また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1109274 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山 トレーニング山行

日程 2017年04月19日(水) [日帰り]
メンバー
天候早朝は一時的に雨。登山口も曇っているが、登っている途中から快晴に。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間53分
休憩
17分
合計
2時間10分
S黒栂谷道分岐07:5608:19カトラ谷分岐08:42セト08:4509:14山頂広場09:2609:29九合目(千早本道)09:3009:35八合目(千早本道)09:45五合目(千早本道)09:4610:06黒栂谷道分岐10:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
黒とが谷(セト)ルートは黄色テープで閉鎖されていました。作業中のようだが詳細は不明。自己責任で通過しました。特に危険箇所はありませんでした
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 テント泊登山に向けてのトレーニング用で65Lのザックにテント泊一式と水を6L。約12KGの荷物。実際に必要なのは行動食と水500mlだけであった。

写真

黒栂谷コースとカトラ谷の分岐。カトラ谷方面の図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒栂谷コースとカトラ谷の分岐。カトラ谷方面の図
セトの分岐。黄色のテープで侵入禁止となっている。ここから登ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セトの分岐。黄色のテープで侵入禁止となっている。ここから登ってきました
1
山頂。登山口では天気が悪かったが、見てのとおり快晴。平日なのに結構な賑わいだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂。登山口では天気が悪かったが、見てのとおり快晴。平日なのに結構な賑わいだった。
1
山頂から振り返った図。奥に社務所や寺院があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から振り返った図。奥に社務所や寺院があります。
山頂の転法輪寺
2017年04月19日 09:15撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の転法輪寺
トレーニング用の12kgの荷物。小さなカバンはパーゴワークスのスイングL。カメラや行動食など入れられて行動中にすぐに使えて便利。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレーニング用の12kgの荷物。小さなカバンはパーゴワークスのスイングL。カメラや行動食など入れられて行動中にすぐに使えて便利。
2
登山口付近の風景。朝よりも桜が綺麗。
やっぱり桜は太陽が照らすと良いですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口付近の風景。朝よりも桜が綺麗。
やっぱり桜は太陽が照らすと良いですね。

感想/記録

テント泊装備を担いでのトレーニング山行目的。今年の冬はまともに登山していなかったのでシーズン前の準備運動にはなった。膝の痛みが出るか心配だったが、全く無く嬉しかった。半信半疑で購入した膝に巻くJKバンドの効果があったのかもしれない。
訪問者数:224人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント 行動食 テン 山行 バンド
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ