また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1195885 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

南高尾山稜〜多摩丘陵・完結編

日程 2017年07月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
In) 高尾駅
Out) 法政大学−(バス)→西八王子駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間55分
休憩
20分
合計
4時間15分
S高尾駅14:3514:57金比羅山14:5915:55四辻16:0016:55拓大分岐17:0017:13草戸峠17:1717:32峠の丘17:3517:46段木入17:4717:54権現平18:12館町清掃工場入口18:43法政大橋18:50法政大学G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はありません。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 半袖シャツ ズボン 靴下 雨具 帽子 ザック 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

高尾駅南口から出発です。(写真を撮り忘れたので、この写真は前回ゴール時の写真の借用です。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾駅南口から出発です。(写真を撮り忘れたので、この写真は前回ゴール時の写真の借用です。)
1
道端に何気なく登山道の入口があります。(左脇に金比羅山登山口と書いてある小さい標識があります。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端に何気なく登山道の入口があります。(左脇に金比羅山登山口と書いてある小さい標識があります。)
1
いきなりの急登です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの急登です。
1
浅川金比羅宮。たったこれだけの距離で既に汗だくでバテバテです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅川金比羅宮。たったこれだけの距離で既に汗だくでバテバテです。
1
四辻手前で視界が開けました。左手の黒いビルが八王子駅前、正面中央の茶色の建物が東京医療センター、前回は右手の山から正面の住宅地に降り、左手の初沢山に進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四辻手前で視界が開けました。左手の黒いビルが八王子駅前、正面中央の茶色の建物が東京医療センター、前回は右手の山から正面の住宅地に降り、左手の初沢山に進みました。
1
四辻。高尾駅から1時間以上かかってしまいました。草戸峠まではまだ半分も来ていません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四辻。高尾駅から1時間以上かかってしまいました。草戸峠まではまだ半分も来ていません。
1
途中の指導標。火の用心の看板に手書きで「←高尾駅」とありますが、指導標には道迷いするので指導標に従うよう注意書きがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の指導標。火の用心の看板に手書きで「←高尾駅」とありますが、指導標には道迷いするので指導標に従うよう注意書きがあります。
1
拓大分岐。前回は写真奥の拓大尾根を高尾駅方向に行きました。今回はここから逆方向に草戸峠を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拓大分岐。前回は写真奥の拓大尾根を高尾駅方向に行きました。今回はここから逆方向に草戸峠を目指します。
1
草戸峠から見た高尾山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草戸峠から見た高尾山。
1
今回は時間もだいぶ費やしてしまったので、草戸山には行かずに、町田街道方向(指導標の大戸方向)に降ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は時間もだいぶ費やしてしまったので、草戸山には行かずに、町田街道方向(指導標の大戸方向)に降ります。
1
峠の丘。八王子駅前ビルとあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の丘。八王子駅前ビルとあります。
1
八王子駅前ビルが見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八王子駅前ビルが見えました。
1
東京スカイツリーとあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京スカイツリーとあります。
1
うーん、肉眼でもちょっと見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、肉眼でもちょっと見えません。
1
高尾山薬王院とあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山薬王院とあります。
1
薬王院の建物はわかりませんが、高尾山頂のアンテナが見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬王院の建物はわかりませんが、高尾山頂のアンテナが見えました。
2
行程中、ほとんど花を見ませんでしたが、なぜか一株だけ百合の花が咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行程中、ほとんど花を見ませんでしたが、なぜか一株だけ百合の花が咲いていました。
2
この尾根は多摩川水系(浅川)と境川水系の分水界ですが、不思議なことに多摩川側は広葉樹、境川側は針葉樹です。(植林のせいかもしれませんが。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根は多摩川水系(浅川)と境川水系の分水界ですが、不思議なことに多摩川側は広葉樹、境川側は針葉樹です。(植林のせいかもしれませんが。)
2
段木入近くからみた下界。左手前の白い建物が法政大の体育館、右手にかけて大学の茶色の建物が点在しています。今回はその辺りまで歩いていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段木入近くからみた下界。左手前の白い建物が法政大の体育館、右手にかけて大学の茶色の建物が点在しています。今回はその辺りまで歩いていきます。
1
権現平。かなりヘバってきて、周りを見る余裕がありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現平。かなりヘバってきて、周りを見る余裕がありません。
1
ようやく町田街道、館町清掃工場までやってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく町田街道、館町清掃工場までやってきました。
1
館町清掃工場交差点脇の駐車場入口付近に降りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
館町清掃工場交差点脇の駐車場入口付近に降りてきました。
1
法政大学ジョギングコースを歩き、途中の山中から見下ろした法政大の体育館の近くまで来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法政大学ジョギングコースを歩き、途中の山中から見下ろした法政大の体育館の近くまで来ました。
1
ちょうど夕陽の時間です。高尾山方向でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど夕陽の時間です。高尾山方向でしょうか。
2
法政大橋のたもとに出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法政大橋のたもとに出てきました。
1
法政大学でゴール。ここからバスで帰りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法政大学でゴール。ここからバスで帰りました。
1

感想/記録

7月に入り暑くなったので山歩きは辛そうだなあと思いつつも、近場で短距離なら行けるかなと思って、まだ歩いていない南高尾から多摩丘陵への道を歩くことにしました。(いわゆるマップの赤線繋ぎです。)
荷物から防寒具や手袋等を省き、その分飲料を多めに持ち出発。高尾駅南口から金比羅山に。これがいきなりの急登で、ペース配分には注意していたものの大ダメージでわずかの時間でバテ気味になりました。その後も暑さでちょっと進んではドリンクを飲みの繰り返しで、この先どうなることかと思いやられました。
最悪、四辻から高尾山口駅に降りてもいいやと思いつつ、意識的にペースダウンして進み、何とか四辻に。ここら辺で少し調子が出てきたので、このまま草戸峠に進むことに。いくら木陰が多いとはいえ、暑い中の山歩きは想像以上に堪えました。(暑い時は皆さんあまり低山には行かないのか、今回の全行程で2人しかすれ違いませんでした。)
何とか草戸峠に到着。時間と体力に余裕があれば実は草戸山から城山湖周回も当初は考えていましたが、もってのほかでした。早々に今回が初となる町田街道へのルートを下ることに。
この権現平を通る尾根ルートはちょうど多摩川水系(浅川)と境川水系の分水界となっていて、以前より歩いてきた七国峠あたりからの多摩川水系分水界歩き(南部編)はこれで一旦完結です。(北側の陣馬山から笹尾根方面と南側の町田方向の戦車尾根もありますが、また次のチャレンジとして考えています。)
町田街道まで降りてきて、そのまま高尾駅に行くという手もあったのですが、前回も歩いたので同じルートも面白くないので、法政大ジョギングコースを前回とは逆方向に進むことにしました。ジョギングコースなのでアップダウンは緩やかでしたが、それが思った以上に疲れた脚には堪えました。(欲を出して更に進んだことをかなり後悔しました。)
そんなこんなでようやく法政大学まで到達。ここからはバスで西八王子駅まで戻りました。今回は、暑い中での山歩きは想像以上にバテる、疲れる、ということを実感しました。(まあ普段の運動不足も一因ですが。)これからの夏の間は(少なくとも日中暑い時の低山歩きは)お休みかなーと思っています。(どこか涼しいところで歩きたいとは思っています。)
訪問者数:75人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 道迷い 火の用心 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ