また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1195880 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走栗駒・早池峰

早池峰ウスユキソウに会いに行こう!!

日程 2017年07月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
盛岡より期間中の土日に直通バスがでています。7:10発 1700円 登山口まで約2時間。帰りは小田越登山口発15:10 行きも帰り1本のみ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間21分
休憩
21分
合計
4時間42分
S小田越09:1209:35御門口10:39御金蔵10:58天狗の滑り岩11:0911:21剣ヶ峰分岐11:2211:26門馬コース分岐11:34早池峰山頂避難小屋11:3811:43早池峰山11:4412:01早池峰山頂避難小屋12:0212:22門馬コース分岐12:2312:28剣ヶ峰分岐12:44天狗の滑り岩12:4513:00御金蔵13:0113:36御門口13:54小田越13:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
河原の坊コースは途中2016年の崩落により通行禁止 小田越コースはすぐに樹林帯を抜け岩場歩きになりますがそれほど難易度はたかくないです。蛇紋岩が滑りやすいのには注意が必要です。
その他周辺情報登山口周辺は売店なし 盛岡よりバスに乗る前に買い出ししましょう
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 27Lザック サングラス ゲイター ダブルストック 雨具 昼ご飯 ガスカートリッジ コンロ ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ロールペーパー 携帯 ストック ナイフ ザーマクッション プラティパス ハイドレ1.5 TG5

写真

行くぜとうほく!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行くぜとうほく!
2
ミヤマシオガマ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマシオガマ?
キバナノコマノツメ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナノコマノツメ
ミヤマアズマギク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアズマギク
ホヤ刺し初体験 うまかったぁ 岩手の地酒 男山とともに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホヤ刺し初体験 うまかったぁ 岩手の地酒 男山とともに
2
しめはじゃじゃ麺
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しめはじゃじゃ麺
3

感想/記録

初の東北遠征となりました今回の旅行ですが岩手山を避難小屋泊で2日、早池峰山を日帰りで計3日間で組んでおりました。3連休ではなくても月曜日に休みをとり今年は東北に足を踏み入れようと意気込んでいましたがなんせ梅雨時ということもあり週間天気予報があてにならんならん。決行を決めた子の週も1週間前はまぁまぁで3日前くらいから悪くなりだして出発当日の金曜日にやや予報がよくなるという感じでした。天気が悪い中決行してもしょうがないので今回も延期かと主たんですがね。3連休の3日目の天気予報がよくなったということで決行しました。結果的には2日目、3日目で岩手山を予定しておりましたがこちらは打ち切りしました。しかしながら土曜日は天気も良く最高の早池峰山となりやや消化不要の感がある東北遠征でしたがそれでも満足いく山旅となりました。せっかく遠くまで行くのに1つの山だけではもったいないというけちくさ精神がだめなんですねぇ。今度はひとたび1山で計画を立てようと思います。盛岡を拠点なら金曜夜の夜行バスからの土曜日に登山、土曜夜の夜行バスで東京までということもできますんでね。でも乳頭温泉とか八幡平あたりの温泉とかと絡めたいかな、やっぱり。はい それでは今回の山旅の感想ですが始まりは東京駅からの夜行バスとなりますが、今回は3列シートでぐっすり快眠できました。夜行バスも3回目で慣れてきましたかね。盛岡に到着時間から早池峰山行の登山バス出発までは40分ほどありましたので、予約してあったホテルが駅近なのをチェックしてましたので、避難小屋泊装備の寝袋、クッカーなどをサブザックにいれてフロントで預かっていただきました。7:10にバスは盛岡を出発して小田越の登山口まで約2時間をかけてすすみます。途中運行するバス会社の営業所にてトイレ休憩をしまして9時過ぎに到着しました。天気はとてもよく日差しが強烈でした。身支度を素早く整え登山口を出発します。樹林帯は驚くほどすぐにおわり見通しの良いのぼりの登山道を直登していきます。すぐに高山植物が咲いているのが目に飛び込んできました。登山道自体は難易度は高くないですが岩場がずっとつづき黒光りした蛇紋岩がちょっといやでしたね。天気も良く長い樹林帯歩きもなく花々もさいていてサイコーの気分ですすんでいきました。ただ暑さはきびしかったですね。アミノ酸サプリとクエン酸タブレットを今回試しましたがよかったともいます。気分的なものもあるかもしれませんが熱中症を感じることはなかったです。ハシゴ場をすぎてすぐに尾根へでますと景色は一転変わり湿原のような場所にかかる木道を進み、避難小屋まで進むと頂上はこの避難小屋の裏手にありました。頂上は土曜日ということもありにぎわっておりましたが頂上は結構いろいので皆さん思い思いの場所で休憩をされておりました。
あしにくの霞んだ空でしたので遠望は利きませんでしたがそれでも梅雨時期の貴重な晴れ間に頂上に立つことができとても満足でした。昼食をさくっとすませ下山もスムーズに登山口まで到着し15:10の盛岡行バスには1時間ほど前に到着となりました。バスの中で天気予報をチェックしましたが日月のてんきがどうもいまいちなので岩手山の計画をやめて1日早く帰宅することを選択しました。土曜日のホテルは予約済みでしたので選択としては土曜日に新幹線(早い高い)、土曜日に在来線乗継(遅い安い)そして土曜夜の夜行バス(もっと遅い値段は在来線くらい)。このなかで在来線で帰ることを選択。夜は盛岡駅付近の居酒屋を物色して直感で入ったこじんまりとした居酒屋がよかったです。いわしのなめろう、地元の枝豆、かきの天ぷら、生ホヤ、 これに岩手の地酒をあわせ至福の時間をすごしました。しめにじゃじゃ麺&ビールを近くのじゃじゃ麺専門店でいただき盛岡の夜は終了。翌日はホテルで朝食をとり7:10に盛岡を出発して11回の乗継で自宅最寄り駅まで約7,000円 到着は18:50 ふぅ〜 疲れたよ。 まぁこうゆうのは慣れてますからね。土壇場で予定がかわり代わりのプランを構築するのは。こうして初めての東北へ山旅は成功のようなちょっと足りなかったようなどっちとも取れる感じですが早池峰山がとてもよかったので大満足でございます。秋田駒、八幡平、そして今回のがした岩木山と盛岡拠点の山旅はまだまだやりそうなので、交通手段、盛岡駅周辺の飲食店情報など今後に活かせるものとなりそうです。
訪問者数:235人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ