また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1148091 全員に公開 ハイキング東海

京丸山(石切ゲートから周回)

日程 2017年04月04日(火) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

07:25 石切ゲート
08:25 疲れた(10分休憩)
09:30 ボンジ山(10分休憩)
10:40 かなりダリィ(10分休憩)
11:35 京丸山(10分休憩)
13:40 石切ゲート
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

写真

ひさびさのマイカー登山、早朝から春野町へと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひさびさのマイカー登山、早朝から春野町へと。
京丸林道をゴトゴトと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京丸林道をゴトゴトと。
石切ゲート前に到着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石切ゲート前に到着しました。
ひとつひとつ丁寧に読む(ウソ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひとつひとつ丁寧に読む(ウソ)
京丸山へ行くには右の道を進みますが、今回はボンジ山からまわるので、まずは左の道を行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京丸山へ行くには右の道を進みますが、今回はボンジ山からまわるので、まずは左の道を行きます。
右手に小屋を見ながら左へカーブ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に小屋を見ながら左へカーブ。
何も考えずに歩いていると見落としてしまいそうですが、左を見ながら歩くと赤テープが付いている場所があり、そこがボンジ山への取り付き点になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何も考えずに歩いていると見落としてしまいそうですが、左を見ながら歩くと赤テープが付いている場所があり、そこがボンジ山への取り付き点になります。
序盤から出鼻をくじく急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤から出鼻をくじく急登。
赤テープをていねいに追っていけば迷う心配もなく、基本的に尾根筋に沿って直登するので、ほぼ一本道といっていい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤テープをていねいに追っていけば迷う心配もなく、基本的に尾根筋に沿って直登するので、ほぼ一本道といっていい感じ。
遠くにうっすらと京丸山が見えます。ただひとこと、すげえ遠い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くにうっすらと京丸山が見えます。ただひとこと、すげえ遠い。
こうして見ると、かなりの急斜面です。とはいえ、こんな急斜面でも林道歩きよりは楽しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうして見ると、かなりの急斜面です。とはいえ、こんな急斜面でも林道歩きよりは楽しい。
けっこうザレていて、足を置くとズルッとすべってしまい、かなり歩きにくいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこうザレていて、足を置くとズルッとすべってしまい、かなり歩きにくいです。
ボンジ山が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボンジ山が見えてきました。
ようやく稜線にたどり着きました。まずは左に曲がってボンジ山へと向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく稜線にたどり着きました。まずは左に曲がってボンジ山へと向かいます。
思いのほか雪が残っております。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思いのほか雪が残っております。
でもいい景色なんだな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもいい景色なんだな。
ボンジ山(1,293m)到着いたしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボンジ山(1,293m)到着いたしました。
三等三角点「梵字」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点「梵字」
チェーンスパイクを装着して、続いて京丸山を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンスパイクを装着して、続いて京丸山を目指します。
京丸山までは、ゆるやかな樹林帯の道を3kmほど歩きます。一本道ですが尾根が広いのでルートを外しやすい感じ。赤テープを追っていけば大丈夫。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京丸山までは、ゆるやかな樹林帯の道を3kmほど歩きます。一本道ですが尾根が広いのでルートを外しやすい感じ。赤テープを追っていけば大丈夫。
ひたすら樹林帯で展望ナシ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら樹林帯で展望ナシ。
雪が腐ってきて微妙に足を取られて歩きにくい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が腐ってきて微妙に足を取られて歩きにくい。
尾根伝いに歩くだけですが、けっこう広い尾根なので、赤テープを見落とさないように歩いていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根伝いに歩くだけですが、けっこう広い尾根なので、赤テープを見落とさないように歩いていきます。
樹林帯のスキマから、深南部の山々が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯のスキマから、深南部の山々が見えます。
予想外に疲れる・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想外に疲れる・・・。
雪がなくなると、一気に歩きやすくなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がなくなると、一気に歩きやすくなります。
まあ、好天で何よりであります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあ、好天で何よりであります。
硬い枝に行く手を阻まれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硬い枝に行く手を阻まれる。
最後の稜線に取り付けば、山頂まであと700mほど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の稜線に取り付けば、山頂まであと700mほど。
京丸山(1,469m)到着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京丸山(1,469m)到着しました。
積雪がまだ30cm以上残っていて三角点は発見できず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪がまだ30cm以上残っていて三角点は発見できず。
帰りは京丸集落へと下っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは京丸集落へと下っていく。
岩がゴツゴツで却ってスベリやすくなっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がゴツゴツで却ってスベリやすくなっている。
最高の展望であります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の展望であります。
痩せ尾根・崩壊地・岩場など油断できない場所も多く気を抜けません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根・崩壊地・岩場など油断できない場所も多く気を抜けません。
しばし下ると林道に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし下ると林道に合流。
林道の途中に高塚山(左)と竜馬ヶ岳(右)の展望がすばらしい絶景ポイントあり。ここでお弁当を食べたら最高です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の途中に高塚山(左)と竜馬ヶ岳(右)の展望がすばらしい絶景ポイントあり。ここでお弁当を食べたら最高です。
京丸山〜竜馬ヶ岳〜岩岳山へとつづく美しい稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京丸山〜竜馬ヶ岳〜岩岳山へとつづく美しい稜線。
シロヤシオのつぼみでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオのつぼみでしょうか。
赤テープに誘われすぎてヘンなとこに入り込んでしまい、林道に下りられなくなってにっちもさっちも行かなくなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤テープに誘われすぎてヘンなとこに入り込んでしまい、林道に下りられなくなってにっちもさっちも行かなくなる。
ムリヤリ飛び降りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムリヤリ飛び降りる。
山の神を過ぎたら、ふたたび登山道に入っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神を過ぎたら、ふたたび登山道に入っていきます。
何の機械でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の機械でしょうか。
けっこうザレていてスベリやすい。スベってケガした本人が言うんだから間違いない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこうザレていてスベリやすい。スベってケガした本人が言うんだから間違いない。
無事(でもないが)林道に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事(でもないが)林道に合流。
ゲッ、ストックが片方なくなっとる!さっき転んだときに落としたかっ(汗)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲッ、ストックが片方なくなっとる!さっき転んだときに落としたかっ(汗)
仕方ねえ、登り返しはキライだが、取りに戻るか・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方ねえ、登り返しはキライだが、取りに戻るか・・・。
50mぐらい戻ったら落ちてた ヽ(・ω・)/ズコー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50mぐらい戻ったら落ちてた ヽ(・ω・)/ズコー
あとは林道を歩いて戻るだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは林道を歩いて戻るだけ。
自然っていいな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然っていいな。
ゆるやかに登っていて地味にダリィ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるやかに登っていて地味にダリィ。
石切ゲートまで無事戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石切ゲートまで無事戻ってきました。
こんなに天気が良いのに最後まで誰とも会わなかった。おかげで静かな山歩きになって良かったのう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに天気が良いのに最後まで誰とも会わなかった。おかげで静かな山歩きになって良かったのう。

感想/記録
by bk138

===============================
<コース>

 京丸林道終点の石切ゲートから京丸山を往復するコース、
 今回は、ボンジ山から京丸山を周回してきました。

 ボンジ山へは、石切ゲート先の分岐を左に取り、
 右手に小屋を見ながら左カーブするとすぐに取り付き点があります。

 少しわかりづらいのですが、赤テープがついているので
 見落とすことはないと思います。

 そこから稜線まではひたすら急登、
 赤テープを追っていけば迷うことはありませんが、
 足元がザレている場所もあり、けっこうキツイです。

 稜線に出れば標識があるので、西へ進めばほどなくボンジ山。

 ボンジ山から京丸山まではアップダウンの少ない
 歩きやすい尾根道ですが、尾根が広くなっているので
 適当に歩いていると横へ逸れていくこともあるので、
 赤テープを拾いながら進むと良いでしょう。

 今回は雪が残っていましたが、雪がなければ
 踏み跡があるはずなので、それを追えば良いかと。

 ピークを辿りながら進むと京丸山です。

 京丸山からは、ひたすら南下して林道に取り付いたあと、
 山の神(祠)を過ぎたあと、林道伝いに京丸集落に寄るもよし、
 林道を突っ切る登山道を下るもよし、いくつかルートがあります。

 ひたすら林道を戻れば石切ゲートに到着します。
===============================
<感想>

 ようやく車が修理から帰ってきたので、
 早速、車でなければ行けないような場所を求め、
 シロヤシオの群落で有名な京丸山へ行くことに。

 シロヤシオの時期にはまだ早いですが、
 天気が良いので誰かに会うかと思っていたものの、
 まだ雪が残る時期なので敬遠されているのか、
 結局誰とも会いませんでした。

 京丸山のピストンでは物足りないので、
 ボンジ山もあわせて回ってくることにしましたが、
 序盤のボンジ山への急騰が意外と手強く、
 ひさびさの本格的な山歩きにしてはハードでした。

 雪が残っていることで足を取られ、
 普通に歩いているよりも疲れてしまいましたが、
 幸いなことにコースも明瞭で歩きやすいので助かりました。

 京丸山の山頂は展望こそないものの、
 広くて静かな山頂がとてもいい雰囲気でした。

 京丸山から高塚山にも縦走できるようですし、
 今回、京丸集落や灰縄山にも寄らなかったので、
 まだまだ歩きたいコースがたくさんあります。

 秘境の山と呼ばれていたという京丸山も、
 自動車の普及や林道の整備のおかげで
 気軽に訪れることができるようになり、
 ありがたい限りであります。
===============================
訪問者数:344人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ