ヤマレコ

記録ID: 1181293 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

梅雨の西穂高岳

日程 2017年06月24日(土) 〜 2017年06月25日(日)
メンバー , その他メンバー3人
天候曇りのち雨
コース状況/
危険箇所等
西穂ロープウェイは運休中。上高地からの道は危険箇所はないが、樹林帯には残雪あり。チェーンアイゼンがあると下りが快適。
その他周辺情報沢渡のペンションしるふれいで入浴
過去天気図(気象庁) 2017年06月の天気図 [pdf]

写真

樹林帯は残雪が残っています。
2017年06月24日 14:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯は残雪が残っています。
西穂山荘。ロープウェイ運休のため宿泊者は非常に少ない。
2017年06月24日 15:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘。ロープウェイ運休のため宿泊者は非常に少ない。
ピラミッドピーク。ガスの中。
2017年06月25日 07:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピラミッドピーク。ガスの中。

感想/記録

2週間前に引き続き、福田企画の登山に出かける。西穂高岳である。
しばらく梅雨晴れが続いていたが、予想通り前線があがってきて雨予報となっている。
松本駅で福田ガイドと合流。今日のゲストは女性2人を入れて3人とのこと。
西穂高ロープウェイが点検のため運休となり、急きょ上高地からの入山となる。
沢渡からのバスを帝国ホテル前で下車。
田代橋からはまだ穂高連峰が見えているが、今日はまだしも、翌日は雨の中の登山と覚悟を決めた。
登山口で女性陣と合流して登り始める。しばらくは緩やかに行くが、段々と急登になる。
樹林帯で展望もきかず、もくもくと登るだけだが、やはり女性たちは話が好きで、おしゃべりしながらよく登れるものだと感心することしきりだ。
ジグザグに登っていくと一度緩やかになり残雪が出てくる。
僕は岩場用にアプローチシューズを履いているので、雪道は厳しい。登りはともかく、下りは持ってきたチェーンアイゼンを履くようである。
背後の霞沢岳が大きくなれば西穂山荘である。
天気が悪いし、ロープウェイも運休なので、宿泊者は10人くらい。1部屋を占拠してゆっくり休む。夕食は山賊焼き。話をしながら酒を飲み就寝。

翌朝はやはり雨が降っていたが、雲が切れてきそうとのことで、少し時間をずらして登り始める。
僕は西穂高岳は2回目で、前回は西穂高沢を直登だったので、山稜の岩峰を上り下りするのは初めてだ。
小屋から一登りで西穂丸山。周囲はガスで見晴らしは全く効かない。晴れていれば最高の稜線なのだろうが、今はひたすら登って独標、ピラミッドピークと進む。
岩峰は全部で12あるそうで、乗り越えたり巻いたりして進む。女性陣は一応ロープで確保するが、僕はなしでいく。
ところどころに高山植物が咲き始めているが、まだ数は少ない。西穂高岳の山頂についてもガスは取れず、風もそこそこあるので、ちょっと休んで下山する。
山荘までは雨はなく、ガスがまとわりつく状況であったが、山荘で西穂ラーメンを食べて下山する頃にはまた降り始めた。

登りで顔にまとわりついてうるさかった小虫も、雨の中ではそれほど来ず、雨の中をひたすら下って上高地に降りる。
帰りは沢渡のペンションしるふれいで一浴し、松本から帰宅。
訪問者数:251人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ