ヤマレコ

記録ID: 1192294 全員に公開 沢登り奥多摩・高尾

奥多摩峰谷川坊主谷・浅間尾根下降

日程 2017年07月09日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間0分
休憩
0分
合計
7時間0分
S坊主沢出会い06:0009:30シダノ沢出会い11:00鷹巣山避難小屋下取水口13:00出会い駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三沢橋から入渓地点まで。ダートで轍が深い。ぬかるむと2WDは厳しいかも。
その他周辺情報もえぎの湯は800円だけど15時過ぎると混む。ついでに、駐車場から玄関までの徒歩20歩でも、この季節はうだるように熱い。
奥多摩郵便局そばの三河屋は日帰り入浴1,000円だけど、空いていて駐車場は近い。200円の付加価値は、各自の感覚ですね。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 7mm20M一本

感想/記録

坊主沢は南面で前半がゴルジュを楽しめるのだが、夏も盛りなのに6時スタートでは今ひとつ暗い。浸かるには忍び難く、核心の5連滝も右側を巻いてしまう。難しくはないが、ザラガレなので、いちおうロープを出す。 以後中ノ谷、シダノ沢を経てもなお、奥多摩らしい小滝連続を楽しむ。途中右斜面に水道管と作業道が見えるのはやや興冷めではあるが、エスケープがあると思えば安心。
シダノ沢出会いで、坊主を詰めて登山道を下るか、シダノ沢を詰めて沢を下るかで、ひと協議。ここまで満喫できたとのことで、満場一致で坊主遡行登山道下山とする。 坊主の詰めは思いのほか早く、一時間強で取水口に飛び出る。藪もなく簡易。
浅間登山道の下りは、上半分は広葉樹の日陰で快適。下半分は杉の間伐林で、やや暑いがまだ木陰で耐えられるほど。で、登山道下山正解!と思いきや。登山道鳥居から登山道を左に分け、尾根直下降で駐車場に向かうルートが、急傾斜のザレで悪く。仕事路を拾い拾いしながら下降するのですっかり疲弊し。車道に出たころにはすっかり汗だくで。”やっぱ下りは沢あだよね”との意見にも、結局満場一致。
早く下ったので混むので有名なもえぎの湯に向かう。14時着はまだ空いていたが、出るころには入場待ちの混雑。
訪問者数:20人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ザレ ゴルジュ ガレ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ