また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1108175 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲の新穂高登頂

日程 2017年04月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々雨
アクセス
利用交通機関
電車
行き 阪急 六甲
返り 地下鉄 新神戸
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
49分
合計
5時間59分
Sスタート地点10:0210:15護国神社前10:32杣谷堰堤11:41掬星台11:47摩耶ロープウェー星の駅12:1712:26掬星台12:3113:08桜谷出合13:0913:45新穂高13:4714:19三枚岩の天狗岩場14:2214:37桜谷出合14:44黄連谷14:52森林植物園 東門15:13立岩(三笠岩)15:1415:21天狗道分岐点15:2215:28桜茶屋(市が原)15:43布引貯水池15:4415:50布引の滝(雄滝)15:5415:56布引の滝(雌滝)15:5716:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯(GPS) 時計 タオル カメラ 虫除け

写真

カスケードバレーに行きたかったのに以前と同じ道に入ってしまいました。
2017年04月15日 10:43撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カスケードバレーに行きたかったのに以前と同じ道に入ってしまいました。
雨が本格的に降ってきたので、リュックだけでもカバーをかけました。
2017年04月15日 11:05撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が本格的に降ってきたので、リュックだけでもカバーをかけました。
1
掬星台の「摩耶ビューテラス702」で昼食しながら雨宿り。
この日は登山者が多く、雨天のためここからロープウェーで下山する人もいました。1時間ぐらい待てば晴れたのに。
2017年04月15日 12:00撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掬星台の「摩耶ビューテラス702」で昼食しながら雨宿り。
この日は登山者が多く、雨天のためここからロープウェーで下山する人もいました。1時間ぐらい待てば晴れたのに。
3
徳川道から新穂高へ。
東側の登り口に印はありますが、分かりにくいです。
2017年04月15日 13:30撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳川道から新穂高へ。
東側の登り口に印はありますが、分かりにくいです。
3
道はしっかりとしてます。
2017年04月15日 13:39撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はしっかりとしてます。
ここまで多少の上り下りはありましたが、難しい個所はありませんでした。
新穂高登頂成功!
山頂の展望はほとんどありません。
2017年04月15日 13:45撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで多少の上り下りはありましたが、難しい個所はありませんでした。
新穂高登頂成功!
山頂の展望はほとんどありません。
4
この道はピンクテープが頼りです。
2017年04月15日 13:53撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道はピンクテープが頼りです。
1
山頂から西側に進んだところにあった岩場の上からの眺めです。
2017年04月15日 13:59撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から西側に進んだところにあった岩場の上からの眺めです。
2
ここで一休みしました。
2017年04月15日 14:01撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで一休みしました。
1
この辺で道がわからなくなってウロウロしました。
ここを登るのが正しい道です。
2017年04月15日 14:15撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺で道がわからなくなってウロウロしました。
ここを登るのが正しい道です。
2
このあたりでも道を間違えました。
鉄塔の下をくぐります。
2017年04月15日 14:28撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりでも道を間違えました。
鉄塔の下をくぐります。
東側の登り口に出てきました。
2017年04月15日 14:33撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側の登り口に出てきました。
トゥエンティクロスで広範囲にわたって斜面が崩れていました。
伐採後?
土むき出しの斜面に残ったツツジが一際綺麗に見えます。
2017年04月15日 14:58撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トゥエンティクロスで広範囲にわたって斜面が崩れていました。
伐採後?
土むき出しの斜面に残ったツツジが一際綺麗に見えます。
1
山桜が残ってました。
2017年04月15日 15:23撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山桜が残ってました。
3

感想/記録

今回の目的は新穂高登頂でした。
カスケードバレイから杣谷沿いを登るつもりが、前回と同じ尾根道へ出るという失態から始まりました。中腹あたりから雨が降ってきっため、星の駅で昼食と雨宿り。一過性の降雨だったのに、ケーブルで下山する登山者もかなりいました。
そこから桜谷を経て徳川道を東へ進み、兼ねて登りたかった新穂高へ挑戦です。
登り口はテープの印がありますが、注意していないと見落としそうです。
両脇の笹は深いですが、道筋ははっきりしていますし、定期的にピンクのテープ印があって登りは迷うことはありませんでした。昇り降り繰り返して、山頂へ到着。穂高という名前ですが、展望はほとんどありません。
訪問者数:294人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ