また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1118356 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

二子山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2017年04月29日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間46分
休憩
1時間20分
合計
5時間6分
Sスタート地点10:0710:53股峠10:5811:23二子山 東岳11:5312:19股峠12:2013:07三等三角点 / 二子山13:1013:39二子山13:5714:07魚尾道峠14:3015:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
東岳、西岳ともに三点確保が出来ることが必須。高度感があり十分なスキルが必要。ヘルメット持参。
その他周辺情報登山口にトイレあり(目が沁みた)
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

登山口。今日は開山式があった様で、沢山車が止まってました。
2017年04月29日 10:14撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。今日は開山式があった様で、沢山車が止まってました。
手動のカウンターがあるので押す。
2017年04月29日 10:14撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手動のカウンターがあるので押す。
ミヤマスミレ、かな?
2017年04月29日 10:18撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマスミレ、かな?
ニリンソウが沢山咲いていました。
2017年04月29日 10:20撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウが沢山咲いていました。
1
カタクリが一輪だけ咲いていました。股峠にて。
2017年04月29日 10:59撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリが一輪だけ咲いていました。股峠にて。
1
西岳。東岳に上る途中で振り返って。
2017年04月29日 11:06撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳。東岳に上る途中で振り返って。
西岳の壁面を登る人達。
2017年04月29日 11:07撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳の壁面を登る人達。
1
東岳のルートもクサリ場が始まりました
2017年04月29日 11:07撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東岳のルートもクサリ場が始まりました
この先も岩場が続きます。慎重に登ります。険しいところが沢山ありますが、写真を撮る余裕はありません。
2017年04月29日 11:14撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先も岩場が続きます。慎重に登ります。険しいところが沢山ありますが、写真を撮る余裕はありません。
両神山。東岳山頂から。
2017年04月29日 11:22撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神山。東岳山頂から。
センボンヤリ
2017年04月29日 11:33撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センボンヤリ
先日の丹沢でも見た、名前の分からなかった花。トウダイグサの仲間であることが判明。イブキタイゲキに似ているが?
2017年04月29日 11:34撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日の丹沢でも見た、名前の分からなかった花。トウダイグサの仲間であることが判明。イブキタイゲキに似ているが?
センボンヤリ。所々で見かけました。
2017年04月29日 12:04撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センボンヤリ。所々で見かけました。
無事股峠に戻ってくる。案内の看板。
2017年04月29日 12:16撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事股峠に戻ってくる。案内の看板。
有名な看板
2017年04月29日 12:28撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な看板
これもセンボンヤリでいいのかな?葉っぱが違うような。
2017年04月29日 12:46撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもセンボンヤリでいいのかな?葉っぱが違うような。
ここまで、上級者コースを来たけど写真を撮る余裕なし。
2017年04月29日 12:47撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで、上級者コースを来たけど写真を撮る余裕なし。
1
西岳山頂へはこの尾根を歩く。高度感がすごい。
2017年04月29日 12:58撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳山頂へはこの尾根を歩く。高度感がすごい。
フデリンドウ
2017年04月29日 12:59撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フデリンドウ
一般コースとの合流点
2017年04月29日 13:02撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般コースとの合流点
西岳に無事到着。この先も険しい道が続く。
2017年04月29日 13:06撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳に無事到着。この先も険しい道が続く。
西岳を振り返って。この尾根を歩いてきた。
2017年04月29日 13:26撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳を振り返って。この尾根を歩いてきた。
1
岩場に咲くスミレ
2017年04月29日 13:28撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場に咲くスミレ
トリカブト?
2017年04月29日 13:38撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト?
下りもしばらく険しい道が続く。クサリ場も(こちらは撤去されていない)。
2017年04月29日 13:50撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りもしばらく険しい道が続く。クサリ場も(こちらは撤去されていない)。
こんなところを下りて来た。まだ気は抜けない。
2017年04月29日 13:54撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところを下りて来た。まだ気は抜けない。
ここまで来ると道がしっかりする。だけど樹林に入ると、道がはっきりしないのでルートファインディングが必要
2017年04月29日 13:55撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると道がしっかりする。だけど樹林に入ると、道がはっきりしないのでルートファインディングが必要
木に木が巻きついている
2017年04月29日 14:01撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木に木が巻きついている
志賀坂峠との分岐では、鹿よけのネットがある方を行く
2017年04月29日 14:32撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志賀坂峠との分岐では、鹿よけのネットがある方を行く
二子山を振り返って
2017年04月29日 14:39撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二子山を振り返って
登山口に到着。国道を通って駐車場へ戻る。
2017年04月29日 15:02撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。国道を通って駐車場へ戻る。
帰りに寄った、恐竜の足跡
2017年04月29日 15:38撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに寄った、恐竜の足跡
この穴ぼこが恐竜の足跡。なぜ壁面に足跡があるかって、それは‥‥
2017年04月29日 15:38撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この穴ぼこが恐竜の足跡。なぜ壁面に足跡があるかって、それは‥‥

感想/記録
by zemlya

埼玉県内の知る人ぞ知るクレージーマウンテン、二子山をようやく訪れることができた。悪天候のために昨年2度中止したので、今回は文字通り3度目の正直であった。
時折激しい雷雨に見舞われるとの予報に今回も中止せざるを得ないかと思ったが、快晴とはいかないまでも風雨は皆無でまずまずのコンディションだった。
最初向かった東岳へ至るコースもなかなかスリリングだったが、西岳への上級者コースの核心部分では、掴みやすいホールドは多いものの確保無しのほぼ垂直な壁面にかなりの緊張を強いられた。しかし、クリアした後の達成感と山頂からの絶景は格別だった。
下山後は県境を超えて群馬県上野村にある野栗沢温泉”薬師の湯 すりばち荘”に立ち寄った。無色透明ながら加温のみの源泉100%のお湯で、窓から見える川の景色も相まって心身ともにくつろげ、山行の充実度がさらに増したように感じられた。

感想/記録

奥秩父の岩山、二子山へ。
結構険しいコースなので、この山行のためにヘルメットを購入。

登山口から股峠までも、結構急な道が続く。ニリンソウが群生していて結構綺麗。
股峠では、二子山の開山式をやっていたようで、人が沢山。

まずは東岳へ向かう。ヘルメット装着。覚悟していた通り、険しいルート。石灰岩なのでホールドは沢山あるが、所々切れ落ちていて、慎重に進む。
東岳山頂からは両神山〜遠くに雲取山まで見渡せる。

股峠に戻り、次は西岳へ。
上級者コースと一般コースとあるが、上級者コースを進む。こちらは、ほぼ垂直な岩壁を登る。ルートには、かつてクサリが付けてあったであろう金具がそこらに見られる。石灰岩の割れ目をホールドにしながら、慎重に登る。上を見て、あまり下は見ないことにする。
中央峰まで登ると、ロープを持ったクライマーの人たちが。西岳までの稜線が見渡せる。ヤセ尾根を歩く人たちの姿が。

少し休憩した後、西岳へ向かう。さらに、西岳の先の尾根へ。
この尾根は下が切れ落ちており、高度感がある。所々垂直に近い上り下りもある。今日は風が無かったけど、風が吹いていたら結構危なそう。
坂本下降点からの下りもまだ険しい。クサリのある懸垂下降も。
ローソク岩分岐まで来ると、普通の登山道に。ここでようやく、お昼ご飯(ご飯を食べると気が緩んでしまいそうで、ここまで我慢した)。

振り返ると二子山の山並みが。改めて、ずいぶん険しいところを通った事を認識する。岩壁ではクライミングをしている人が見えました。
無事下山できたことに感謝。

温泉に行く途中に、恐竜の足跡に寄る。かつて川原だった所に残された恐竜の足跡の化石らしい。どうしたら足跡が化石となって残るんでしょうね?
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1861人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ