また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1132454 全員に公開 山滑走 鳥海山

鳥海山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2017年05月05日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
夕方5時〜翌朝8時までブルーラインは夜間通行止め。
7時半頃の時点で20台近くの待ち(山形側)
大平山荘のちょっと先に駐車スペースあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間26分
休憩
30分
合計
5時間56分
Sスタート地点08:5409:42清水大神10:13河原宿11:38御田ヶ原11:4211:52御田ヶ原分岐12:13七五三掛12:1412:50折り返し点13:1513:17七五三掛14:42河原宿14:50吹浦口登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
七五三掛から千蛇谷に入る所が行ききれず。。。
一回急斜面を滑ってから千蛇谷を登り返すことは可能かもしれないけど、戻れるか微妙だったので無理せず折り返しました。
その他周辺情報湯の台温泉鶴泉荘 300円
過去天気図(気象庁) 2017年05月の天気図 [pdf]

写真

大平山荘や駐車場が眼下に見えます。
登り始めの斜面がなかなか急で、足に堪えます。
2017年05月05日 09:10撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平山荘や駐車場が眼下に見えます。
登り始めの斜面がなかなか急で、足に堪えます。
日本海!
海に浮かんでいるのは飛島かな。
2017年05月05日 09:35撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海!
海に浮かんでいるのは飛島かな。
笙ヶ岳の斜面ですね。
こっち方面に向かった人はいたようですが、滑っている人は見かけませんでしたね。いたのかな?
2017年05月05日 10:30撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笙ヶ岳の斜面ですね。
こっち方面に向かった人はいたようですが、滑っている人は見かけませんでしたね。いたのかな?
2
山頂に雲がかかり始めました。
下には鳥海湖。
まず1本滑ることにしました。
2017年05月05日 10:38撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に雲がかかり始めました。
下には鳥海湖。
まず1本滑ることにしました。
1
鳥海湖から扇子森に登り返して。
2017年05月05日 11:41撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥海湖から扇子森に登り返して。
1
七五三掛。
アイゼン無しではちょっと怖くて…。
ここから外輪山をちょっと登ったところで折り返すことにしました。
2017年05月05日 12:19撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七五三掛。
アイゼン無しではちょっと怖くて…。
ここから外輪山をちょっと登ったところで折り返すことにしました。
1
浅い沢筋を1本滑走。
ここは気持ちいい!
2017年05月05日 14:07撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅い沢筋を1本滑走。
ここは気持ちいい!
1
雲が湧き上がってきたので、早めに降りましょう。
2017年05月05日 14:46撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が湧き上がってきたので、早めに降りましょう。
1
駐車場が見えてきて一安心。
2017年05月05日 14:57撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場が見えてきて一安心。

感想/記録

シーズンの〆には鳥海山。
6日は雨予報なので、5日だけ滑る予定で出発。
約540kmの道のりは遠い!

1日だけだったら、やっぱり日本海を目前に滑りたくて、吹浦口ルートを選択しました。
最初の取り付きが少し急で、寝不足気味の体に堪えます。
そのうち緩やかになってちょっと進むと鳥海湖の上に出ます。
登山をしに来たのではなくて滑りに来たのだから、気持ちよく1本目を滑ります。
滑った分は当然登り返し。扇子森方向に直登です。
またゆるい斜面を滑って軽く対面を登ると、そこが七五三掛。
う〜む。アイゼン無しでのトラバースは厳しそう…。
滑るに来たわけだし!と思い直して千蛇谷に向かうのは断念だ。

それならとばかりに浅い沢筋を程々まで滑降。
ここは雪崩の危険が少なく、その割には右に左に当て込めるので好きな斜面です。
そこでのんびりと昼食、そして登り返し。
とそんなこんなで無事に今シーズンも終了と。

下山後は温泉からの海鮮丼。
車中泊からの翌朝も海鮮丼。
鳥海山は海に近いからそんなこともできちゃいます。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:375人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 雪崩 直登 外輪山 車中泊 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ