また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1187679 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

尾瀬(1日目:尾瀬ヶ原散策)

日程 2016年09月10日(土) 〜 2016年09月11日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目は晴天、2日目は曇り。
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
尾瀬第二駐車場までは自家用車、駐車場から鳩待峠まではバス。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間51分
休憩
12分
合計
3時間3分
S鳩待峠11:1412:04山ノ鼻12:1313:17上ノ大堀橋13:24牛首分岐(中田代三叉路)13:34下ノ大堀川橋13:3513:52竜宮十字路13:5314:14見晴(下田代十字路)14:1514:17ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

鳩待峠をスタート。素晴らしい天候。
2016年09月10日 11:09撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠をスタート。素晴らしい天候。
尾瀬の木道がスタート。暑くもなく寒くもなく、とても歩きやすい気候。
2016年09月10日 11:25撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬の木道がスタート。暑くもなく寒くもなく、とても歩きやすい気候。
トリカブトかな?
2016年09月10日 12:01撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトかな?
山ノ鼻小屋。
友人と相談してここでテント泊しようかと悩んだ末に、結局は見晴まで足を伸ばすことに。
2016年09月10日 12:05撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ鼻小屋。
友人と相談してここでテント泊しようかと悩んだ末に、結局は見晴まで足を伸ばすことに。
尾瀬ヶ原の遥か先にそびえる、燧ヶ岳。
2016年09月10日 12:58撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原の遥か先にそびえる、燧ヶ岳。
池塘が凄くキレイ。
2016年09月10日 13:03撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘が凄くキレイ。
振り替えると至仏山。
その手前を歩いているのはボッカさん。
2016年09月10日 13:08撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り替えると至仏山。
その手前を歩いているのはボッカさん。
逆さ燧。
2016年09月10日 13:12撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆さ燧。
紅葉は少しだけ。
2016年09月10日 13:39撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉は少しだけ。
見晴にてテント泊。この日のテント泊は20組くらいで、多すぎず少なすぎずで快適。
2016年09月10日 16:16撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴にてテント泊。この日のテント泊は20組くらいで、多すぎず少なすぎずで快適。

感想/記録

鳩待峠から山ノ鼻を経由して尾瀬ヶ原散策、その後は見晴にてテント泊。
9月上旬というシーズンオフの時期もあって、晴天にも関わらず人が少なく空いている尾瀬を満喫。紅葉は少しだけ始まっていた感じかな、と。
訪問者数:43人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ