ヤマレコ

記録ID: 1172042 全員に公開 ハイキング富士・御坂

十二ヶ岳(毛無山〜金山〜節刀ヶ岳〜鬼ヶ岳)

日程 2017年06月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもりのちはれ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
文化洞トンネル近くの登山者用Pに駐車しました。10台くらいのキャパがあります。以前の駐車場がなくなりましたのでうれしいと思います。鬼ヶ岳から根場に下山し西湖周遊バスで西湖東口まで(340円)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間17分
休憩
1時間4分
合計
6時間21分
S旧公民館駐車場06:2506:31旧文化洞駐車場06:31毛無山登山口バス停07:44毛無山07:4607:49一ヶ岳07:5008:43十二ヶ岳吊橋09:03十二ヶ岳09:2209:57金山10:04節刀ヶ岳分岐10:07節刀ヶ岳10:1110:13節刀ヶ岳分岐10:19金山10:2010:42鬼ヶ岳10:4810:59雪頭ヶ岳11:2912:44西湖いやしの里根場12:4512:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
鬼ヶ岳から先とも考えましたが、富士山が隠れてしまったこと;王岳まで時間がかかりそうだなということ;鍵掛峠からの下山も展望がなさそうなので鬼ヶ岳から下山しました。
コース状況/
危険箇所等
迷うような箇所はありませんが十二ヶ岳周辺の岩場と毛無山からのアップダウンが少し頑張りが必要です。路サイドから樹木が張り出しています。長袖長パンツのほうがよいでしょう。
その他周辺情報根場いやしの里;昔風情のテーマパークのようなものがあります。入園料が必要です。西湖周遊バスは1時間に2本あり使えます;観光客の車も多くやや遅れ気味です。
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ 膝サポ テーピング 敷物
備考 長袖のシャツはあったほうがよいでしょう。

写真

以前から行きたかった毛無山から十二ヶ岳のコースを歩きます。朝はあいにくのくもり。毛無山からの富士山もまっしろ。朝方は湿った空気の影響で曇りとの予報が的中。左は河口湖;右は西湖です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前から行きたかった毛無山から十二ヶ岳のコースを歩きます。朝はあいにくのくもり。毛無山からの富士山もまっしろ。朝方は湿った空気の影響で曇りとの予報が的中。左は河口湖;右は西湖です。
十二ヶ岳に向かいます。四岳付近から十一ヶ岳でしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十二ヶ岳に向かいます。四岳付近から十一ヶ岳でしょうか。
1
アップダウンの後いよいよ核心部にせまります。これは十ヶ岳の表示ですがピークはこの頭上の岩稜でしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンの後いよいよ核心部にせまります。これは十ヶ岳の表示ですがピークはこの頭上の岩稜でしょう。
橋の上部から十二ヶ岳を望みます。かなり急な様子。青空が出てきました。日照もよくなり明るくなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の上部から十二ヶ岳を望みます。かなり急な様子。青空が出てきました。日照もよくなり明るくなってきました。
吊り橋をわたり、十二ヶ岳への急登をあえぎあえぎ登ります。ロープが付けられていますが三点支持で登れば大丈夫。立ち休みしながらときおり色付きのよい緑が現れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋をわたり、十二ヶ岳への急登をあえぎあえぎ登ります。ロープが付けられていますが三点支持で登れば大丈夫。立ち休みしながらときおり色付きのよい緑が現れます。
十二ヶ岳はあまり広くないピークです。富士山の側だけ大きく開けています。すこし見ていると富士山の頭が出てきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十二ヶ岳はあまり広くないピークです。富士山の側だけ大きく開けています。すこし見ていると富士山の頭が出てきました。
さらに・・・クリアになりました。西湖の俯瞰も色深く大変印象的です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに・・・クリアになりました。西湖の俯瞰も色深く大変印象的です。
3
十二ヶ岳山頂標と富士山。小さな祠があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十二ヶ岳山頂標と富士山。小さな祠があります。
3
十二ヶ岳から節刀ヶ岳に向かいます。途中に金山があります。やはり富士山の側が大きく開けています。深い緑の樹林を前景に一枚。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十二ヶ岳から節刀ヶ岳に向かいます。途中に金山があります。やはり富士山の側が大きく開けています。深い緑の樹林を前景に一枚。
寄せでもう一枚。美しい。青空も非常にクリアで印象的。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄せでもう一枚。美しい。青空も非常にクリアで印象的。
1
金山から一歩きで節刀ヶ岳に到着します。山歩きには良き日です。暑いですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山から一歩きで節刀ヶ岳に到着します。山歩きには良き日です。暑いですが。
2
鬼ヶ岳山頂標です。背景に南アが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岳山頂標です。背景に南アが見えます。
1
角にような岩があり、まさに鬼ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角にような岩があり、まさに鬼ヶ岳。
2
鬼ヶ岳からも富士山が見られます。前景は雪頭ヶ岳です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岳からも富士山が見られます。前景は雪頭ヶ岳です。
雪頭ヶ岳からの富士山;このあと雲が多く厚くなり富士山が隠れ気味になりました。富士山も見納め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪頭ヶ岳からの富士山;このあと雲が多く厚くなり富士山が隠れ気味になりました。富士山も見納め。
1
鬼ヶ岳から下山します。これが長くて単調、樹林帯の中をひたすら下ります。堰堤のところになにやら動物が。置物かと思いきや動くんですねこれが。鹿でしょうかね;にしては何気に体格がよい。カメラを向けても逃げません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岳から下山します。これが長くて単調、樹林帯の中をひたすら下ります。堰堤のところになにやら動物が。置物かと思いきや動くんですねこれが。鹿でしょうかね;にしては何気に体格がよい。カメラを向けても逃げません。
1

感想/記録

以前から来たかった山域ですが。ヤマレコで情報収集をしていますと文化洞トンネル近くに登山客用駐車場の情報を知り得ましたので梅雨の晴間に出かけました。朝方は曇っていましたが徐々に晴間が広がり、景色を堪能したので云う事なしです。最後のさいごに格好良い鹿君とも出会えました。
訪問者数:271人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ