また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1123034 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

御岳山〜大岳山

日程 2017年04月10日(月) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
寒山寺駐車場 -> 山行(舗装路移動含む) -> ケーブル下バス停 -> 払沢バス停 -> 寒山寺駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間0分
休憩
1時間6分
合計
8時間6分
S寒山寺駐車場08:3711:21御岳山11:3611:45長尾平分岐12:2813:06奥の院(甲籠山)13:0713:20鍋割山13:2213:39鍋割山分岐13:4014:27大岳山14:2815:02鍋割山分岐15:18綾広の滝15:2015:37長尾平分岐15:3816:43ケーブル下バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 保険証 携帯 時計 タオル カメラ シットマット

写真

昨秋に登山を始めて、近場の筑波山周辺や房総の低山ばかり行っていた。
今回は奥多摩山行の第1回目。寒山寺駐車場に車を停め、御岳山へ。
途中、御嶽駅近くの橋から多摩川をのぞき込んでみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨秋に登山を始めて、近場の筑波山周辺や房総の低山ばかり行っていた。
今回は奥多摩山行の第1回目。寒山寺駐車場に車を停め、御岳山へ。
途中、御嶽駅近くの橋から多摩川をのぞき込んでみる。
やっと御嶽神社の鳥居。舗装路をひたすら歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと御嶽神社の鳥居。舗装路をひたすら歩く。
ケーブルカー滝本駅。
今日は舗装路をとことん歩く!とケーブルカーにも乗らずに歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブルカー滝本駅。
今日は舗装路をとことん歩く!とケーブルカーにも乗らずに歩く。
また御嶽神社の鳥居。今度は朱塗りではなく石造り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また御嶽神社の鳥居。今度は朱塗りではなく石造り。
いわゆる七曲がりの道が続く。
杉の大木が道の両側に並び、その樹齢が御嶽神社の歴史を感じさせる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いわゆる七曲がりの道が続く。
杉の大木が道の両側に並び、その樹齢が御嶽神社の歴史を感じさせる。
うまたてば。ここは昔、馬を休ませた場所らしい。
なるほど、と説明に納得しながら、舗装路を歩く。
御岳山青年団「岳の子」建立。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うまたてば。ここは昔、馬を休ませた場所らしい。
なるほど、と説明に納得しながら、舗装路を歩く。
御岳山青年団「岳の子」建立。
土が流され、根がむきだしになってしまっている。
人間のせいなのか、それとも自然によるものなのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土が流され、根がむきだしになってしまっている。
人間のせいなのか、それとも自然によるものなのか。
おおまがり。
そのままだね、と思いながら歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおまがり。
そのままだね、と思いながら歩く。
カーブの向こうに猪!いや、犬か?まさか熊?
一瞬、ドキッとした正体は木の根っこでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カーブの向こうに猪!いや、犬か?まさか熊?
一瞬、ドキッとした正体は木の根っこでした。
なかみせ。昔、ここには茶屋があったらしい。
もうへとへとなので、ここで座って団子とか食べられたら、
それはそれは幸せだろうと思いながら、舗装路を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかみせ。昔、ここには茶屋があったらしい。
もうへとへとなので、ここで座って団子とか食べられたら、
それはそれは幸せだろうと思いながら、舗装路を歩く。
だんごどう。ここにはお地蔵様を奉ったお堂があったらしい。
団子屋さんかと思った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんごどう。ここにはお地蔵様を奉ったお堂があったらしい。
団子屋さんかと思った。
やまのかみ。
ここは下界と山上の世界との境界で、山の神が奉られていたらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やまのかみ。
ここは下界と山上の世界との境界で、山の神が奉られていたらしい。
くろもん。
ここは御師集落の入口で、黒い門があったとの事。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くろもん。
ここは御師集落の入口で、黒い門があったとの事。
正面に見える上り道は、ケーブルカー駅への道。
御嶽神社へは左へ曲がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に見える上り道は、ケーブルカー駅への道。
御嶽神社へは左へ曲がる。
いい感じの看板。
関係ないが、作家の故遠藤周作を思い出す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの看板。
関係ないが、作家の故遠藤周作を思い出す。
神代ケヤキ。樹齢は推定600年。
それに比べて、人の命は何と短いことかと思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神代ケヤキ。樹齢は推定600年。
それに比べて、人の命は何と短いことかと思う。
やっと御嶽神社に到着。
参拝、宝物殿を見てから、登山道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと御嶽神社に到着。
参拝、宝物殿を見てから、登山道へ。
登山道に入ってすぐの長尾茶屋のあたりで昼食。
いつものコンビニお握り。
茶屋のメニューにワイン、日本酒とかあって心惑わされるが、ぐっと我慢。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入ってすぐの長尾茶屋のあたりで昼食。
いつものコンビニお握り。
茶屋のメニューにワイン、日本酒とかあって心惑わされるが、ぐっと我慢。
大岳山に向かう。途中の分岐は巻き道ではなく、奥の院、鍋割山の方向へ。
鎖場もあるが、難易度は高くない。
途中、登山装備の欧米人家族とすれ違う。大岳山に登るなんて、観光客ではないよね、きっと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山に向かう。途中の分岐は巻き道ではなく、奥の院、鍋割山の方向へ。
鎖場もあるが、難易度は高くない。
途中、登山装備の欧米人家族とすれ違う。大岳山に登るなんて、観光客ではないよね、きっと。
奥の院。お参りして、先に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院。お参りして、先に進む。
大岳山に向かう途中の鎖場。
東南アジア系の街歩き装備のカップルを追い抜き、テニスラケット用リュックの若者に
追い抜かれる。色々な人がいます、大岳山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山に向かう途中の鎖場。
東南アジア系の街歩き装備のカップルを追い抜き、テニスラケット用リュックの若者に
追い抜かれる。色々な人がいます、大岳山。
気温は高くないが汗だくになりながら、大岳山山頂に到着。
私は平地でもいつも汗だくです。
富士山が見える。望遠で撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は高くないが汗だくになりながら、大岳山山頂に到着。
私は平地でもいつも汗だくです。
富士山が見える。望遠で撮影。
雲が厚くなり、冷たい風が吹きはじめた。
雨になるかもしれないと思い、急いで帰路につく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が厚くなり、冷たい風が吹きはじめた。
雨になるかもしれないと思い、急いで帰路につく。
ロックガーデン。雨になりそうなので、立ち寄らずに通過する。
次回は行ってみよう、必ず。
滝本駅の先のケーブル下バス停まで歩き、バスと徒歩で駐車場へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックガーデン。雨になりそうなので、立ち寄らずに通過する。
次回は行ってみよう、必ず。
滝本駅の先のケーブル下バス停まで歩き、バスと徒歩で駐車場へ。
訪問者数:44人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ