また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 115085 全員に公開 沢登り支笏・洞爺

社台滝(悪魔の滝?)

日程 2011年06月05日(日) [日帰り]
メンバー
 pei(気象)
 kon
 marikka(感想)
 iwa3(CL)
, その他メンバー5人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
インクラの滝展望台を通り過ぎ、左手の林道を奥まで道なり。
林道ゲイト先は、所々で普通車では厳しい雨裂等がありますが
ゆっくり走れば大丈夫です。釣り人の普通車が入っていました。
林道ゲイトが締まっていると、ゲイトから入渓地点までは
2時間ほど歩かなくてはならないようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:43入渓-8:55砂防ダム-9:07第4の砂防ダム-9:58柱状節理-
11:27社台滝12:00-12:50釣りポイント13:50-14:25柱状節理-
15:14第4の砂防ダム-15:45駐車場所
コース状況/
危険箇所等
ほぼ7割は河原歩きです。柱状節理が見えたあたりから
岩が苔むし、岩も大きくなってきます。滝が間近になると
巨岩帯になり、体の小さな人間には、なかなか難しい。
岩のジャングルジム状態で、行きどまっては戻りと迷路みたいです。
帰りも同じ道を戻るので、ちと緊張感が欠けそうになりますが、
あまり人が入っていない川なので、浮き石もあり危ないです。
最後まで気を抜かないようにしなくてはです。
過去天気図(気象庁) 2011年06月の天気図 [pdf]

写真

砂防ダムに向かって(8:41)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防ダムに向かって(8:41)
二つ目の砂防ダム(8:55)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の砂防ダム(8:55)
1
三つ目の砂防ダムが見えてきた(9:03)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ目の砂防ダムが見えてきた(9:03)
4つ目これが最後の砂防ダム(9:07)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4つ目これが最後の砂防ダム(9:07)
暑い、水飲み休憩(9:24)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑い、水飲み休憩(9:24)
滑のような岩盤(9:37)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑のような岩盤(9:37)
柱状節理が見えてきた(9:58)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柱状節理が見えてきた(9:58)
崩れた岩も大きい(10:02)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れた岩も大きい(10:02)
岩が大きくなってきた(10:15)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が大きくなってきた(10:15)
滝の上が見えてきた(11:04)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の上が見えてきた(11:04)
滝が見えてから滝下までが巨岩(11:27)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝が見えてから滝下までが巨岩(11:27)
なんとも不思議な形(11:38)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとも不思議な形(11:38)
1
その前に記念撮影(iwa写真)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その前に記念撮影(iwa写真)
2
魚のいそうなポイント?(12:20)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚のいそうなポイント?(12:20)
ポイントで大休憩(13:00)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポイントで大休憩(13:00)
イワナをたき火で(13:05)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワナをたき火で(13:05)
1
下りも釣りポイントで(14:07)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りも釣りポイントで(14:07)
1
長い河原歩きに疲れも出てくる(15:11)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い河原歩きに疲れも出てくる(15:11)
やれやれ車が見えた(15:44)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やれやれ車が見えた(15:44)

感想/記録

社台滝、一度は見に行かなくてはと思っていた滝です。
今年から林道の鍵が新しく付け替えられ、以前のダルマ鍵のようには
いかなくなるということです。ゲイトが締まっていれば、入渓地点まで
10kmほどの林道歩きになります。

白老の「我らが名リーダー」シラちゃんに情報を求めると、
早速バイクで林道の様子を見に行ってくれました。
ゲイトも開いているし、道も大丈夫とのメールがきました。
どうやら山菜シーズンは、ゲイトに鍵は掛けないようだとのこと。
新しい鍵にならないうちにと、仲間と行ってきました。

朝からスカッパレ! インクラの滝への道を進み、展望台を
やり過ごし、林道を左へ。ゲイトもシラちゃん情報通りにスカッパレ!
所々で普通車には厳しい所もありますが、我らがRV車2台は
快適に林道を進みます。10kmほどで、両側が微妙に崩れており
手前の待避所に車を置くことにします。

準備して林道を少し進むと、釣り人の車と思われる普通車がありました。
適当なところから入渓。すぐ砂防ダムです。この後3つ、合計4つの砂防ダムがありました。
河原歩き、砂の所には鹿の足跡がイッパイあります。
熊がいても不思議じゃない場所なので、笛を吹きながら進みます。
川の水はとても綺麗で、新緑と青空でなんか皆様ウキウキです。
一時間ほど歩くと、柱状節理が右岸にそびえています。なかなかな見ごたえです。
崩れ落ちたらしい大岩も苔蒸し、なんとも奥深さを感じますね。

川は滝もなく、たまに明るい茶色の岩盤の滑がありますが、さほど変化はなし。
柱状節理が過ぎたぐらいから、岩がだんだん大きくなり、ノッコシたり
回り込んだりと、体の小さな女性陣にはなかなか厳しい。
お魚がいそうな淵を観察しながら遡るのですが、なぜか魚影が見えない。
そんなこんなブツブツ言いながら歩いていると、フライマン二人と出会いました。
向こうも露骨に「これで今日の釣りは終わりだ」なんて言ってたけど、
魚影がないのは、この人たちのせいねと妙に納得でした。

大岩をやり過ごしながら進むと、滝の上部が木立の上に見えてきた!
やったー、もうすぐだと思ったけど、ここからが岩はますます大きく
巨岩帯となり、なかなか滝下につかない。でも、ゴールが近いので
みんな妙に力強く先へ先へと進みますというか登ります。
滝ツボまで登ると、以外と滝つぼの深さがないです。
すだれ状に落ちるので、滝下に楽勝で立てます。修行する人も(^_-)
メンバーに雨男がいるのですが、彼も修行に。修行してパワーアップしたのか
帰り道、少し雨がポツポツしましたわ。

滝のそばは巨岩帯で落ち着かないので、少し下って「あの!」お魚ポイントで
大休憩することにします。30分ほど降りたところで、釣り師に変身4名ほど。
がやがや賑やかに歩いたせいか、お魚は隠れたようですが、リーダーiwaさんが
25cmほどのイワナを釣りあげました。今日の釣りリーダーpeiさんもイワナ!
あとは川カジカでした。一匹だけ、たき火で塩焼きしましたが、とても美味しかったです。
川の水は綺麗、岩は苔蒸して緑、新緑と青空。虫もほとんど気にならない。
最高の川遊びです。釜揚げうどんと蕎麦に途中で取ったタケノコも入れ
美味しい昼食で一時間ほどまったりしました。
何時までも遊んでいたい川ですが、先も長いので出発。
浮き石に気をつけて、来た道を戻ります。それでも、釣りをしながら
蕗を取りながらと、なんとなく足が止まりがち(^_-)

砂防ダムが見えてきた。4つある砂防ダムの最後の手前で林道にあがり
無事終了です。社台滝、噂には聞いていましたが、一種独特の雰囲気の滝です。
どうしてこうなっちゃったのと、何度も何度も見つめてしまいました。
滝登りとかないので、体が濡れる心配がないので、秋の木の葉が少し落ちた頃も
いいのかも知れないけど、熊が恐いですね。盛夏は木陰がなく暑いかも。

ただの河原歩きと思っていたけど、岩は大きいし、浮き石も多いし
とっても疲れましたです。





訪問者数:5158人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

浮き石 林道 GPS 右岸 節理 砂防ダム

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ