返りながら…。
2017年04月04日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々振り返りながら…。
1
少し道も乾いたかな?
2017年04月04日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し道も乾いたかな?
3
久住山が隠れます。
2017年04月04日 12:37撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久住山が隠れます。
1
充実した山行の余韻にひたりながら歩きたいところですが…、
2017年04月04日 12:47撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
充実した山行の余韻にひたりながら歩きたいところですが…、
2
ミヤマキリシマが咲くころ、また来たいなあなんて…、
2017年04月04日 12:52撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキリシマが咲くころ、また来たいなあなんて…、
1
でも、現実はコレです。
2017年04月04日 13:11撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、現実はコレです。
1
アセビもまだこんなもんなんです。
2017年04月04日 13:18撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビもまだこんなもんなんです。
3
沓掛山から最後の眺め。名残を惜しんで…。
2017年04月04日 13:33撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沓掛山から最後の眺め。名残を惜しんで…。
6
あそこを歩いたんですね。
2017年04月04日 14:52撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこを歩いたんですね。
10
今日はゆっくりして、明日帰ります。阿蘇鶴温泉、亀山の湯に泊まります。こんな専用の貸し切り湯のついた離れが、素泊まり¥8000です。
2017年04月05日 07:47撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はゆっくりして、明日帰ります。阿蘇鶴温泉、亀山の湯に泊まります。こんな専用の貸し切り湯のついた離れが、素泊まり¥8000です。
17
スゴイぜいたくしてしまいました。夕食とお酒ははスーパーで買って持ち込んだのですが…。
2017年04月05日 08:21撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スゴイぜいたくしてしまいました。夕食とお酒ははスーパーで買って持ち込んだのですが…。
5

感想/記録
by tsu-pm

前日の祖母山のレコはこちらから。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1098938.html

 祖母山から転身。前日は静かな山間の温泉、筋湯に泊まってからの出陣です。
 今日も天気良さそう。問題は2日前に降った雪。今日あたり溶けてとんでもないことに…?。

【地獄のような雪解け】
 ホント、ドロンコでさえなけりゃー天国なんですけどねー。
 ここ、牧ノ戸峠からの道、ドロンコで有名なんだそうです。おまけに2日前にはかなりの雪が降ったようだし、前日からは春のような(というか春です)暖かさ。ドロンコ条件、完全に満たしきっています。
 駐車場から、初めのピーク、沓掛山に登ると、登山道がずっと続いている…。キラキラ光って…。なんでキラキラかというと、水たまりが朝日を反射している…。おそろしーもの見てしまった!。
 出発も8時を過ぎていたので、朝のうち凍っていた部分も溶けだして、準備万端って待ち構えている…。
 おまけに、せっかく持ってきたショートスパッツ、チャックが動かなくって使い物にならない。クソッ、前、使ったのいつだったのか全く記憶にない。さび付いていたんですね。冬山用の持ってくりゃーよかった…って、今さら…。
 もういい!。覚悟を決めて突入!!

【ここは天国です】
 ベツにドロンコになったからといって、危険があるわけじゃーない!。そう思いなおすとここは天国!。なだらかな、眺めのいい道が続きます。
 やっぱり久住山いいなー。
 平日なのにたくさんの人。やっぱり人気あるんですね。
 中岳でお話しした方、
「地震以来ですよ…」
 なんて話されていました。
 朝のうちひどかったドロンコも、午後になると少し乾いた感じがします。それでも、朝のうちまだ凍っていた部分はヒドくなっているんですが…。

【ミヤマキリシマ咲くころに…】
 ぜひ、また来たいですね。至る所にミヤマキリシマらしい株。それも、もうツボミつけているんです。これ、全部咲いたら素晴らしいんだろうなー、って…。
 今年は無理かな。

中岳からの眺望です。


訪問者数:494人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/12/8
投稿数: 746
2017/4/9 19:36
 九州遠征お疲れ様でした
こんばんは♪
私もミヤマキリシマの咲くころに行ってみたいです。
その時期もドロンコ地獄なんですかね?
登録日: 2013/10/20
投稿数: 495
2017/4/9 19:53
 Re: 九州遠征お疲れ様でした
こんばんは!
ミヤマキリシマの頃って、どうでしょうかね。
この日は2日前に雪が積もり(4月で!)、
前日から春本来の暖かさ、
こりゃもう、全ての条件がそろったという感じですね。
それに、牧ノ戸峠からのコースは、
地元の方々の間じゃー有名なドロンコの聖地らしいです。

今回行った感じでは、丹沢の初冬の霜柱が溶けたときと
同じくらい?
まあ、ドロンコだということでも、危険なわけじゃーないし・・。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ