また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1110060 全員に公開 ハイキング奥秩父

黒山三滝から関八州見晴台、高山不動尊

日程 2017年04月19日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
「黒山三滝無料駐車場」に駐車。平日なので駐車しているのは数台のみ。
休日で満車の場合は、先に30mほど進むと一日500円の有料駐車場もあり。

アクセスですが、「黒山三滝無料駐車場」までは関越自動車道の坂戸西スマートから30分ほど。街道沿いにコンビニは数件ありました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間19分
休憩
1時間29分
合計
5時間48分
Sスタート地点09:1409:35黒山三滝10:55花立松ノ峠11:09七曲り峠11:1011:28関八州見晴台12:2512:30関八州見晴台入口12:51高山不動13:1013:31七曲り峠13:37花立松ノ峠13:4414:43黒山三滝14:4815:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はなく、道もしっかりしていますが、「標識」や「案内板」が少ないように感じられます。
特に車道から登山道に入る大事なところに標識がない所があり、うっかりしていると登り口を見逃して車道をそのまま歩いていってしまいます。私はハイキングマップをプリントして持ってきていたので、ロスなしに予定通りのコースを辿れましたが、人里近くの低い山でも侮ることなかれ、地図の準備はお忘れなきようお願いします。
その他周辺情報日帰り湯は「ゆうパークおごせ」
http://youpark.jp
施設は少し古さを感じさせますがノンビリできます。
3時間コース 800円
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

「黒山三滝無料駐車場」に車を停めてスタートです。
2017年04月19日 09:14撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「黒山三滝無料駐車場」に車を停めてスタートです。
1
黒山三滝に向かう道。春の花で華やいでいます。
2017年04月19日 09:16撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒山三滝に向かう道。春の花で華やいでいます。
1
関東ふれあいの道のような・・・
2017年04月19日 09:23撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関東ふれあいの道のような・・・
黒山三滝のひとつ「天狗滝」。100m先なので遠方から眺めるだけで通過。
2017年04月19日 09:29撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒山三滝のひとつ「天狗滝」。100m先なので遠方から眺めるだけで通過。
1
登山道に入ります。
2017年04月19日 09:33撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入ります。
少し歩くと、ご覧のような車道に出て、ちょっと拍子抜け。
2017年04月19日 09:42撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し歩くと、ご覧のような車道に出て、ちょっと拍子抜け。
1
車道を歩きます。車は滅多に通りません。
2017年04月19日 09:53撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を歩きます。車は滅多に通りません。
「日照水」という水場あり。車の方が水を汲んでいたので飲まずに通過。ここから登山道に入ります。
2017年04月19日 10:05撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「日照水」という水場あり。車の方が水を汲んでいたので飲まずに通過。ここから登山道に入ります。
道はしっかりしています。
2017年04月19日 10:12撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はしっかりしています。
眺望が良くなってきました。
2017年04月19日 10:42撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望が良くなってきました。
山桜と木々の新芽、青空と杉の濃い緑が絶妙に配され、春山がキャンバスそのもの。
2017年04月19日 10:48撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山桜と木々の新芽、青空と杉の濃い緑が絶妙に配され、春山がキャンバスそのもの。
1
またまた車道に出ます。
2017年04月19日 10:54撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた車道に出ます。
1
頂上にいたる登山道
2017年04月19日 11:00撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上にいたる登山道
1
標高771m
2017年04月19日 11:28撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高771m
1
「関八州見晴台」という名称に恥じない眺望です。
2017年04月19日 12:21撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「関八州見晴台」という名称に恥じない眺望です。
4
高山不動尊に下る道には、早くもヤマツツジが咲いています。
2017年04月19日 12:27撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山不動尊に下る道には、早くもヤマツツジが咲いています。
1
西吾野駅から来た、多くの登山者とすれ違いました。
2017年04月19日 12:33撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾野駅から来た、多くの登山者とすれ違いました。
1
スミレも咲いています。
2017年04月19日 12:37撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレも咲いています。
1
高山不動尊も立派です。
2017年04月19日 13:05撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山不動尊も立派です。
帰り道からの展望
2017年04月19日 13:53撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道からの展望
春山のキャンバスを眺めながら下ります。
2017年04月19日 13:53撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春山のキャンバスを眺めながら下ります。
4
撮影機材:

感想/記録

60歳台の山好きグループ。春山を楽しみに「関八州見晴台」へ

歩き始め、駐車場から黒山三滝までは車道を、そこから登山道に入り少し歩くとまた車道に、その車道を少し歩くと登山道へと・・・
序盤は車道と登山道が交互に入り混じります。車は滅多に通りませんが、周りの視界と足元が変わるので、なにやら落ち着かない山登りです。

途中、山桜と木々の新芽、杉の濃い緑と青空が絶妙にまざりあった、これぞ春山という風景に出会い感謝、感激。

標高を上げると登山道一本になり、展望の素晴らしい「関八州見晴台」へと至ります。「関八州見晴台」から「高山不動尊」に降りる登山道沿いにはヤマツツジの群生がありました。今回はまだ蕾でしたが、5月初旬が見頃とのことです。

「高山不動尊」から少し登り、車道を歩いて花立松峠へ。そろそろバテてきたので、そのまま下山しました。余力があれば、別ルートからの下山も可能です。
訪問者数:1883人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

水場 関東ふれあいの道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ