また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 120103 全員に公開 沢登り丹沢

金目川水系 春岳沢

日程 2011年07月05日(火) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ一時曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ヤビツ峠
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

ヤビツ峠13:10-
柏木林道下降-
13:35春岳沢-
14:07モミジ谷二俣-
15:05湧水ポイント二俣状15:18-
標高830m位で右岸尾根へ-
16:35大山/イタツミ尾根-
16:39雷ノ峰尾根との分岐点16:56-
17:24ヤビツ峠
コース状況/
危険箇所等
■春岳沢(はるたけさわ)

 暑い夏にウォーターウォーキングをするなら最高の沢。
 ただし難点がある。
 1.標高820m位の二俣状でいきなり水涸れになってしまい(湧水帯あり)
   そこから上流は、沢の地形が非常に複雑かつ涸棚やらCSやら一転して
   結構しょっぱい荒れ沢となる。
 2.下流部中心にやはりヤマビルがいる。

 遡行グレード:上記1を除けば1級。いれれば2級下くらいにアップ。

 水と戯れることを目的とするなら、できるのならば水涸点から同沢を下降する
 方がよい。

 ‖膸灰ぅ織張瀏根まで登るつもりなら、ヤビツ峠をベースにして
  柏木新道を蓑毛に向かって下るようなアプローチがよい。
  春岳沢に架かる木橋手前に「髭僧ノ滝」と書かれた案内板があるので
  そちらに向かう径路に入ればよい。
  ただし案内表示はここまでで、金目ダム(堰堤)の少し先に沢へ降りる
  踏み跡があり、下に古い木橋が見えるのでこれを下る。
  木橋の先にこの沢の大滝ともいうべき「髭層の滝」10mが水を落としている。
  右側のルンゼから巻ける。

 ⊆,留當蕕鮑犬ら巻くと水量比2:3で左からモミジ谷が合わさる。
  ここから先は、飽きることなく次から次へと2〜5mの登れる滝が
  水量豊かに続いていて、まさに「納涼」沢登りが楽しい!
  下手に巻くとヒルちゃんたちがいるので、どんどん水の中を登っていく。
  せいぜい膝くらいまでなのでワイワイ遊ぶには最高。

 I弦820mくらいで見た目三俣になる。一番水量のある右は湧水ポイントで
  沢状ではない。左も水量細いがすぐ上が湧水ポイントで上部は悪そうな
  涸棚が見える。中央の涸沢が本流なのであろうが、少し上がると実は
  左のクラック棚の上が支沢になっていたり、真っ直ぐの草付きルンゼを
  登ってさらに詰めるとあまりよくないCS棚が現れ苦労させられ
  今までの楽しい水遊びのイメージとは一転して難しくなる。
  前回来たときはCS棚を怖い思いで登り、そこから左の尾根に逃げたし、
  今回は草付きルンゼを登った後、左の支沢へ入り、そのまま左の尾根に
  逃げたが、この尾根も途中岩があったり結構急な長い登りであった。
  このような苦労を考えると、やはりこの沢は水流の涸れるポイントで
  引き返した方がよいかもしれない。

  しかし水のあるところは掛け値なしに楽しい。
ファイル 20110705harutakesawa.xls (更新時刻:2011/07/05 11:15)
過去天気図(気象庁) 2011年07月の天気図 [pdf]

写真

ヤビツ峠は平日だと空いている
2011年07月05日 12:59撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠は平日だと空いている
ヤビツ峠から少し戻り蓑毛へと降りる登山道へ
2011年07月05日 13:01撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠から少し戻り蓑毛へと降りる登山道へ
春岳沢の徒渉点手前にある髭僧の滝方面へ
2011年07月05日 13:25撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春岳沢の徒渉点手前にある髭僧の滝方面へ
金目ダム案内
2011年07月05日 13:42撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金目ダム案内
金目ダムの少し先で沢へ降りると髭僧の滝
2011年07月05日 13:51撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金目ダムの少し先で沢へ降りると髭僧の滝
髭僧の滝は右側ルンゼを巻ける
2011年07月05日 13:52撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
髭僧の滝は右側ルンゼを巻ける
ここからウォータウォーキング!
2011年07月05日 13:53撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからウォータウォーキング!
水の中をジャバジャバ行こう
2011年07月05日 14:00撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の中をジャバジャバ行こう
難しい滝はほとんどない
2011年07月05日 14:29撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難しい滝はほとんどない
ここが湧水ポイント
これより上部は一転荒れ沢となり地形も複雑で難しい
2011年07月05日 14:53撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが湧水ポイント
これより上部は一転荒れ沢となり地形も複雑で難しい
このクラック涸棚の上部は沢になっている
2011年07月05日 15:25撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このクラック涸棚の上部は沢になっている
上部のCSは難しいので今回は早々と左の尾根へ逃げた
2011年07月05日 15:38撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部のCSは難しいので今回は早々と左の尾根へ逃げた
途中岩場もある急登
2011年07月05日 15:56撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中岩場もある急登
ようやくスズタケも出るとイタツミ尾根が近い
2011年07月05日 16:21撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくスズタケも出るとイタツミ尾根が近い
雷ノ峰尾根との分岐点
2011年07月05日 16:29撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷ノ峰尾根との分岐点
塔ノ岳方面
2011年07月05日 16:46撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳方面
ヤビツ峠へ戻る
泥まみれだ
2011年07月05日 17:14撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠へ戻る
泥まみれだ

感想/記録
by kamog

無音ですが・・・

訪問者数:3173人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ