また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1202553 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山

日程 2017年07月21日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
富士宮駅〜富士宮口五合目(富士急、富士登山バス・往復)
フリーキップは、どのルートでも使えるようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報・花の湯(富士急バスで途中下車できます)
・登山用品レンタルショップ「そらのした」(受取、返却のみ)
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

富士宮口五合目より
2017年07月21日 07:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮口五合目より
オンタデ(五六合目では花盛り)
2017年07月21日 07:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オンタデ(五六合目では花盛り)
イワツメクサ
2017年07月21日 08:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
新七合目
2017年07月21日 08:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新七合目
1
3000メートルの標識と七合目
2017年07月21日 09:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3000メートルの標識と七合目
イワツメクサ
2017年07月21日 09:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
宝永山、赤茶けた山肌が見えます
2017年07月21日 09:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山、赤茶けた山肌が見えます
八合目の下
2017年07月21日 10:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目の下
萬年雪山荘(九合目)
2017年07月21日 10:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萬年雪山荘(九合目)
萬年雪山荘より頂上を望む
2017年07月21日 11:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萬年雪山荘より頂上を望む
浅間大社奥宮
2017年07月21日 11:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間大社奥宮
1
剣ヶ峰へ
2017年07月21日 11:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰へ
2
駿河湾がよく見えます
2017年07月21日 12:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駿河湾がよく見えます
2
火口の万年雪
2017年07月21日 12:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口の万年雪
富士山火口と向かいの山荘
2017年07月21日 12:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山火口と向かいの山荘
剣ヶ峰より
2017年07月21日 12:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰より
五合目に戻って来ました。
2017年07月21日 15:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目に戻って来ました。
撮影機材:

感想/記録

 週末の天気を考えて、テント泊はちょっと難しいようなので、毎年この時期に登る富士山に行くことにしました。
 富士山へ登る人は、他の山へ登る人たちと様相が違います。欧米系の方々は、比較的軽装ですが、少人数でしっかり登って行かれます。中国系の方は、団体が多いようですが、少々マナーに問題があるような気もします。地元の高校生の団体さんが、学校の行事なのでしょう、かなりの人数が統一したユニフォームで、掛け声も高らかに登ってくるなどは、高い山ではあまりお目にかからない光景です。
 特に、面白いのは、Tシャツ、トートバッグ、スニーカーくらいの服装で登ってくる若い男性がかなり多いことです。大抵は途中で姿を見なくなるので、どこかで滞留しているのかもしれません。
 かなりの高齢の女性が、ガイドさんのつきっきりの指導に従って、ゆっくり登って来られる姿は感動的でした。
 富士山は、五合目より上では、あまり見るものもないので、頂上の浅間神社にお参りすることが主な目的だったのは頷けます。
 あえて言えば、宝永山と頂上の火口は、カラフルで見応えがありますが・・・。
訪問者数:315人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/1/15
投稿数: 47
2017/7/23 14:58
 日帰りとは
日帰りですか!
尊敬します!
さすがに余裕がありますね、登りの説明の写真も いっぱいで。

私も、20日21日と2日かけて、おっしゃる通りの「ガイドさんの真後ろにピッタリついて登らせていただいた女性の一人です。」
ホントに、ガイドさんにも、富士山にも、感謝です

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント テン オンタデ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ