また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1107427 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

霊仙山 〜 咲き誇る福寿草とカレンフェルトの台地を訪ねて

日程 2017年04月16日(日) [日帰り]
メンバー
天候ガス のち 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
榑ヶ畑登山口の駐車場;スペースは10台程度。少し手前にもスペースがあるが、多くは停められない。福寿草の咲くこの時期だけかも知れないが、キャパは足りていない。下山時、かなり下の方まで路上駐車の列が続いていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○ 汗拭き峠〜落合
米原市のHPでは数年前の大雨被害で「危険防止のため通行しないでください」となっている。後ろめたさを感じるなら、使用しない方がいいでしょう。

○ 西南尾根コース
笹峠から先は石灰岩の岩場が続く。稜線に出たら基本的には尾根通しでいいが、天候不良時はルートを見失いやすいので注意。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

スタートの榑ヶ畑登山口。ここまで醒ヶ井養鱒場から狭い林道を10分ぐらい走って到着。駐車スペースはあまり広くなく、10台分程度。6時の到着で先着は2台でした。
2017年04月16日 06:22撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートの榑ヶ畑登山口。ここまで醒ヶ井養鱒場から狭い林道を10分ぐらい走って到着。駐車スペースはあまり広くなく、10台分程度。6時の到着で先着は2台でした。
1
広い林道を進み、最初のヘアピンカーブから登山道に入ります。植林の森を10分ぐらい歩いて山小屋かなや。この日は開いていませんでした。(下山時も)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い林道を進み、最初のヘアピンカーブから登山道に入ります。植林の森を10分ぐらい歩いて山小屋かなや。この日は開いていませんでした。(下山時も)
分かりやすい看板があったので記録として。今回は汗拭き峠から落合・今畑に向かい、西南尾根登山道で山頂に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かりやすい看板があったので記録として。今回は汗拭き峠から落合・今畑に向かい、西南尾根登山道で山頂に向かいます。
山小屋からは本格的な登りになって、10分で汗拭き峠。ここから落合へはいったん下りになります。なお、このルートは現地に表示や規制線はありませんが、米原市のHPには数年前の台風被害で通行止めと表記されています。
2017年04月16日 06:43撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山小屋からは本格的な登りになって、10分で汗拭き峠。ここから落合へはいったん下りになります。なお、このルートは現地に表示や規制線はありませんが、米原市のHPには数年前の台風被害で通行止めと表記されています。
これが台風の爪痕。ルートはやや高巻きを迂回するので、問題なく通れました。後ろめたさを感じる方は避けた方がいいでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが台風の爪痕。ルートはやや高巻きを迂回するので、問題なく通れました。後ろめたさを感じる方は避けた方がいいでしょう。
ひとつめの徒渉。夜のうちは雨が降っていたのでちょっと心配していたけど、思っていたよりも楽に渡れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとつめの徒渉。夜のうちは雨が降っていたのでちょっと心配していたけど、思っていたよりも楽に渡れました。
ふたつめ。ここは靴を半分ぐらい水に浸して通過。もっと水量があるとやや苦戦するかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふたつめ。ここは靴を半分ぐらい水に浸して通過。もっと水量があるとやや苦戦するかも。
廃村の落合集落まで降りてきました。ここから少し車道を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃村の落合集落まで降りてきました。ここから少し車道を歩きます。
そして今畑登山口。ここからが本当のスタートも言えます。
2017年04月16日 07:23撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして今畑登山口。ここからが本当のスタートも言えます。
1
初めは植林、廃村を抜けると、だんだんと自然林に。日差しがあれば、もっと透き通ったような緑色が見えるのだろうけど、それでも十分にきれいな新緑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めは植林、廃村を抜けると、だんだんと自然林に。日差しがあれば、もっと透き通ったような緑色が見えるのだろうけど、それでも十分にきれいな新緑。
標高を上げていくと、石灰岩が目立つようになります。
2017年04月16日 08:08撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げていくと、石灰岩が目立つようになります。
あれれ、山頂方面はガスの中…。天気は回復傾向のはずなので、青空を信じて登り続けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれれ、山頂方面はガスの中…。天気は回復傾向のはずなので、青空を信じて登り続けます。
なかなか急な斜面です。風景は御池岳の方角だと思うのだけど、霞で遠望は効かず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか急な斜面です。風景は御池岳の方角だと思うのだけど、霞で遠望は効かず。
周囲は真っ白に…。足下は岩々していて、歩きやすいとは言えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周囲は真っ白に…。足下は岩々していて、歩きやすいとは言えません。
1
小さな花に励まされるように、前へ進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな花に励まされるように、前へ進みます。
今畑から1時間半ぐらいで近江展望台。しかし、当然のように何も見えません。
2017年04月16日 08:59撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今畑から1時間半ぐらいで近江展望台。しかし、当然のように何も見えません。
1
足元にはネコノメソウがたくさん咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元にはネコノメソウがたくさん咲いていました。
1
そして、今回のお目当てである福寿草を発見。岩の間に小さく顔を出していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、今回のお目当てである福寿草を発見。岩の間に小さく顔を出していました。
こちらは仲良く並んで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは仲良く並んで。
1
岩々の稜線の西側は灌木帯になっているのだけれど、その中は福寿草の大群落です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩々の稜線の西側は灌木帯になっているのだけれど、その中は福寿草の大群落です。
一生懸命に開こうとしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一生懸命に開こうとしています。
寄り添うように。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄り添うように。
逆光に透ける福寿草。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光に透ける福寿草。
灌木帯から出ると、ガスが晴れてきていました。こういう稜線だったんだ。
2017年04月16日 09:48撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木帯から出ると、ガスが晴れてきていました。こういう稜線だったんだ。
今年は雪が多かったせいで、開花時期がだいぶ遅くなったようです。茎が伸びて背の高い福寿草が多いのはそのせいかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は雪が多かったせいで、開花時期がだいぶ遅くなったようです。茎が伸びて背の高い福寿草が多いのはそのせいかな?
明け方までの雨のおかげか、みんな活き活きして見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明け方までの雨のおかげか、みんな活き活きして見えます。
1
なかなかこの場を離れることができませんが、進むことにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかこの場を離れることができませんが、進むことにします。
1
登ってきた西南尾根(何故、南西じゃないの?)を振り返って。
2017年04月16日 10:01撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた西南尾根(何故、南西じゃないの?)を振り返って。
1
東側の斜面は新緑や紅葉の時期、いい感じになりそう。
2017年04月16日 10:01撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側の斜面は新緑や紅葉の時期、いい感じになりそう。
1
たおやかな曲線を描く霊仙山の山頂方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たおやかな曲線を描く霊仙山の山頂方面。
1
霊仙山の最高地点まで目前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山の最高地点まで目前。
1
福寿草の撮影に時間を掛けすぎたので、それほど疲れを感じないけど、いちおうの達成感。少し早いけど、山頂方面が混んでいるのが見えたので、ここで昼食とします。
2017年04月16日 10:21撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福寿草の撮影に時間を掛けすぎたので、それほど疲れを感じないけど、いちおうの達成感。少し早いけど、山頂方面が混んでいるのが見えたので、ここで昼食とします。
2
西南尾根方面。あの尾根に福寿草の群落があります。
2017年04月16日 11:03撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西南尾根方面。あの尾根に福寿草の群落があります。
1
北側の眺望。伊吹山が頭だけ出しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の眺望。伊吹山が頭だけ出しています。
1
鈴鹿方面の御池岳と藤原岳。あちらも福寿草で有名。たくさん咲いているかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿方面の御池岳と藤原岳。あちらも福寿草で有名。たくさん咲いているかな?
2
やたらアルペンチックな雰囲気の避難小屋と背景に伊吹山。だいぶガスが抜けて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やたらアルペンチックな雰囲気の避難小屋と背景に伊吹山。だいぶガスが抜けて来ました。
2
伊吹山をアップで。どっしりといい山容ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山をアップで。どっしりといい山容ですね。
1
カレンフェルトらしい風景の広がる山頂部。
2017年04月16日 11:04撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレンフェルトらしい風景の広がる山頂部。
3
今回の山行ですっかり伊吹山のファンになってしまったようです。雪ががっつりある時期に登ってみたいと思っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の山行ですっかり伊吹山のファンになってしまったようです。雪ががっつりある時期に登ってみたいと思っています。
1
開放的な山頂部は霊仙山の魅力のひとつですね。
2017年04月16日 11:10撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開放的な山頂部は霊仙山の魅力のひとつですね。
1
山頂直下にはまだまだ大きな雪渓も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下にはまだまだ大きな雪渓も。
1
最高点から15分で山頂に到着。
2017年04月16日 11:17撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点から15分で山頂に到着。
2
正直、山頂といっても、だだっ広い辺り一帯が山頂みたいなものだから、景色は代わり栄えしませんが。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正直、山頂といっても、だだっ広い辺り一帯が山頂みたいなものだから、景色は代わり栄えしませんが。。
1
経塚山を経由して榑ヶ畑へ下山します。このあたりもカレンフェルトらしくて好きな風景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経塚山を経由して榑ヶ畑へ下山します。このあたりもカレンフェルトらしくて好きな風景。
1
あちこちに穴(ドリーネ)が開いています。もっと大きいのもたくさんあって、落ちたら大変?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちに穴(ドリーネ)が開いています。もっと大きいのもたくさんあって、落ちたら大変?
経塚山を振り返って、そろそろカレンフェルトも見納めです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経塚山を振り返って、そろそろカレンフェルトも見納めです。
1
お虎ヶ池。色々と謂われがあるようですが、池自体は普通です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お虎ヶ池。色々と謂われがあるようですが、池自体は普通です。
2
一気に下って樹林帯の中へ。
2017年04月16日 11:58撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に下って樹林帯の中へ。
1
汗拭き峠に咲いていたスミレ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
汗拭き峠に咲いていたスミレ。
1
山小屋かなやの周辺には、たくさんのミヤマカタバミが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山小屋かなやの周辺には、たくさんのミヤマカタバミが。
2
榑ヶ畑の登山口に下山しました。林道にはずっと下まで路上駐車の列が続いていました。
2017年04月16日 12:51撮影 by E-510 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榑ヶ畑の登山口に下山しました。林道にはずっと下まで路上駐車の列が続いていました。
1
撮影機材:

感想/記録

4月より名古屋で単身赴任となりました。4年前にも単身でこっちに住んでいて、その時は鈴鹿の山を色々と登りました。今回、最初の山は福寿草の有名な霊仙山へ。

今年は例年よりも雪が多く、開花が遅れて、まさに最盛期に訪れることができました。西南尾根の灌木帯の中は、足場に気をつけないといけないほどの群落でした。
福寿草だけでなく、カレンフェルトの独特な山頂部の風景もいいですね。

春先のトレーニングとしても、まずますの疲労感で、充実した山行となりました。
訪問者数:291人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ